せっかちリスナーは、ラジオでもザッピングしてしまうのだ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日欠かさず聴いている(聴いてしまっている)ラジオ。
子供の頃からの習慣で、もはや止めることができません。
朝田龍太郎もマーク・グリーンもDr.ハウスも、さじを投げるレベルです(古すぎ)

「ラジオどれだけ好きなんだ」とあきれられますが、同じ局をダラダラ聴くのは苦手。
TVのようにザッピングして聴いてしまう”ラジオザッパー”です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

リアルタイムの聴取ではイライラも

ラジオは大好きですが、常に聴いているわけではありません。
リアルタイムで聴くことはあまりなくて、
気に入っている番組を録音しておいて、後から聞くことがほとんどです。

リアルタイムで聴くのは、仕事の休憩時間とランの時間くらい。
しかも、同じ局をダラダラ流すことはなくて、
頻繁にチャンネルを切り替えています。

ラジオには良いところもたくさんあるのですが、
気になる所もかなりあるんですよね。

嫌いな曲、多すぎ

ラジオと言えば”トーク”と”音楽”です。

”トーク”は出演者によって選別できるので問題ないですが、
”音楽”はそうも行きません。

日本の放送局は、音楽のジャンル別に番組を作る事はありませんから、
1つの番組の中で、”チームしゃちほこ”の後に”ブルーノ・マーズ”が流れたりします。

これ、当たり前になりすぎていて、普通に受け入れられてるのかもしれないんですが、
よく考えるとおかしいですよね。

音楽って自分の好きなモノをきくはずなのに、
好き嫌い関係なくランダムに曲を聞かされるって、
普通では耐えられないことです。

「オレは、Metrikが聞きたいんじゃー」
と思っても、流れてくるのは西野カナです。はい。

関係ない番組、多すぎ

ラジオは1番組の放送時間が長いです。
1人か2人のパーソナリティが、2時間から3時間を担当するのが一般的。

ただ、全てがオリジナルの企画という訳ではなく、
10分、15分くらいの単位で、全く関係の無い番組が流れたりします。

東京で製作して、全国にあるネット局(協力関係にあるラジオ局)
流すことになっている番組がいくつかあって、
バラエティ番組の中で、突如、医療系の情報番組が流れたりすることも。

1つの番組の中であまりに温度差が違いすぎると、
聴いてる方は戸惑うばかりです。

交通情報と天気予報、多すぎ

松山に住んでいる母親が、以前東京へ遊びに来たとき、
私の外出中にラジオを聴いていたのですが(私のラジオ好きは絶対この人の影響)

「交通情報と天気予報ばっかりで、何の番組か分からないねー」

と感想を漏らしたんですが、ラジオをずーっと聴いていると、
確かにこの2つに割かれる時間、長いんですよね。

場合によっては、

「CM→交通情報→天気予報→CM→(やっと)番組本編」

と、番組の内容に関係ない時間が長すぎて、
「アレ? 番組終わったのかな」と勘違いしてしまうほど。

カーナビもスマホのアプリもあって、交通情報と天気予報にどれだけの需要があるのか。
そろそろ考え直す時期なんじゃないかと。

ラジオショッピング、多すぎ

交通情報と天気予報以上に気になるのがこれ。
「ラジオショッピング」です。

AM局では以前から流れていましたが、
今やオシャレ(?)路線と思われるFM局でもガンガン流れています。
FM802で包丁売ってたり、ZIP-FMで美肌の化粧水売ってたりしますからね。

需要はあるんでしょうけど、さっきまで”ドヤ顔”で英語なまりの曲紹介やってた人に、
「毎日使っていると、肌のつやが変わってくるんですよ!」とか言われても…。ねぇ。

時間もかなり長くて番組の流れも断ち切られるので、
「聴いているのがツラい」感じになってきます。

「CM、ショッピング、ガンガン行きましょう!」
リスナーが番組を選別すれば問題なし

いろいろ不満なところを挙げてしまいましたが、
「ここを改善してくれ!」と言いたいわけではありません。

と言うのも、上で挙げた内容は、ラジオ局の収入の柱である
”広告料”を生み出す部分なんですよね。
なので、ここを削ってしまうとラジオが事業として成立しなくなってしまいます。

それでは、ラジオ局にとってもラジオリスナーにとっても困りますので、
その部分はガンガンやってもらいただきたい。

ただ、チャンネルの選択権はリスナーにあるので、
「この時間はいいかな」と思ったら変えてしまえば良いんですよね。

スマホやPCで聴いていれば、数回タップするだけで
チャンネルを変えられるので、

IMG 6669
(スマホのラジオアプリ「radiko.jp」。該当する局をタップすれば切り替えられます)

積極的に変えるようにすると、ある程度快適に聴くことができます。

「うーん、かに1kgとか全然いらんし」
「今、JUJUとか聞かされても」

と感じたら、別のチャンネルへ移動です。

主体性がないと快適じゃない

以前は、「ザッピング」自体が否定的な習慣として認識されていたように思います。
次々にチャンネルを変えるなんて、落ち着きがないと。

たくさんの人が同じ画面を見るような場合には、
それも当てはまるかも知れませんが、

現在は、ほとんどの人がスマホを所有して、
誰にもジャマされることなくテレビを見ることが普通になってきました。

すると、ザッピングにも違った意味が出てくるように思います。

マナーとして良いか悪いかは関係なくなって、
情報を取捨選択するための手段として、自然に行われているのではないかと。

メディアと接するときに、主体性があって情報を選別できるか、
発信する側の情報をただ受け入れるだけなのかによって、
快適さが全く違うように感じます。

押しつけは不快。
それでも避ける手段があれば、耐えられます。

テレビでもラジオでも積極的にザッピングして、快適さを上げていきましょう。

まとめ

ラジオもザッピングしないとツラい。

おまけ

ジェフユナイテッド市原・千葉の移籍情報が。
去年から19人が流出。
ジェフのファン・サポーターの皆さんはどう思ってるのかなぁ。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする