明日開店のゴリラコーヒーに行ってきました 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

明日、渋谷に新しいカフェがオープンします。名前は「ゴリラコーヒー」。ユニークなネーミングで奇抜な印象を受けますが、おいしいコーヒーが飲めるお店でした。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

コーヒーの味で評価され、ニューヨークでも人気のカフェ

ゴリラコーヒーのことを知ったのは偶然です。


はじめは、アメリカで人気のブルーボトルコーヒーが、日本でオープンするとの噂を耳にして、コーヒー関連の情報に目を通すようになりました。


ブルーボトルコーヒーは、「コーヒー界のApple」と呼ばれることもある、コーヒーの味にとことん拘った個性的なカフェです。


高度にマニュアル化された効率重視のチェーン店の対極をなし、サービスや店舗デザインを統一せず、地域に溶け込むことを重視して、その特性に合うサービスを開発して店舗を展開しています。


その個性的な方針に興味があり、「日本で開店したら絶対行ってみよう」と思っていました。
ところが、

スクリーンショット 2015 01 16 18 39 09
(出典:bluebottlecoffee.jp)


2014年10月開店の予定が、2015年2月に延期。
その間にオープンの情報を見つけたのがゴリラコーヒーでした。


名前は奇抜ですが、ニューヨークでおいしいコーヒーが飲める店」として現地の新聞でとりあげられたこともある本格派。
チェーン店とはまた違う楽しみ方ができそうなカフェです。


そんな個性派カフェのゴリラコーヒーが、東京の渋谷に進出。
プレオープン期間がありましたので行ってみることにしました。

意外、ホットドッグがおいしかった


お店の位置は少し分かりづらいです。
地図アプリで住所(渋谷区神南1-20-17)を入力すると、このような表示になり、

スクリーンショット 2015 01 16 19 33 15

公園通り沿いにありそうに思いますが、実際は、

スクリーンショット 2015 01 16 19 33 15 のコピー


赤丸で示した角にあります。
ですので、公園通りの途中にある楽天カフェ(地図上では青丸で表示)の脇の道を抜けていくのが分かりやすいです。


そして、外観がこちら。

IMG 2544


落ち着いた雰囲気で、ロゴマークのゴリラも控えめに2階からアピールしています。


中に入ってみましょう。

スクリーンショット 2015 01 16 19 46 50


すみません。
逆光だったのではっきりととれなかったのですが、店内は非常にゆったりしています。
フロア中央に大きめのテーブルと備え付けの椅子あり、1人で利用する方が主に使用。


壁際にもテーブルと椅子がセットされていて、2人以上で利用される方はこちらを使っていました。


総席数75とフロアの広さを考えるとゆとりのあるデザインで、天井も高く落ち着いてコーヒーを楽しむことができます。

スクリーンショット 2015 01 16 20 04 43
(出典:ゴリラコーヒー オフィシャルサイト)

メニューはコーヒー、エスプレッソ、その他の飲み物、フード、スイーツ、が用意されています。
そして、ゴリラコーヒーのウリはエスプレッソの濃さ。


最初のオーダーは、そのエスプレッソを味わうために、コーヒーにエスプレッソをワンショット加えた「レッドアイ」にしました。


普段、カフェを利用するときはコーヒーだけですが、せっかくなので今回はフードもオーダーすることに。
お昼前だったこともあり、バナナチーズケーキとともに勧めてもらった、ホットドッグ(ゴリラドッグ)を選びました。


接客は、プレオープンの段階なので、慣れないところもあるようでしたが、大きな混乱はなく、程良い距離の接客はなかなか気持ち良かったです。


しばらくして出てきたのがこちら。

IMG 2538


先にフロントからコーヒーを渡されて、後からホットドッグが運ばれてきました。


先にレッドアイを飲んでみます。


確かに味が濃いです。
コーヒーの味を語れるほど詳しくないのが悔しいですが、酸味と渋みがしっかり出ていて、香ばしいだけではない、味の深みが出ていて興味深かったです。


そして、ゴリラドッグ。
カフェなのでコーヒーをしっかり味わうべきなのでしょうが、本当においしいと思ったのは、こちらでした。


写真を見ていただければ、お分かりなると思いますが、ベースは柔らかい生地のパンではなく、バゲット。
これをカリッとなるまで火を通しているのですが、このバゲットが単品でも非常においしいです。


その上に、しっかりと肉の詰まったソーセージです。
へんな塩辛さがなくおいしいお肉の味がでています。


この単品で十分おいしい、バゲットとソーセージの組み合わせがとてもよくて、一気に食べきることができました。


ただ、ホットドッグはそのままの状態で口に運ぶと、ソーセージが大きすぎて、バゲットとソーセージを同時に味わえません。
ナイフとフォークをもらって、ソーセージを小さく切り、バゲットに挟んで食べるのが良いでしょう。

IMG 2541
(こうやって食べました)


濃くて深みのあるコーヒーと、バゲットで作った香ばしくて肉の味がしっかりするホットドッグをあっと言う間にいただいて、仕事に向かいました。


レッドアイ370円、ゴリラドッグ650円で1,020円。
安くはないが、高くもない。
値段ではなく味で勝負、のポリシーを感じるカフェでした。

まとめ

アメリカ初のコーヒーがどんどん進出してきています。
これからは、味で勝負するカフェが増えるかもしれません。
色々なカフェを試してみたいですね。


<おまけ>
アジアカップのゲーム前に、我が愛媛FCから残念なニュースが。
何と、過去2年間の決算書を粉飾していた事実が発覚。
Jリーグ退会などの重い処分が下されそうです。

今後の対処の仕方によっては、Jリーグ退会どころか、クラブ消滅の可能性すらある重大な危機。
まずは、調査を徹底的に行って、正確な事実を把握して広く公表することが重要です。

この期に及んで保身のために事実を隠して、うやむやに終わらせようとするのだけは、やめていただきたい。
これ以上信頼を失うと再生のチャンスを完全に失うことになります。

粉飾で失った信頼ですから、真実を公表するところから始めるしかありません。
真実の持つ力を知り、それを体現できる人が舵取りをしなければ、「これから」を語ることはできないと思っています。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする