経営分析

スポンサーリンク
会計・税務

東芝の粉飾額は2,248億円で確定!この金額が大きいのか小さいのかの判断には、”比較”の視点が必要です

有価証券報告書の提出期限を再延期していた、東芝の2014年度決算。期限の再々延期の噂もありましたが、9月7日にようやく金融庁に有価証券報告書が提出されました。注目された粉飾額は、第三者委員会の調査結果で報告された1,562億円から686億円...
経営分析

シャープが「セール・アンド・リースバック取引」を使って、早期に本社売却を決めた理由

シャープの本社ビルの売却が決まりました。金額は、本社向かいにある田辺ビルと合わせて、100数十億円になるようです。ただ、売却と言っても明け渡しは2017年。まだ移転先も決まっていない状態です。そこまでして、売却を急いだ背景には、シャープの深...
football

2014年度 Jクラブ個別情報開示資料公開! J1リーグの決算書の数字とマンチェスター・ユナイテッドの数字を比較して、世界との距離を考えます

Jリーグでは各クラブの決算書を公開しています。タイミングとしてはかなり遅いですが、昨年度の決算書がようやく公開されましたので、J1リーグの現状を、数字の面から見ていくことにします。 J1リーグで最大のクラブの規模は、売上高約58億円 J...
スキルアップ

データ分析でやっていること

職業柄、データ、特に会社の数字を扱うことが多いですが、そこでどんな事を見ているかを、考えてみます。 データの持つ説得力を実感 以前は数字を扱うのが好きではありませんでした。 データの分析って、データを揃えるまでが大変で、結論は...
会計・税務

実務で使える決算書を読む技術 資産と負債の分類基準「正常営業循環基準」と「1年基準」の考え方

貸借対照表を見ていると、資産・負債ともにまとまりごとに分類がなされていて、「流動」と「固定」に分かれて表示されていることがわかります。 具体的にどのような基準に従って、分類が行われているかを知っておくと、貸借対照表の作成や理解がスムーズに...
会計・税務

実務で使える決算書を読む技術 決算書作成と端数処理のルール

決算書は、1年分の会社の取引を、金額で表現したもの。会社の規模によっては、10桁以上の金額になりますから、決算書上は一定の桁数未満が省略されることになります。その際に気になるのが、表示されない桁の端数処理。決算書作成上のルールがどのようにな...
会社経営

実務で使える決算書を読む技術 決算書の数字を生かすためにも現場の実態を知ることが大事です

決算書を読むためには、決算書の構造や財務指標の意味を理解する必要があります。その上で、そこから得た情報を生かすためには、数字と現場の実態と結びつけることが重要です。 決算書を読むには、決算書の構造、財務指標などを教科書通りに「勉強」すると...
会社経営

実務で使える決算書を読む技術 損益分岐点分析で使う”限界利益率”とは何だ?

会社の業績管理手法の一つに「損益分岐点分析」があります。理屈はシンプルなのですが、言葉の難しさが壁になって、理解の妨げになっていることがあります。 「限界利益図表」で「ブレーク・イーブン・ポイント」 を求める? 会社の損益管理を扱う本...
会社経営

実務で使える決算書を読む技術 損益計算書との違いを知ることで、キャッシュフロー計算書を読むコツを身につけましょう

キャッシュフロー計算書は、会社のお金の出入りを表す資料です。貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動計算書とともに決算書を構成する資料ですが、損益計算書との関係を正しくつかむことが、キャッシュフロー計算書を理解するポイントになります。 「黒...
Excel

実務で使えるExcel入門セミナー 条件付き書式、円グラフ、データバーで、経費分析シートの見せ方を工夫して”気づいてもらえる”資料にしましょう

経費分析は過去のデータと比較して、その変化を読み取ることに意味があります。経費と言っても項目はたくさんありますから、その全てを会計ソフトで設定された順番通りに並べるだけでは、どこに注目すれば良いか分かりません。せっかく作る資料ですから、伝え...
スポンサーリンク
error: Content is protected !!