無料トライアルを申込む時は、解約の手続も確認しておこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うわっ、やってしまった」
無料トライアルを申し込んでいたサービスから、支払い請求が来てしまいました。
「無料トライアル→解約の意思表示無し→有料プランスタート」という
自動的に有料プランが始まってしまうものがありますので、注意しましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

eFaxの無料トライアルが、自動で有料プランに

これが初めてじゃないんですよね、
「無料トライアル→解約できてない→支払請求」のパターン。

Netflix

AppleMusic

すでにこのネタで2回やらかしてます(恥)。

Netflixの場合は、たまたまNetflix側に対応の不備があったため、
請求だけで終わってますが、

Apple Musicの方は、正しく解約手続ができていなくて、
実際に支払をしなければいけませんでした。

記事の中で、「無料トライアルから課金プランへの移行をデフォルトに
するのはやめてくれ」と愚痴っていますが、そう決められているところに
申し込むのですから、後の祭りという以外にありません。

今回何でやっちまったかと言うと、


スクリーンショット 2016 02 21 10 38 34
(出典:eFax HP)


eFaxです。

以前こちらの記事で紹介したものですが、

eFaxはネットからFAXが送れるサービスで、月額利用料を払えば、
150枚までFAXを送受信できます。

初期費用がかからず、ネット環境があればすぐに使えるので
「業務にFAXが必須」という方にとっては便利なサービスです。

eFaxは、この記事を書くときに無料トライアルに申し込んでいたのですが、
申し込んだ後、そのままにしてたんですよね。

ですが、申込み画面には、

スクリーンショット 2016 02 21 10 12 25
(出典:eFax HP)

※31日目から有料プランが開始されます。」と書かれてあって、
何もしないままだと、有料プランに自動で移行してしまうんです。

で、何もせずにそのままにしていて、有料プランがスタートしていました。


スクリーンショット 2016 02 21 11 19 54

(うぉ、知らない間に引き落とされてたぁ(恥))

今回、このサービスで使っていたクレジットカードを解約していたため、
請求のメールが来たために有料プランが始まっていたことに気づいたのですが、
時既に遅し。

もう何ヶ月にもわたって支払を続けていました。
余計な出費をしてしまった自分を猛烈に責めつつ、サービスを即座に解約。

高くない授業料をまたしても払ってしまいました。

※解約の手続は電話でしか受け付けていません。解約ももっと簡単にしてもらいたいです。


無料トライアルの申し込みは、
解約の手続とタイミングを確認してから

私の失敗をご覧になって、無料トライアルは、「面倒くさそうだし、
余計な出費をしてしまいそうで怖い」と思われるかもしれませんが、
消極的になる必要は全くありません。

無料トライアルの利用は、サービスを利用するかどうかを判断するのに
有用な手段ですからね。

気をつけて利用すればいいだけです。

無料トライアルを安心して使うために大事なのは、

解約しないと有料プランになる


最初から覚悟しておくことです。

つまり、”無料トライアル”を「無料プラン」と考えるのではなく、
一定期間を過ぎると有料に切り替わるプラン」と考えておくのです。

そのような心構えをした上で、解約方法と無料トライアルが切れるタイミング
申し込む前に確認しておけばOK。


後は、スケジュールアプリなどを使って、無料期間が終了するタイミングを管理すれば、
期限がきれる前に手続を済ませることができますからね。

なお、解約の方法は「電話のみ」など、時間のかかる方法しかない場合がありますから、
解約手続の方法をしっかり確認して、余裕を持って手続きするようにしましょう。

請求書が届かないケースもある

有料プランに変わっても、最悪、請求書で気づけば最小限の支払で留められる
という考え方もあります。

ただ、サービスによっては請求書の発行を省略して、
サイトにアクセスすることで請求内容を確認できる形にしている場合があります。

メールや紙の請求書の発行を選べる場合もあるのですが、
デフォルトの設定が「請求書発行を省略する(サイト上で確認する形)」に
なっていて、請求書が届かないまま料金が引き落とされることもあるのです。

なので、請求書で気づけないリスクも考えて、
無料トライアル期間内に解約手続を済ませるようにして、
余計なお金を支払わないようにしましょう。

まとめ

無料トライアルを申し込むときは、「トライアル期間が過ぎれば
有料になる」と前もって覚悟しておきましょう。
その上で、解約手続と無料トライアルの期限を確認して、
(不要と判断した場合は)期限が切れるまえに解約手続きするようにしましょう。

おまけ

たまに研修の申込みなどで「Faxしか受け付けません」という所があって、
管理が大変じゃないかなと思うんですが、実際はどうなんでしょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする