冬ランのアイテム6選 防寒グッズを使って寒い季節もランを楽しみます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気温がどんどん下がってきています。ランに最適な季節から、厳しい季節へ。何もせずに冬を迎えれば外に出る気もなくなります。冬のランをサポートしてくれるグッズがたくさん出ていますので、その力を借りながら、快適な走りで楽しみましょう。冬でも走り続けるための防寒グッズを集めました。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

冬ランの敵である寒さ ドアを開けた瞬間に「寒くない」と感じられる対策を打ちます

当たり前のことですが、冬のランの敵は寒さです。体の動きが鈍くなるのもそうですが、外に出る気をなくさせるのが一番困ります。ドア1枚隔てた向こうの世界へ踏み出す時の躊躇を無くすために、できる限りのことをやっておきましょう。「快適」とはいきませんが「つらくない」レベルにはなりますので、今までやられたことがない方は是非トライしてみて下さい。

防寒グッズをご紹介

早速、実際に使っているグッズをご紹介します。画像で紹介するのは男性用ですが、すべて女性用もあります(むしろデザインは女性用が充実しているので選択肢が多いです)ので安心して下さい。

1.ウインドジャケット

最初は防寒着として最も強力なウインドジャケットから。

Jacket
私は値段が安く温かそうだったのでasicsを選択しましたが、デザインはイマイチなので納得していません(asicsさん、本当にデザインは何とかして下さい(懇願))。各メーカーから販売されていますのでお好みのものを選んで下さい。その際に気をつけていただきたいのが、防寒性能とサイズ。デザイン先行で選んでしまうと機能面で不満がある場合がありますが、目的は防寒ですのでそこは譲らない方が後悔は少ないです。またサイズは大きすぎても小さすぎてもランに影響がでますので、試着した上でご自身に合うサイズを確認してから選ぶようにして下さい。

先に紹介したウインドジャケットは実は真冬用で冬の初めにはこちらの薄手のものを着ています。

Jacket1

本格的な寒さには力不足ですが、薄いだけあって軽く、動きも妨げないので使いやすいので気に入っています。「厚手のウインドジャケットを着るほどでは無い、でも風は冷たくなってきた」という今くらいの季節に着用しています。

2.アームカバー

次はアームカバーです。

Arm cover
私の防寒対策のスタートはこのアームカバーから。10月中旬くらいからTシャツだけでは寒く感じる日がありますので、アームカバーをしてランに出ます。その頃は走っている途中で必ず暑くなりますから腕から外して温度調節。小さくて柔らかいのでパンツのポケットに入れておけば邪魔になりません。値段も1,000円台で十分な機能を持つものが販売されていますので、お手頃です。

ウィンドジャケットに加えて、肌に密着するアームカバーを着用すれば防寒効果は非常に高くなりますので、これからの季節、是非試していただきたいと思います。

3.タイツ

次はタイツです。女性用ならレギンスとして販売されています。
Leguinse
腰から下をカバーしてくれるタイツ。肌に密着して体温を逃さないので、真冬でも十分な暖かさを提供してくれます。私は長いパンツをはかないので短いパンツの下にタイツをはいて防寒しています。使っているのはおなじみのUNIQLOのヒートテックです。値段が安く機能性も高いので毎年これを使っています。

ラン用に作られた高機能のタイツもありますが、値段が高いことと締め付けられる感覚が好きになれないので、ヒートテックを使っています。

4.手袋

手袋です。

Grove
走り始めてしばらくは、安い手袋がたくさんあって、どれでも良いように考えていましたが保温性能(特に指先)には大きく違いがあり、色々試した結果いまの手袋に辿り着きました。
使っているのが上の画像にあるMOUNTAIN HARDWEARのWinter Momentum Running Gloveです。

この手袋は アウトドアグッズのメーカーであるMOUNTAIN HARDWEARがラン用に作った手袋で、保温性が抜群に高いです。さらに、素晴らしいのがその作り。手首のカバーがやや長目に作られていて、ウィンドジャケットを着た際にも隙間を作ることなく腕から手をカバーすることができるのです。アウトドアグッズメーカーならではの作りで防寒対策に優れ、とても気に入っています。

5.ネックウォーマー

ネックウォーマーです。
Neck warmer

襟の高いウィンドジャケットもありますが、それだけで首から入る風を防ぐことは難しいです。ネックウォーマーを使ってきちんと隙間を埋めましょう。
私が使っているのはUNIQLOのネックウォーマーです。着け心地が良いですし値段も手頃。各スポーツメーカーからも販売されていますが、特に気になる所はないので値段で決めました。本格的な寒さを防ぐにはネックウォーマーも欠かせないアイテムです。

6.キャップ

キャップです。

私は冬以外にもキャップをかぶっていますが、冬には防寒グッズとしても役に立ちます。
今使っているのがBIGWATCHというメーカーのキャップです。
私は頭が大きいので普通のキャップ(フリーサイズでも)だとスイミングキャップのようになって、見た目が悪いのです。そこで頭が大きい人用のキャップを選んで使っています。
普通サイズの頭の方は特にメーカーなどは気にせず気に入ったデザインのものを選べば良いでしょう。1,000円くらいのニットキャップでも十分に温かいです。

まとめ

冬はランに厳しい季節です。
それでもせっかく始めたランをここでやめるのは余りにもったいないことです。できる限りの防寒対策を施して冬でもランを続けられるようにしましょう。
<おまけ>
今日は寒くて雨まで降りそうです。
早い時間にランをすませて録画したfootballの試合を楽しみたいと思います。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする