達成したい目標がある人にオススメ! ”未来の自分”がいる場所に身をおこう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「これだけは、成し遂げるんだ!」
そんな強い思いで、目標に向かって今日も努力しているいる方が
たくさんいらっしゃると思います。
スポーツでの勝利、受験の合格、仕事での成功、病・ケガからの復帰…。
目標は様々ですが、それに近づくには「どんな人と関わるか」が大事です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

「皇居ラン」をするとスピードが上がる

3月に入って、外はすっかり春の陽気になりました。
ランナーにとっても、暑すぎず寒すぎない理想的な季節です。

私は普段からファンランナー(タイムを上げたり、大会で好成績を残すためでなく、
”楽しむ”ことを目的に走るランナーのこと)
としてランを楽しんでいて、

自分で設定した10kmか8kmのコースを走っているのですが、
いつも同じコースだと退屈になって、飽きてくるんですよ。

不思議なもので、「退屈だなぁ」とか思いながら走っていると、
ケガをしたり転んだりと、良くないことが本当によくおきるので(今まで何度転んだか…)
そんな時はいつもとは違う場所で走ることにしています。

よく行くのは、皇居外周。

「ランナーの聖地」とも言われている、有名なコースですが
信号がなくて走りやすく、この季節なら梅や桜を見ながら走れるなど、
景色を楽しむこともできて、楽しみが多いコースなんですよね。

IMG 7018
(今は梅が見頃です)

そんな、普段とは違う楽しいコースなのですが、皇居ランに出かけると、
普段とは違う”走り”になるのも面白いところです。

と言うのも、ほとんどの場合でいつもよりタイムが上がるんですよ。

私は走っている途中で時計を見ることがないので、細かくペースを
調整したりはしないのですが、走り終わったときのタイムを見てみると、
普段走っている時のタイムよりも上がっていることの方が断然多いです。

皇居の外周は坂もあって、決して走りやすいコースではないのですが、
それでも走るスピードは上がっているのです。

どうしてこのようなことが起きるかというと、理由は簡単で
他のランナーと一緒に走っているから。

皇居外周を走るランナーは非常に多くて、
いつ走っても、自分の先を走るランナーが必ず視界に入るのですが、
1度視界に入ってしまうとどうしても追いかけてしまうんですよね。

どんなにマイペースを心がけても、常に前を走る人がいて、
「前にいる人を追いかける」状態が続いてしまうので、
結果的にタイムが上がってしまうと。

これは「人は、多少なりとも周りの影響を受けてしまう」1つの例だと思いますが、
この習性も上手くいかせば、自分を向上させるため、目標を達成するための、
大きな力になるはずです。

”未来の自分”につられよう

周りの”人”から影響を受けるのはランだけではありません。
仕事、勉強、どんなことにでも当てはまります。

大口の取引を日常にしている人と、常に仕事をしていれば、
「大きな金額を動かすのがビジネスとして当たり前」という感覚になりますし、

トップクラスの学校に進んで、その中でトップの争いをするために
勉強している人と常に勉強していれば、どれくらいの精度で知識やロジックを
磨く必要があるかを肌で感じるはずです。

時間が経つにつれて、その影響は強くなっていきますから、
いつの間にかその人達の考えや感覚が「自分の中の普通」に置き換わって、
自然に自分が取り組んでいることの質と量が変化していくのです。

そして、いつの間にか自分の力も向上しています。

皇居ランですら、見ず知らずの人が前を走るだけで
普段より高いレベルの走りになるんですから、
日常的に接する人から受ける影響は、想像する以上に大きいのが分かりますよね。

もし、自分が達成したい目標があるなら、すでにそれを達成した人と関わることで、
その人の影響を受けましょう。

その人は、未来の自分ですから、その影響を受けることで
自分もそれを達成する可能性が高くなるからです。

ストイックに独りで頑張るのもいいですが、
”人につられる”方がより具体的でより確実に目標に近づけると思います。

達成したい目標があるのに「うまくいってないなぁ」と思われる方は、
すでにそれを達成した人の中にドンドン入ってみて下さい。

まとめ

人は、周りにいる人から強い影響を受けます。
自分が目標としていることを、既に達成している人と関われば、
自分もその目標を達成する可能性は高くなります。
(その反対のことも言えるので、注意が必要ですけどね)

おまけ

この冬、ランの途中でネックウォーマーを2度も落としてしまいました。
来年に向けて調達しとこうかな。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする