実務で使えるExcel入門セミナー 同じ形式でグラフを作成する方法です

Excelを使えば、簡単にグラフが作成できるだけでなく、カスタマイズも自由にできます。自分で気に入ったグラフができたら、それを使い回せるようにしましょう。

スポンサーリンク

見る人のことを考えて、形式を統一する

経理や財務の仕事をしていると、毎月決められたレポートを作成することが求められます。

レポートの形状は会社や担当者によって様々ですが、見る人のことを考えると、毎月同じ形式にしておくことが親切です。

いくら丁寧に説明を加えても、初見の資料はどうしても見づらく、理解するために時間がかかってしまうからです。

 

たとえば、毎月このようなグラフを作成している場合。

 

スクリーンショット 2016 07 09 10 42 39

 

地域別の売上比率を表したグラフですが、これが翌月、

 

スクリーンショット 2016 07 09 10 52 12

このようなスタイルに変わってしまったら。
見る側はかなり違和感を覚えてしまいます。
(グラフのスタイルも違いますし、地域に割り振られた色も全く異なっています)

見てもらうことを考えると、レポートは見やすさも大事ですが、同じ形式で作成することも重要です。

最初に作成してみて特に問題がなければ、あとは同じ形式を継続して使っていくようにしましょう。自分が想像している以上に、形式にこだわっている方は多いです。

 

 

グラフをテンプレートとして保存する

同じ形式でグラフを作成するためには、元になるグラフをテンプレートとして保存します。

今回は、こちらのグラフを元にしてテンプレートを作ってみます。

 

スクリーンショット 2016 07 09 10 52 12

 

まず、元にするグラフをクリックして範囲指定した後、右クリックでリストを開き、
テンプレートとして保存」をクリック。

 

スクリーンショット 2016 07 09 11 01 55

 

グラフ テンプレートの保存」画面が開くので、グラフ名(ここでは「地域別売上比率」)を入力して「保存」ボタンをクリック。

 

スクリーンショット 2016 07 09 11 04 11

 

これで、グラフのテンプレートができました。

翌月、この形式でグラフを作成する場合は、対象となるデータを範囲指定して、

 

スクリーンショット 2016 07 09 11 10 05

 

「挿入」タブの「グラフ」にある「おすすめグラフ」をクリック。

 

スクリーンショット 2016 07 09 11 11 56

 

「グラフの挿入」画面が開くので、「すべてのグラフ」タブで「テンプレート」を選ぶと、先ほど作成した「地域別売上比率」のテンプレートがあるのでそれを選び、「OK」ボタンをクリック。

 

スクリーンショット 2016 07 09 11 18 43

 

すると、

 

スクリーンショット 2016 07 09 11 25 34

 

8月分の地域別売上比率が、7月と同じ形式のグラフで作成できました。

 

 

まとめ

レポートは継続して同じ形式で作成するのがオススメです。
グラフを同じ形式で作成するためには、元になるグラフでテンプレートを作成することで可能になります。
 

おまけ

「それゆけ!メッセンジャー」に、2月ぶりに六車さんが出演。
う〜ん、全体的にパワーが落ちてるような気がする。

実務で使えるExcel入門セミナー


 経理、税務、財務の実務に特化した『実務で使えるExcel入門セミナー』を開催します。
「近日出荷」を運営する高橋良和が公認会計士・税理士として監査、経理、税務の現場で実際に使ってきたExcelスキルを直接お伝えする講座です。

【実務で使えるExcel入門セミナー】
日程:毎週土曜日
基礎編:10時10分〜
応用編:14時〜
場所:上野、千代田区、中央区、いずれかのセミナールーム
Excel
スポンサーリンク
髙橋 良和をフォローする
近日出荷 -キンジツシュッカ-