1日も早く、俺たちのスカロケを返してくれ! 今週末で「渋谷スペイン坂スタジオ」が閉鎖されます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週末、渋谷PARCOが大規模なリニューアルのため一旦閉店します。それに伴い、TOKYO FMのサテライトスタジオとしてPARCO1階に設置されていた「渋谷スペイン坂スタジオ」も閉鎖されることになりました。「スペイン坂スタジオ」からの放送は、残すところあと4日です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

「渋谷スペイン坂スタジオ」は1993年スタートのサテライトスタジオの老舗

渋谷スペイン坂スタジオは、TOKYO FMが運営するサテライトスタジオ。通常、TOKYO FMの放送は半蔵門にあるFMセンタービル(TOKYO FMの社屋)にあるスタジオから放送されているのですが、いくつかの番組は、東京ミッドタウンにある「TOKYO FM Midtown Studio」と渋谷にある「渋谷スペイン坂スタジオ」の2つのサテライトスタジオから放送しています。

サテライトスタジオの特徴は、なんと言っても、現地に行けば放送中の様子が見られること。

「Midtown Studio」の方は、やや暗めで狭い窓から中を覗くような形になるので閉鎖的な印象ですが、「スペイン坂スタジオ」は、スタジオをぐるりと囲むようにガラス張りになっていて開放感があり、出演者との距離が非常に近く感じられるのがいいんですよね。

スクリーンショット 2016 08 03 23 55 55
(出典:TOKYO FM HP 放送中にスマホを見ようとすると、写真を撮っていると思われて注意されてしまいます。実際、撮影しようとする人も多いので仕方ないですが、ちょっと鬱陶しいね)

「スペイン坂スタジオ」で思い出すのが、エレファントカシマシの宮本浩次さんが「SOUND IN MY LIFE」という番組でゲスト出演したとき、パーソナリティの鈴木万由香さんの態度の悪さにブチギレしたこと。

テレビなどで、ゲストの態度が悪く(キャラクターがよく分からなくて)、大御所の司会者がキレるような演出をすることはありますが、ラジオでしかも「”パーソナリティの態度の悪さ”に、ゲストがキレる」というのは、ほとんど聞いたことがなく、非常に斬新でした。

そんなアクシデントも起きてしまう生放送の番組を放送してきた「渋谷スペイン坂スタジオ」ですが、2016年8月7日に渋谷PARCOの大規模リニューアルによる一時閉店に伴って、閉鎖が決定。1993年から続いた歴史に幕を下ろすことになります。

最終日は、多くの番組が「スペイン坂スタジオ」から放送

「スペイン坂スタジオ」の最終日は2016年8月7日の日曜日。

最後に相応しい花道をと言うことで、最終日のこの日は、いつも半蔵門のTOKYO FMのスタジオから放送している番組のいくつかを、「スペイン坂スタジオ」から放送することになっています。

スクリーンショット 2016 08 04 0 28 43
(出典:渋谷スペイン坂スタジオ HP)

「場所を移すだけ」のような感じもしますが、実はこれは結構大きなことで、関係者以外は絶対見ることのできない放送の様子を、生で見ることができる貴重な機会なんです。

リスナーにとっては興味津々だと思いますので時間がある方は是非、行ってみて下さい。ただし、人数が多くなると、当日の10時から配布される整理券がないと観覧できなくなるので、その点はご注意下さい(なお、「西内まりや 「for You…」については、事前に行われた観覧募集に当選した人に限られます)。

また、8月5日には、スタジオに入って記念写真を撮ることもできます。

スクリーンショット 2016 08 04 0 40 22

これもなかなかできない経験です。
スペイン坂スタジオの椅子は、かなり良い椅子だと思いますので、その座り心地を確かめてみて下さい。

俺たちのスカロケを、1日も早く返してくれ!

「スペイン坂スタジオ」が閉鎖されるこのタイミングで、「スペイン坂スタジオ」から生放送しているのは、

・Skyrocket Company

・COUNTDOWN JAPAN

・アナログ・ガラパゴス

の3番組ですが、放送時間を見てみると、

・Skyrocket Company:月〜木 17:00〜19:00

・COUNTDOWN JAPAN:土 13:00〜14:00

・アナログ・ガラパゴス:土 18:30〜19:00

と歴然とした差があります。

見ていただければ分かるように、2016年8月現在の「スペイン坂スタジオ」の主(あるじ)は、”スカロケ”こと「Skyrocket Company」です。

スカロケは、2013年4月に始まってで3年半続いている番組ですが、スタートから「スペイン坂スタジオ」と共に歩んできました。

あっという間に番組の面白さが伝わって、多くのリスナーを獲得し、人気番組に成長しましたが、その人気に大きく貢献したのが、

放送中ならいつでも本部長と秘書に会いに行ける」という、リスナーとパーソナリティとの距離の近さ(「Skyrocket Company」はラジオの中の会社です。パーソナリティのマンボウやしろさんと浜崎美保さんは、リスナーにとって本部長と秘書になります。)
そして、それが可能になったのは、スペイン坂スタジオからの放送だったからです。

ところが、スペイン坂スタジオの閉鎖によって、番組は半蔵門のFMセンタービルからの放送となり公開は中止。放送中に本部長と秘書に会うことはかなわなくなりました。

スタジオ閉鎖のニュースを聞いたときに、心底ガッカリしたのは、スカロケを楽しみに聞いていたスカロケのリスナー社員でしょう。ラジオ番組という、スタジオから離れた所にいる人達に向けた放送を、みんなで一緒に、しかも作り手の顔を見ながら聞くというのは何とも言えない楽しい経験なのですが、それができなくなるのは本当に悲しいことです。

わたしは、このブログでも何度か言ったことがあるのですが、放送が始まって以来のスカロケの大ファンです

もちろん、時間があるときにはスペイン坂スタジオにも行きましたし、その度に、番組がどんどん大きくなっていくのを実感して、嬉しく思っていました。

そして、スカロケの原動力がリスナーと直接顔を合わせながら番組を進めていく、スペイン坂スタジオのスタイルにあると言うことも、実際に現地に行ってみて肌で感じていましたから、今回のスペイン坂スタジオ閉鎖のニュースには、少なからずショックを受けています。

PARCOは3年後にリニューアルオープンすることが決まっていますが、その時にまたスペイン坂スタジオが設置されるかどうかは分かりません。

それどころか、番組がいつまで続くかも全く分かりません。

それでも、スカロケの面白さは、リスナーと顔を合わせながら進める公開放送にあると確信している者としては、何らかの形でリスナーと対面できる公開放送に、1日も早く戻して欲しいと願わずにはいられません。

スペイン坂スタジオの最後の番組は、8月7日(日)の19時から放送される「Skyrocket Company~Thank you! See you! TOKYO FM渋谷スペイン坂スタジオ」に決まっています。

スクリーンショット 2016 08 04 1 25 37
(出典:渋谷スペイン坂スタジオ HP)

スペイン坂のトリは、スカロケに託されました。将来の公開放送再開を祈りつつ、とりあえずは、スペイン坂スタジオで見られる、本部長と秘書の最後の勇姿を見届けてきて下さい。

私は、フクアリの「ジェフユナイテッド千葉 vs 愛媛FC」戦を見に行きます!
(ってお前は見に行かんのかいっ!)

まとめ

「渋谷スペイン坂スタジオ」は今週末で閉鎖されます。
スカロケのリスナー社員としては、1日も早い公開放送の再開を願っています。

おまけ

本当はスペイン坂スタジオにも行きたいんですけどね。
きっとたくさんの人が駆けつけると思うので、他のリスナー社員のみなさんにお任せします。1度大勢で社歌を歌いたい。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする