「動画の調子が悪い」と感じたら、ネットの通信速度を測定してみよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「最近、動画がよく止まるな」と感じ始めたのが3月の終わり。自分では何もしていなくても、いつの間にかネットの通信環境が変わっていることがありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

サッカーの動画がまともに見えない

私は週末にサッカーの試合をよく見ていますが、電波の受信環境が悪いせいで使うのは専らネットです。スカパー!の「スカパー!オンデマンド」という配信サービスを使っているのですが、


スクリーンショット 2016 05 01 3 42 39
(出典:「スカパー!オンデマンド」 イングリッシュプレミアリーグ配信画面)

現地からの回線状況が悪いせいで、ライブ映像が届かないことがたまにあったりしますが、それ以外に特に不満はありませんでした(他の人の評判はあんまり良くないようですが)。

そんな「スカパー!オンデマンド」で異変が起こり始めたのが3月の終わり。日曜の夜にJリーグのゲームを見ていたのですが、これが10秒ごとぐらいに止まるんです。10秒進んだら30秒止まり、動き始めたと思ったらまた30秒止まり。このまま行くと90分のゲームが6時間くらいかかりそうだったので、画質を落として見ることにしました。

画質を落とせば、止まらずに見ることができたのですが、ついに画質を落としても何度も止まるようになって、さらに、動画どころか、GoogleMapsの地図を表示させることすらまともにできない状態になっていきました。

自宅で使っているのは光回線だったのですが、こうなってしまうと、iPhoneからLTE回線を使ってネットにつなぐ方が有利になってしまっていて、光回線を使っているとは言えない状況になっていました。

光回線については、毎月の管理費に含めて使用料を支払っているわけで、このような状況の回線にお金を支払うわけにはいきません。マンション内の設備に問題があるなら改善が必要ですし、改善ができないなら少なくとも使用料の支払を止めるように働きかけなければ行けません。

ただ、状況の改善を訴えるにしても「動画がまともに見えない」と言うだけでは、ただのクレーマーとして扱われてしまいかねないので、客観的な証拠を集めてから、改善を訴えることにしました。

USENのスピードテストで、時間ごとの回線速度を測定する

回線速度を測定する方法はいくつかありますが、私はUSENの「スピードテスト」を使うことにしました。


スクリーンショット 2016 05 01 4 02 16
(出典:USEN HP スピードテスト)

「USEN」で検索すると、オフィシャルHPが表示されるので、「スピードテスト」をクリックすれば、

スクリーンショット 2016 05 01 4 05 16


「スピードテスト」のページが開きます。あとは、現在使用中の設備に応じて「光」もしくは「光以外」のボタンをクリックするだけで、回線スピードを測定してくれます。

今回、初めて通信速度のトラブルを体験したので、どれくらいのスピードがあれば動画が普通に見られるのかの基準もよく知らなかったのですが、調べてみると、概ね10MBPS(Mega bit per second)あれば問題ないと考えられているようでした。

そこで、早速自宅の回線速度を調べてみたわけですが…。

2016 04 12 21 02 49 のコピー

なんと、0.073Mbps!
動画が普通に見られるとされる10MBPSの100分の1以下のスピード。
これで「光回線」とか言われてお金払わされてるんですから、このままの状態のままなら完全に詐欺です。ただ、これは最低の速度だった時の記録で、他の時間帯だと30MBPSを越えることもありました。それでも、よく使う時間で0.1を切るような状況はとても容認できないですし、時間帯によっては30を越えるということは、改善も可能ではないかと思ったので、マンションの管理人さんと、プロバイダに連絡をとってスピードテストの現状を伝え、改善を要望することにしました。

やりとりの詳細については記しませんが、現状を確認して具体的に対応してもらえるまでにはかなり時間がかかりました。途中、連絡の不備などもあり、かなりイライラしましたが、その都度こちらから働きかけて、とにかく早くやってもらえるように働きかけることにしました。

「ネットが遅い」と感じたら、とりあえずスピードテストしてみましょう

結局、それまで委託していた回線業者の利用者が、3月に増えたために、回線速度が落ちていたということだったので、別の回線業者に変更することで対応したとのことでした。

回線業者も、「一定のレベルで回線速度を維持できる程度に、利用者数の管理しとけよ!」と言いたいところですが、とりあえず対応してくれたとのことなので、再度スピードテストしてみたところ、

スクリーンショット 2016 04 28 23 49 30

う〜ん、快適とは言いがたいですけど0.073Mbpsからは大幅に改善はしています。ただ、いつ悪化してもおかしくないレベルなので、引き続き見ていく必要があります。

もし、ネットのスピードが遅いと感じたら、まずはスピードテストをやってみましょう。私が住んでいるマンションのように、使っている設備は同じでも、利用している回線の利用者の数によって速度が変わることも考えられます。現状を知ることで、改善の要望も出しやすくなりますから、試してみましょう。

まとめ

ネットの回線速度が落ちてきたと思ったら、スピードテストを使って現状を把握するようにしましょう。知らない間にネット環境が悪化していることもあります。

おまけ

ユナイテッド vs レスター。ここで優勝を決めて欲しい!

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする