Apple Musicに課金されてしまった! Apple Musicの解約方法です

「Apple Music」に課金されました。
 

IMG 5486

 
「3ヶ月無料トライアル」が終了したので、自動更新をOFFにしておかないと、いつの間にか課金されてしまいます。気をつけよう!
 

スポンサーリンク

Apple Musicはイマイチ

Apple Musicは、サービス開始した日から数日試していました。

 
「3ヶ月無料トライアル期間」の終了を待つことなく、”数日”で使うのや辞めてしまったのは、Apple Musicよりも使いやすい定額の音楽配信サービスがあったから。

 
Apple Musicは、

 
「ジャンルの選択が大雑把すぎる」
 
「オススメ楽曲の精度があまり高くない」

 
という2つの理由で、

 
「月々980円支払うのは”割高”と言うより”ムダ”」

 
との結論に到りました。

 
(詳細はこちらの記事で扱っています)
 

 
と言うことで、記憶ではトライアル初日にサービスを継続しないように設定していたはずだったのですが、どうやら正しく設定できていなかったようで。

 
改めて、解約しておきましょう。

 

 

 

Apple Musicの解約の手順

解約の手順は次の通りです。 
「自動更新の設定をOFFにする」ことで、解約になります。

 

 
iPhoneの「設定」アプリをタップ(指でタッチする)して開き、

 

IMG 5487

 

 
「App StoreとiTunes Store」をタップ。

 

IMG 5480

 

 
先頭の「Apple ID」をタップして、

 

IMG 5481

 

 
「Apple IDを表示」をタップ。

 

IMG 5482

 

 
「アカウント」画面が開くので、「購読」にある「管理」をタップすると、

 

IMG 5483

 

 
「Apple Musicメンバーシップ」の画面が開いて、現在の契約状況が表示されます。

 

IMG 5484
 
( 注)この画面は既に自動更新を解除した後の画面です)

 
この画面で、「自動更新」のボタンをスライドさせて「OFF」にする(白の状態にする)と、上の画面のようになって、Apple Musicを解約できます。

 
これで、翌月以降に課金されることがなくなります。

 

 

 

デフォルトを課金の設定にするのは、やめてもらいたい

細かいことですが、無料トライアル期間にユーザー登録させた上で、デフォルトの設定を「自動更新ON」にしてしまうのは、不親切だと思うんですよね。

 
デフォルトは「自動更新OFF」にしておいて、「このままだとサービスが終了します」のアラームが出るようにしておけば、継続して使いたいユーザーにとっても不便はないわけで、

 
思わぬタイミングで課金されていて、領収書でその事実を知るというのは、非常に不愉快です。

 
間違って1ヶ月課金されたユーザーのおかげで一時的に売上が上がったとしても、「お金払って使いたい」と思うユーザーが増えない限り、音楽配信サービスで主導権を握るのは難しいです。

 

 

 

まとめ

Apple Musicの無料トライアル期間が終了しました。 
自動更新がONになっていると毎月課金されてしまうので、 
サービスを使っていない方は契約状況を確認して、「自動更新OFF」にしておきましょう。

 

おまけ

Spotify、いつ来るんだろ。

実務で使えるExcel入門セミナー


 経理、税務、財務の実務に特化した『実務で使えるExcel入門セミナー』を開催します。
「近日出荷」を運営する高橋良和が公認会計士・税理士として監査、経理、税務の現場で実際に使ってきたExcelスキルを直接お伝えする講座です。

【実務で使えるExcel入門セミナー】
日程:毎週土曜日
基礎編:10時10分〜
応用編:14時〜
場所:上野、千代田区、中央区、いずれかのセミナールーム
Mac、iPhone音楽
スポンサーリンク
髙橋 良和をフォローする
近日出荷 -キンジツシュッカ-