読書嫌いの飽き性の人は、複数の本を同時に読もう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飽き性の人にはとっては、1冊の本を読むのもかなりの忍耐が必要です。
読書にすぐ飽きてしまう人は、複数の本を同時に読んでみましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

1冊の本を読み切るのは結構タイヘン

今でこそ、毎月10冊以上本を読んでいますが、
大学に入るまではほとんど本を読んでいませんでした。

本好きな人は、子供の頃からその習慣が身についているので、
何時間でも集中して読み続けられると思いますが、私には皆無。

大学に入って時間ができたので、「本を読もう」と思って挑戦しますが
読むのが遅すぎて飽きてしまい、なかなか最後まで読みきれずイライラしていました。

速読術の本なども試しに買って実践しましたが、かなり難しくて
自分のものにするにはいたらず。

読み始めては挫折して「読了しないままに返却」を繰り返していたように思います。

読み方を意識して”ちょっと”速くなる

で、挫折を繰り返しながらも、本を読むことは諦めずに続けていたのですが、
読むスーピードが変わらないので、読み方を変えてみることにしました。

1つ思っていたのが「自分の読み方が丁寧すぎるんじゃないか」と
いうこと。

1冊の本を読み終わったという人でも、その1字1句を覚えている人はいないわけで、
「そこまで細かく読まなくても全体の内容は分かるはず」と考えて、
分からない箇所をを飛ばしながら読んでみることに。

すると、問題なく読めることを発見。

「分からなかったら戻ればいいや」という割り切りもできて、
それからがは読むスピードが”ちょっとだけ”速くなりました。

(本好きの人に聞いてみると「そんなの当たり前じゃない」と言われて、ショックを受けたことは内緒の方向で。)

速くなったのは嬉しかったのですが、それでも分量の多い本は
時間がかかります。

いくら飛ばしながら読んでも、元々の量が多いので
時間がかかるのはどうしようもありません。

本好きの人なら、”本に没頭する”ことができるので、
長く読むことも楽しめると思いますが、私の場合、どうしても飽きてしまう。

そこで、飽きずに読むための方法を考える事になりました。

場所によって読む本を分ける

大学に通っている頃、興味のある本が同時に何冊か出てきたことがあって、
図書館から借りた本もあったので、時間を有効に使って読もうと考えて

電車の中では小さめの文庫、

図書館では厚めの専門書、

お風呂では雑誌かマンガ、


と場所によって読む本を変えてみたのですが、これが意外に良かった。

本を読む人には「”読み切った達成感”を味わいたい」という願望が、
少なからずあると思うのですが、私の場合はそれが結構強くて、
1冊ずつ読むのが当たり前という思い込みがありました。
(いろいろ手を出すのが、”だらしない”感じもしていたと思います)

ですが、1冊の本を集中して読むと、1つの世界に縛られてしまうので、
相性が悪いと全然進まないし飽きてくるんですよね。

それが、複数の本を同時に読むと、色々な世界をちょっとずつ
味わうことができるので、それぞれが気分転換の役割を果たしてくれて、
飽きるのを防いでくれます。

もちろん、本によって好き嫌いがでますから、進み具合はバラバラになりますが、
それはそれで問題なくて、どんどん本を入れ替えながら読んでいくと、
読書自体に飽きが来ることがないので、いつかは最後まで読むことができます。

ポイントは、タイプの違う本を選んでおくこと。

飽きずに読むことが大事なので、いろんな種類の本を揃えるようにしましょう。
硬めの本が1冊あれば、マンガや雑誌、新書などで周りを固めるようにすればOKです。

リラックスしてすいすい読めるものがあると、
硬めで分量の多い本をアシストしてくれます。

IMG 6720
(マンガも入れておきたいです)

まとめ

飽き性の人では、複数の本を同時に読むようにしましょう。
種類の違う本を入れておくことで、難しい本や分量の多い本を、
飽きずに読み切ることができます。

おまけ

ビルボードライブ東京で、無料イベントが開催されるとの情報が。
SANABAGUN.が出演するらしいので、申し込んでみる予定です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする