タカジムの打ち合わせ場所を事務所以外にしている理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

税務やコンサルティングの仕事を勧める上では、お客様との打ち合わせを欠かすことはできません。タカジムの打ち合わせは、事務所外で行うようにしています。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

事務所がない訳ではないです

タカジムは、私が経営している会計事務所です。

タカジムの業務には税務が含まれていますが、税理士会のルールで開業する税理士は事務所を構えなければいけないことになっているので、事務所を東京の東上野に置いて業務を行っています。

一般的な税理士事務所で言うと、大きめの看板が”どーん”と出ていて、窓越しから大量の紙の資料がデスクの上に置いて作業しているようなイメージだと思いますが、

タカジムは、私一人の事務所なので、最低限の作業スペースと機密情報を保管するロッカーがあるだけです。

最も大きいのはコストの問題だったのですが、それ以外に事務所が広いと掃除に手間がかかったり、余計な物を置いてしまったりして、事務所管理に割く時間がもったいないと考えて、小さい事務所を選びました。

ただ、小さいと言っても、4人くらいまでならテーブルを囲んで座れるスペースはあるので、お客様との打ち合わせをタカジムでやることもできるのですが、通常は事務所外でお会いすることにしています。

”アウェイ感”と”静けさ”が打ち合わせに不向き

”打ち合わせ”は、お客様のニーズに合ったサービスが提供できるように、お客様の現状や要望を詳細に本音レベルで伺うことが大きな目的です。
従って、打ち合わせの場所を決める際にも、お客様にリラックスして話していただける場所を選ぶというのが重要なポイントになってきます。

ですが、私のホームであるタカジムで打ち合わせをすることになると、(私は構わないのですが)お客様にとってはアウェイの雰囲気になってしまい、緊張されて口が重くなってしまう方もいらっしゃいます。

また、タカジムは比較的静かな場所にあるので、話をしていないとかなり静かです。この静けさは、作業する分にはいいのですが、打ち合わせの時には妙な”間”になってお互いに気を使うことになってしまいます。

そんな緊張や余計な気遣いがどうしても生まれやすくなってしまうという理由で、打ち合わせは事務所外で行うようになりました。

IMG 7139

「コワーキングスペース」「貸し会議室」がおすすめ

では実際にどこで打ち合わせをするかというと、「コワーキングスペース」か「貸し会議室」です。

「コワーキングスペース」も「貸し会議室」も、共通して”適度なざわつき”があることで初対面でもあまり緊張せずに話ができます。

また、平日の午後を選べば2時間1,000円くらいで使えるので、コストも大きな問題にはなりません。

さらに、お茶やコーヒーを出す手間を省くこともできて、いきなり仕事の話には入れると言うのもメリット。静けさの中で、お皿をカチャカチャ言わせながらコーヒーを運んだりするのも、あまり好きではないので、そのような手間が省けるのは大きいです。

事務所以外を打ち合わせ場所にすることにも、色々メリットがあります。

まとめ

お客様にリラックスして話していただくために、打ち合わせの場所を事務所以外にするようにしています。

おまけ

「Amazon定期おトク便」をキャンセルし忘れていたようで、きっちり配達されてきました。丁度良いタイミングだったので問題はないのですが、きちんと管理しておかないとダメですね。反省。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする