実務で使えるWord入門セミナー よく使うWordファイルの保存先を「デスクトップ」に変更する

Wordで作成した文書は、「名前を付けて保存」で保存しますが、よく使う保存先のフォルダを登録しておくこともできます。

スポンサーリンク

Wordファイルの保存先は、「デスクトップ」が便利

Wordファイルを作成した時は、「名前をつけて保存」からファイル名を入力してフォルダに保存します。

初期設定で優先的に表示されるのは、

 

スクリーンショット 2016 05 10 23 29 59

 

「ドキュメント」フォルダです。
このまま使い続けても問題はないですが、意外に「このファイル、どのフォルダに保存されているんだろう」と分からなくなることがよくありますし、すでに保存すべきフォルダが決まっている場合は、「ドキュメント」フォルダに保存した後にフォルダを開いて、別のフォルダに移し替えるのは面倒です。

「名前を付けて保存」の際に保存されるフォルダを分かりやすくするためにも、別フォルダの移し替えの作業をスムーズにするためにも、「名前を付けて保存」で保存するフォルダは「デスクトップ」にしておく方がいいでしょう。

 

スクリーンショット 2016 05 10 23 41 59

 

デスクトップなら常に目に触れる画面で、ファイルを探すにしてもまず確認する場所なので、探す手間が省けますし、他のフォルダへ移し替える場合でも、「ドキュメント」フォルダのようにわざわざ開く必要がないので、効率よく作業できます。

Wordファイルの保存、整理をやりやすくするため、通常保存するフォルダは「デスクトップ」に変更しておきましょう。

 

 

「名前を付けて保存」の保存先を「デスクトップ」にする

通常保存するフォルダを変更するには、Wordのオプションから設定を変更します。具体的に見ていきましょう。

 

画面上部の「ファイル」タブをクリックして、

 
スクリーンショット 2016 05 10 23 56 57

 

左サイドバーの「オプション」をクリック。

 

スクリーンショット 2016 05 10 23 57 11

 

「Wordのオプション」画面が開くので、左サイドバーで「詳細設定」をクリックして、「全般」から「ファイルの場所」をクリック。

 

スクリーンショット 2016 05 10 23 58 24

 

「既定のフォルダー」画面がひらくので、「文書」のところでクリックして「変更」ボタンをクリックすると、

 

スクリーンショット 2016 05 10 23 58 45

 

「フォルダーの変更」画面に移るので、「デスクトップ」をクリックして「OK」ボタンをクリック。

 

スクリーンショット 2016 05 10 23 59 03

 

「既定のフォルダー」画面に戻るので「OK」ボタンをクリック。さらに「Wordのオプション」画面に戻るので「OK」ボタンをクリックすると「名前を付けて保存」画面で優先的に表示されるフォルダーが「デスクトップ」になります。

もし、「デスクトップ」フォルダー以外のフォルダーを、優先させたい場合は、「フォルダーの変更」画面のところで好みのフォルダーを指定すれば、別のフォルダーを選ぶこともできます。

 

 

まとめ

Wordファイルを作成した後、「名前を付けて保存」で保存する際のフォルダーは「デスクトップ」にするのが便利です。初期設定では「ドキュメント」フォルダーが優先されますので、「Wordのオプション」から変更しておきましょう。
 

おまけ

ホームスタジアムの「うまかなよかなスタジアム」が利用できないロアッソ熊本は、柏レイソルのホームスタジアム「日立柏サッカー場」で水戸ホーリーホック戦を開催することに。もし空席があるようなら、参戦します。

実務で使えるExcel入門セミナー


 経理、税務、財務の実務に特化した『実務で使えるExcel入門セミナー』を開催します。
「近日出荷」を運営する高橋良和が公認会計士・税理士として監査、経理、税務の現場で実際に使ってきたExcelスキルを直接お伝えする講座です。

【実務で使えるExcel入門セミナー】
日程:毎週土曜日
基礎編:10時10分〜
応用編:14時〜
場所:上野、千代田区、中央区、いずれかのセミナールーム
Word
スポンサーリンク
髙橋 良和をフォローする
近日出荷 -キンジツシュッカ-