「数字のインパクトにダマされるな!」 大きな数字を見る時は、”比較”の視点を忘れないようにしましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段接している経済系のニュース記事の中には、数字を使ったインパクトの強いものがあります。その大きさに驚いてしまいますが、出てきた数字を眺めるだけでは、その数字の意味を誤って理解してしまうことも。数字を正確に分析するには、「比較」の視点が不可欠です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

GPIFの運用損失”7兆8,899億円” 「そりゃ大変だ!」と思いますよね

11月30日のニュース記事で、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の2015年7月から9月の運用損失が7兆8,899億円だったことが報道されました。

GPIFの2015年7月-9月期の運用成績

GPIFは、厚生労働省からの委託を受けて、私たちから集めた厚生年金と国民年金の保険料を、株や債権に投資して運用している、独立行政法人です。所管は、厚生労働省。

その、GPIFは3ヶ月ごとに運用成績(GPIFが投資している”株式”や”債券”の「値上がり」「値下がり」によって、”株式”や”債券”の価値がどれくらい増えたか(or減ったか)の報告を公表しているのですが、今年の年7月から9月の運用成績が7兆8,899億円の損失だったという話。

その金額に圧倒されて「年金、危ないんじゃないの?」と不安に感じた方も多くいらっしゃったと思います。

ニュースの論調も「損した! 大問題だ!」という扱い方が多かったように思うのですが、実際にGPIFが公表している運用状況の報告書を見てみるとまた別の印象を受けます。

GPIFの運用損失を、過去の運用成績との比較で見てみる

スクリーンショット 2015 12 04 11 56 38(出典:年金積立金管理運用独立行政法人HP 「平成27年度第2四半期運用状況」)


上のグラフは、GPIFが運用を始めた2001年からの運用損益の累計額を示したものです。

右肩上がりの形状で分かるように、全体としては利益を着実に生み出していることが分かります。

時系列で運用損益の累計額の変化を見てみると、2015年7月-9月期の-7兆8,899億円がどれくらいのインパクトで、GPIFの運用が好調なのか不調なのかもよく分かります。

GPIFの資料からもう少し詳しく数字を見ておくと、

・2001年からの運用損益の累計額:+45兆4,927億円
・運用している資産の額:135兆1,087億円
・収益率:(投資した金額に対する利益の比率)2.79%

となっています。

累計で考えるとGPIFの運用は+45兆4,927億円ですから、損はしていません。

また、運用成績は、「投資した金額に対する利益の比率」=”収益率”で見ることになりますが、これが2.79%

この成績については、様々な意見があると思いますが、「運用資金が年金という公的な性質の強いものであることを考えると、大きなリスクをとるべきではない」という考え方からすれば、悪くない数字と言えるでしょう。

少なくとも、異常に金利の低い預金や国債などに回してしまうよりは、余程効率よく資金を活用していると言えます。

”7兆8,899億円”だけでは何も言えない

GPIFの運用損失について見てきましたが、これは一つの例です。

イメージとしては「大きく損した」と感じてしまう7兆8,899億円ですが、別の数字と比較してみると、真の意味が見えてきます。

単体で数字を見るだけでは、その数字の意味を理解したり、適切に評価を下したりすることはできません。

数字を見る時は”比較”の視点を

私は職業柄、経済指標や会社の数字を分析してレポートを書くことが多くありますが、その際気をつけていることが2つあります。

1つは、できるだけ原典にあたること、もう1つが、比較することです。

1つめは、資料の正確性を担保するためにやっていることです。
会社の数字を使う場合は、間接的に入手した資料ではなく、会社がHPなどでリリースしている資料を直接取りに行くようにしています。

2つめは、数字の意味を正しく理解するためにやっていることです。
特に時系列での比較は必ずやるようにしていて、これをやるだけで多くのことが分かるようになります。

特に、業績や財務分析を行う場合にはこれが不可欠で、現状分析だけでなく将来予測についても時系列の比較が役に立つのです。 
(ただし、数字だけの分析で終わる訳ではなく、本当に重要なのは、会社の業務と数字の変化を結びつけるところです)

身の回りに出てくるお金や数字の話題についても、”比較”の視点を持つことで、数字のインパクトに惑わされることなく、その数字が持っている意味を深く理解できるようになります。

まとめ

数字を見るときは”比較”するクセをつけておきましょう。
一見、強い印象を受けそうな数字でも、実際にはそうでもないということもあり得ることです。

おまけ

愛媛FCからも、契約満了のリリースが。
分かってはいるものの、寂しい季節。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする