”結果”を考えるだけで、”お金”の使い方は変わりますよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本のプロサッカーリーグ、Jリーグの各クラブは、
今週から新しいシーズンに向けて始動しています。

暖かい地域でキャンプを張り、開幕への準備をするクラブがほとんどですが、
予算の少ないクラブは別の選択をしています。

クラブの成績と予算を常に見比べて、
お金の使い途を決めるプロサッカークラブ。

私たちのお金の使い方についても、学べるものがあります。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

”結果”と照らし合わせると、お金の使い方が変わる

持つものと、持たざるもの

グアム!

スクリーンショット 2016 01 15 10 52 04
(出典:グアム政府観光局 HP)
(横浜FC)

タイ!

スクリーンショット 2016 01 15 10 55 12
(出典:タイ国政府観光庁 HP)
(セレッソ大阪、名古屋)

沖縄!

スクリーンショット 2016 01 15 11 07 02
(出典:おきなわ物語HP)
(ガンバ大阪、大宮、FC東京、東京ヴェルディ、神戸、湘南、浦和、鳥栖、千葉、横浜FM)

鹿児島!

スクリーンショット 2016 01 15 11 11 18
(出典:鹿児島県観光サイト)
広島、柏、清水、磐田、)

宮崎!

スクリーンショット 2016 01 15 11 15 04
(出典:みやざき観光情報 旬ナビ)

(鹿島、川崎、福岡)

Jリーグの各クラブのキャンプ地です。
皆、暖かい地域を選んでトレーニングしやすい環境を確保していますよね。

ですが、Jリーグの全クラブがキャンプを張るわけではありません。

「お金がない!」でおなじみ、私が応援する愛媛FC(泣)は、
今年キャンプはなく、愛媛のグラウンドで死ぬほど練習する予定になってます。
(選手のみんな、応援してるぞ!(真剣))

他のクラブの多くがキャンプを行う中で、それをしない愛媛FC。

「仲間はずれでツラいね」とか「お金がなくて大変だね」と
言いたいわけではなくて、

ここには「お金の使い方を考えるヒントがあるのです。

”結果”から”お金”の使い方を見れば、ムダ使いが減る

愛媛FCの木山隆之隆監督へのインタビューによると、
キャンプの話は出ていたそうなのですが、監督自ら


「キャンプに使うお金があるなら別のことに使いたい

とクラブに伝えたそうです。


監督の仕事は”クラブを勝たせること”ですから、
木山監督の中に「使えるお金があればキャンプ以外のことに使った方が、
勝つ確率が上がる」という考えがあることが分かります。


他人事として考えれば、「他のクラブがやらないことをやる」
というのも「まぁ、そう言うこともあるだろうね」と思えるのですが、

いざ、自分や自分の所属している会社や部署でそれができるかというと、
中々難しいと思うのです。

というのも、予算に限りませんが、

「今までやってきた方法」や
「周りと同じやり方」を、

同じように採用する方が、リスクが少なく、手間もかからず、
また、批判も浴びにくいので楽なんですよね

ですが、そのような決め方しかしていないと、
「何となく出ていくお金」が増えてしまいます。

と言うのも、
「今までやってきた」「他の人も(他の会社も)やっている」ことを理由にして、
その方法を採り入れてしまうと、

そのお金で、どれくらいの結果を手に入れられたか」という、
”結果”から、使ったお金のことを見る」視点が弱くなってしまうからです。

木山監督が「お金をキャンプ以外に使う」ことを決めたのも、
「順位」という、ごまかしのきかない”結果”を強烈に意識しているからでしょう。

過去の実績や他クラブの事情が気になっていたら、
普通にキャンプを選択していたはずです。
(事実、愛媛FCは2014年に鹿児島キャンプキャンプをやっていました)

”結果”を意識することで、お金の使い方を変えるのは、
プロのサッカークラブにしかできないことではありません。

私たちの普段の暮らしでも同じ事が可能です。

個人でも、”結果”からお金を見直してみる

私たちの生活の中でも、何となく使ってしまっている”お金”が、
意外に多いです。

それをできるだけ少なくするためには、”結果”から使ったお金を見直すことが大事です。

そのために、

1年にどれだけのお金を使ったか
そのお金に対して十分な結果が得られたか(出したお金に見合ったものを得られたか


を確かめてみましょう。

日々、家計簿を付けていればベストですが、大変だと思うので、

毎日、毎月支払っているもの(たとえば、スマホの利用料など)
を1年分に換算して、それに見合うようなものが得られたかを確認するのだけでOK。

特に気になるものだけでも、確認しておくと
「何となく使っているお金」は確実に減っていきます。

具体的に「何となく使っているお金」をいくつか挙げてみます。

保険

まずは、保険です。

保険商品には様々なものがありますが、
よく分からないまま、友達や先輩などの勧めで何となく入っているものもあるはずです。

以前は必要だった保険でも、生活環境や年齢と共に必要なくなったり、
また、その逆のケースもあります。

「保険」は1度入るとそのままにしている方が結構いるので、
年に1度は見直した方が良いです。

保険の解約や別のプランへの変更によって、大きく保険料が変わることもあります。

スマホの使用料

今や全国民の50%近くの方が利用しているスマートフォンですが、
その使用料もばかになりません。

プランが多すぎて「携帯ショップのおすすめのまま」と言う方が
ほとんどだと思いますが、
最近は、割安な使用料でスマホを利用できるプランも出てきています。

解約に違約金がかかる、いわゆる”2年縛り”もあるので、
「今すぐ」という訳にはいきませんが、

より自分に合ったプランへの見直しや、プラン変更のタイミングの確認のために、
現在の利用料金、契約期間などを見直すようにしておきましょう。

最近は請求書をネット上で確認するだけのところも多く、
実際にどれくらいかかっているかを、目で確認する機会が減っています。

1年にどれくらいのお金を使っているかが分からない方は、
1度見直して見て下さい。

税金

税金は正しく納税する必要がありますが、
払う必要の無い税金まで払うことはありません。

経費にできるものを全て経費にするだけで、
支払う税金の金額は違ってきますから、
領収書やレシートをきちんと残して漏れがないようにします。

サラリーマンの方で源泉徴収される場合は、
あまり関係ないかも知れませんが、

それでも、会社で認められている経費で、未精算のものがある場合などは、
出ていくお金が余計に増えてしまいます。

出張や接待を多くされているかたは、レシートの管理も大変ですが、
できるだけ早めに提出して精算を忘れないようにしましょう。

水道光熱費

水道光熱費も毎月確実に出ていくお金です。

この季節は暖房による電気代、ガス代が気になる所。

多く着込んだり、窓からの冷気を防いだりすることで、
室内の過ごしやすさが変わってくるので、

支払が多い場合は見直す価値があります。

コンビニの買い物

コンビニの買いものは少額なので、ついつい見落としがちですが、
1年分の支払を考えると無視できません。

コンビニに行って買い物をするのが習慣になってしまうと、
どんどん支出が増えていきますので、どれくらい使うか見直しておきましょう。

平均購入額と買い物の頻度で、だいたいの1年分の支払を出してみると、
驚くような金額になるかもしれませんよ。

まとめ

”結果”から”お金の使い途”を見直すようにしておくと、
何となく使ってしまうお金を減らすことができます。
1月は前年のお金の使い方を見直すよいタイミングです。

おまけ

レアル・マドリーとアトレティコ・マドリーに補強禁止処分が。
スペイン以外の国は大丈夫なのか。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする