Word

スポンサーリンク
Word

実務で使えるWord入門セミナー 作成中の文書をまとめて上書き保存して、素早くWordを終了する方法です

Wordファイルを複数開いて作業していると、すべてのファイルについて個別に保存していくのは面倒です。まとめて保存する方法があるので知っておくと便利です。 複数のファイルで作業すると、保存メッセージが面倒 Wordファイルを開いて作業した...
Word

実務で使えるWord入門セミナー Wordファイルを”最終版”にして読み取り専用にする

Word文書を作成する際、入力が完了して手を加える必要がなくなったときは、文書を確定させてそれ以上加工されないようにする場合があります。いくつかの方法がありますので、その特徴を理解して使い分けるようにしましょう。 文書を確定して加工させな...
Word

実務で使えるWord入門セミナー 文字数の違う言葉を均等に配置して幅を揃える

Wordでは簡単なレポートだけでなく、取引先と交わす覚え書きのような硬い文書を作成を作成することもあります。そのような文書では見た目も重要な要素になりますので、きれいに見せるための技も覚えておきましょう。 文字数の違う言葉を縦に並べる ...
Word

実務で使えるWord入門セミナー Word文書内の表内で簡単に通し番号を入力する

Word文書では、表を作成することができます。表の中で通し番号の入力が必要な時に、効率的な入力方法があります。 通し番号をセルごとに入力するのは面倒 Word文書で作成する表では通し番号を入力することもよくあります。 たとえば、式典や...
Word

実務で使えるWord入門セミナー ”隠し文字”を使ってWord文書の一部を印刷させない方法

Wordで作成した文書を印刷する時、作業時の注意点など一部だけ印刷したくない部分がある場合があります。隠し文字を使うと、内容を削除することなく、文書の一部だけを印刷はさせないようにすることができます。 隠し文字を使う Wordで文書を作...
Word

実務で使えるWord入門セミナー よく使うWordファイルの保存先を「デスクトップ」に変更する

Wordで作成した文書は、「名前を付けて保存」で保存しますが、よく使う保存先のフォルダを登録しておくこともできます。 Wordファイルの保存先は、「デスクトップ」が便利 Wordファイルを作成した時は、「名前をつけて保存」からファイル名...
Word

実務で使えるWord入門セミナー Word文書に挿入した画像を圧縮する

Word文書では、写真やスクリーンショットなどの画像を挿入することができます。ただ、画像は容量が大きいので、そのまま挿入してしまうとファイルのサイズが大きくなってしまいます。サイズが大きなファイルは扱いづらいので、画像のサイズを圧縮して使い...
Word

実務で使えるWord入門セミナー プリンター側の設定を登録する

Word文書を印刷する際は、印刷画面から詳細を設定します。ただ、プリンタ側の設定については、Windowsのコントロールパネルから設定しておくのが便利です。 Wordの印刷画面 Word文書の印刷は「Ctrl+P」のショートカットで開く...
Word

実務で使えるWord入門セミナー Wordファイルから個人情報を削除する

私たちが作成するWordファイルには、通常、作成者名などの個人情報が含まれています。デフォルトで保存されている個人情報を知られたくない場合は、これを削除することも可能ですので、適切に管理するようにしましょう。 Wordファイルに保存されて...
Word

実務で使えるWord入門セミナー ”あて名”を入れた文書を作成する方法です

Word文書で招待状などを作成する時、文書の冒頭で”あて名”を入れる場合があります。 個別に名前を入力しなくても、住所録を作成していれば、住所力のデータを差し込むことで、 簡単に”あて名”入りの文書を作成することができます。 ”あて名...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!