LINE、Facebook、Twitter、feedly  SNSのフォローはドンドンに入れ替えよう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホを持ち歩いていると、SNSから受け取る情報がとても多くなります。その時々で必要になる情報は変化するのが普通ですから、フォローするアカウントはどんどん入れ替えるべきです。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

常に目に触れてしまう情報は取捨選択を

iPhoneを持ち歩いているとどうしても気になるのが、LINEやTwitterなどの更新情報。マナーモードにしていてもホーム画面に更新の通知が出てくるとついついチェックしてしまうのが人情です。

IMG 7395


(夜になると比較的穏やかですが)

ただ、更新される情報を見てみると必ずしも必要のないものも多く含まれていることに気がつきます。フォローしたときは確かに必要なものだったかもしれませんが、しばらくすると自分の興味が他に移って必要がなくなっていたり、継続して見てみると「あまり有用ではないな」と感じたり「思っていたのと全然違っていた」など最初期待していたような内容でないアカウントが必ずあるはずです。

タイムラインに不必要な情報があると、内容を確認するのに余計な時間がかかってしまって効率が悪いですし、本当に必要な情報を埋もれさせてしまいかねないので、そのようなアカウントに気づいたら面倒くさがらずにフォローを外すようにしましょう。

FacebookやTwitterでフォロー外しがバレるのがいやという場合でもミュートを使えばいいですし、「ミュートにしても投稿へのリアクションがないとバレる」と言うなら、良い機会なので”面倒くさがりキャラ”にキャラ変更して「気まぐれにしかリアクションしないので悪い」とひとこと投稿しておけばいいでしょう。SNSにのめりこんでいる人に合わせるのは健康的ではないので、適度に距離をおくようにするのがおすすめです。

何にせよ、主体的に情報をコントロールして、情報に影響を受けすぎないようにしておきましょう。

ただ、「不必要な情報」ならまだマシかもしれません。
本当に気をつけたいのが見ていて不愉快になる情報です。

初め「面白い」と思ったけど、後で「自分の感覚とはズレている」と感じたり、

言いたいことは分かるけれど言い方がキツかったり、

真偽が確かでない情報を平然と流していたり

フォローしてしまっているがために目に入るけど、そのたびに心の中に”モヤッ”としたものが残るアカウントについては注意が必要です。

外から入ってくる情報によって気分が乱されると、仕事にも影響が出てしまいますし、それが日常的に継続しておこるとなると、その影響も無視できないものになります。
文章や映像は人の心にも強く響くものですから、悪い影響を与える物については遠ざけておくべきです。

特に体調が良くないときにそのような情報に触れるとまずいです。必要以上にイライラしますし、それを収めるのにも体力を使って一気に消耗していくので、立て直すのも大変です。

トレーニングをしたり、食事を気をつけるなど、体調を整えることは大事ですが、情報が体調に影響を与えることも考えて、体に良くないアカウントはこまめに外していくようにしましょう。

仕事で他者を説得するために情報を集めるときは、
バランスを考えて

コンディションを整える、効率よく必要な情報を集めるためには、不愉快な情報を流すアカウント、有用性の低いアカウントのフォローを外すべきですが、仕事で情報を集める場合はそうもいきません。

レポートなどを作成するときが特にそうですが、自分の主張を提示する場合には、反対意見や反対説についても考慮する必要があります。それは、自分とは異なる立場からの主張ですので、あまり気分の良い情報ではない場合が多いです。ですが、自分の主張に客観性を持たせて、説得力を増すためにも、反対意見を扱うことは極めて重要です。

従って、仕事のために上司や取引先に説明をして説得するための資料を作成するような場合には、意識的に自分の立場とは違う情報を集める必要があります。

SNSなどで日常的に触れる情報については、思いきり個人の感じ方を優先させつつ、仕事上では公正さを担保するために、意識的に自分とは異なる立場の情報も扱うという使い分けが大事です。

まとめ

SNSのフォローアカウントは、有用性や必要性を考えて入れ替えるようにしましょう。特に、マイナスの感情を与える情報を流すアカウントについては細目にフォローを外した方が良いです。一方で、仕事で情報収集するときは、自分の考えに客観性を持たせるためにも、自分とは違う立場の意見を扱うようにしましょう。

おまけ

最近はInstagramに興味が。文章を考えなくていいのが気楽で良さそう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする