独立してから変わってきた? 仕事に向かう時のスタンス

自分では意識していませんでしたが、会社勤めの時と独立してからでは、仕事へのスタンスが変わってきた事に気づきました。

スポンサーリンク

経理部門、監査法人、では「間違いが無いこと」「先行事例」が優先

私は、税理士として独立する前に、会社の経理部門と監査法人で仕事をしていました。

 
そこには当然上司もいて、上司からの指示に従って他のメンバーと一緒に、チームに与えられた仕事をこなしていました。

 
そこでどうやって仕事をしていたかと言うと、特に最初のうちは「先輩や同僚の仕事をまねる」ことを第一に考えて仕事をしていたと思います。

 
それぞれの職場には、独自のルールがありますから、そのルールに従って仕事をすることが求められますし、それを早く確実に身につけるためには、すでにやっている人のことをマネするのが簡単なんですよね。

 
上司からしても、その方が失敗は少ないですし、共通したやり方で成果を出そうとしてくれる方が、管理するのもラクです。

 
ただ、私は非常に不器用なので、こう言う仕事のやり方をしていると、常に周りの人のことが気になって、

 
「このやり方で間違いないのかな?」 
「同じ事を先にやっている事例はないかな?」 
「これケースを解説してるブログとか雑誌の記事ってないのかな?」

 
など、とにかく「他人の成功事例を探して、それを「マネする」ことにいつも力を注いでいて、

 
レポートなどの成果物を提出した後も「何か見落としがなかったか?」と神経をすり減らるようになってました。

 
言ってみれば、「全力で横並び」って感じですかね。

 
私の場合は、その意識が強すぎて(もともとそう言うのが下手なので、全力で行かないとついていけなくなるんだよなぁ(笑))やり過ぎなところはありますが、

 
それでも、そう言った仕事が求められるのも事実ですから、組織の中で働く場合は、それも必要なことです。

 

 

 

独立後は「まず、自分の頭で考える」

独立してからもそれまでと同じように、

 
「間違いが無いように」 
「他の成功事例に倣って」

 
という考えで仕事をしていたのですが、少しずつ、少しずつ、そのスタンスが変わってきたように思います。

 
どう変わってきたかというと、

 
まず、自分の頭で考えて、結論を出してみる

 
というように優先順位が変わってきました。

 
もちろん、「間違いが無いこと」は当然ですし、「他の成功事例」も学びます。

 
ただし、「それに乗っかろう」言うのではなくて、 
”自分自身の考えと結論”がまずあって、それを補強したり、違いを確認するために使うという感じです。

 
独立してからの仕事は、クライアントと自分との関係で進んで、当たり前ですけど上司なんていません。

 
私自身の考えを求めて契約を結んでくれている訳ですから、借り物のアイディアだけでは、サービスにならない訳です。

 
クライアントに対してサービスを提供するためには、当たり前ですがクライアントのニーズに合っていて、さらに現状で実行できることを提案しなければいけません。

 
同じ会社は1つとしてなく、社長の考え方、会社の歴史、規模、従業員の気質、などが変われば、「その会社に合うもの」「その会社でできること」は変わってきますから、

 
「他社の成功事例」を”ポンッ”と持ってきてもあまり意味がないんです。

 
となると「その会社に合うもの」「その会社にできること」の中で、 
最も良いものが何かを考えて、提案するしかない。

 
それには、自分で考えて結論を出すしかありません。

 
独立後に仕事で求められることが変わったことで、自然に「自分で考えること」が優先されるようになった感じですね。

 
会社勤めのころは、どこかに1つの正解があって、それを見つけることを最初に考えていましたが、

 
独立してからは、「正解」が”ある”わけではなく、「正解」が何かを自分で考えるしかないことが分かってきました。

 

 

 

いきなり「自分で考える」はできない

「自分で考える事が大事!」と言っても、自分で考えるのは意外と大変です。

 
知らず知らずのうちに、他の成功事例に引っ張られて、一般的な無難な結論に落ち着いてしまうことも多いです。

 
もちろん、完全なオリジナルの考えなんてありませんから、他の考えを参考にするのですが、いつの間にか「完全に乗っかてる」ということになりがち(私もよくあります)。

 
やはり、「自分で考える」ことも普段からのトレーニングが大事で、 
ちょっとしたことでいいので「自分で考える」機会を増やすようにしましょう。

 
会社で働いていても、実行するかどうかは別にして、「自分ならこうするな」という考えを常に巡らせるようになると、

 
いざ、役職者になって、「自分の考え」が求められるようになっても、戸惑うことなく対処できるようになるでしょう。

 

 

 

まとめ

独立してからは「自分で考える」ことの優先順位が少しずつ上がってきました。 
会社員時代と独立後で、仕事で求められることが変わってきたことが、大きな理由です。
 

おまけ

今週末、私が応援する愛媛FCは、J1昇格プレーオフ圏を争う「ジェフ千葉」と対戦。 
対戦成績でもアウェイの戦績でも全く振るわない愛媛FCの、無謀な戦いを見逃すな!
 
スクリーンショット 2015 10 03 13 43 01 
(ジェフの記念ユニがかわいい!)

実務で使えるExcel入門セミナー


 経理、税務、財務の実務に特化した『実務で使えるExcel入門セミナー』を開催します。
「近日出荷」を運営する高橋良和が公認会計士・税理士として監査、経理、税務の現場で実際に使ってきたExcelスキルを直接お伝えする講座です。

【実務で使えるExcel入門セミナー】
日程:毎週土曜日
基礎編:10時10分〜
応用編:14時〜
場所:上野、千代田区、中央区、いずれかのセミナールーム
スキルアップ会社経営
スポンサーリンク
髙橋 良和をフォローする
近日出荷 -キンジツシュッカ-