実務で使えるWord入門セミナー  Word文書に挿入した画像の一部を削除する方法です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word文書に画像を挿入するとき「画像の一部分だけ削除しておきたい」ということがあります。画像加工アプリで加工するのもいいですが、いちいちアプリを立ち上げるのがちょっと面倒です。Wordでは、文書上で挿入した画像の一部を切り取ることもできます。

スポンサーリンク
google adsense




Word文書に画像を挿入する

Wordでは文章を書くのがメインですが、資料として画像を挿入することもあります。


写真もスマホで簡単に撮れますから、視察などで訪れた現場の様子を報告する場合などは、より伝わりやすくするために、積極的に画像を取り入れるべきだと思います。


画像の挿入はとても簡単です。 
「挿入」タブを選択して、「画像」をクリック。

スクリーンショット 2015 11 20 23 32 23

「図の挿入」画面が開くので、挿入したい画像クリックで選択して、「挿入」ボタンをクリック。

スクリーンショット 2015 11 20 23 33 10

すると、

スクリーンショット 2015 11 20 23 39 59


Word文書に画像を挿入することができました。


この状態で問題なければそれで完了ですが、挿入した画像に人の顔が写っているなどの理由で、画像の一部を削除したい場合があります。


そんな場合は、「トリミング」を使いましょう。

Wordに挿入した画像の一部を「トリミング」で削除する

「トリミング」は、画像を縁取りして不要な部分を削除する機能です。


画像加工アプリを使ったことがある方にとってはお馴染みだと思いますが、Word文書の中でも画像をトリミングすることができるのです。 
順番に見ていきましょう。

トリミングしたい画像をクリックして、画像を指定します。

スクリーンショット 2015 11 20 23 48 19

「図ツール」の「書式」タブから「トリミング」ををクリック。

スクリーンショット 2015 11 20 23 59 42

すると、四隅に「L字型」のマークが現れるので、それをドラッグ(クリックした状態で引っ張る)すると、


スクリーンショット 2015 11 21 0 04 21


ドラッグした部分が反転して暗くなります。 
反転した箇所が削除部分になるので、不要部分だけが反転するようにドラッグしましょう。


削除部分が決まったら、「Enter」キーをタッチ。 
すると、

スクリーンショット 2015 11 21 0 18 57

まとめ

Word文書でも積極的に画像を取り入れて、分かりやすい文書にしましょう。 
挿入した画像の一部を削除したい場合は、画像加工アプリを使わなくてもWord上でトリミングできるので、効率よく削除することができます。

おまけ

昨日は夕方からPCに張り付いて、オフィシャルサイトのリニューアル作業。 
未だ30%くらいですが、輪郭は見えてきた感じです。

実務で使えるExcel入門セミナー
実務で使えるExcel入門セミナー

経理、税務、財務の実務に特化した『実務で使えるExcel入門セミナー』を開催します。
「近日出荷」を運営する高橋良和が公認会計士・税理士として監査、経理、税務の現場で実際に使ってきたExcelスキルを直接お伝えする講座です。

就職・転職で「Excelなら使えます」とアピールしたい
Excelで同僚に差をつけられたくない
実務レベルで使うExcelのテクニックが知りたい

など教科書では学べない実務の現場で"使える"実践的スキルをお伝えします。

【実務で使えるExcel入門セミナー】
基礎編:10時10分〜 詳細はこちら
応用編:14時〜 詳細はこちら
日程:7/15(土),22(土),29(土), 8/5(土),12(土),19(土),26(土)
場所:東京都千代田区セミナールーム

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!