ランに飽きたら他のスポーツにどんどん浮気しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は20年以上ランを続けていますが、いつも同じモチベーションで走っていたわけではありません。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

ずっと続けていると習慣になる

私がランを始めたのは大学1年のころ。
大学の授業に遅刻しそうになり最寄り駅からダッシュしたものの、ほんの数十メートル走っただけで息が上がり、「このまま体力が落ちていったら、20代でも”じいさん”になってしまう」という恐怖感が芽生えることに。そして「今のうちにトレーニングしておかないと取り返しがつかなくなる」と思って始めたのがランでした。

部活でスポーツをやっていたので、全く運動が苦手というわけではないですが、長距離走は苦手。バスケならシュートを決めたり、ブロックショットで失点を防いだりすることに喜びを見出すことができるのですが、「ただ苦しいだけ」の長距離走については、楽しさが分からずっと敬遠していました。

ただ、学校の授業でやる長距離走とは違って、タイムを測って自己ベストを更新したり、他の生徒と競争したりすることもないですし、トラックをグルグル回るような単調なコースではなく、景色が変化していく市街地を走るので気分良く走れました。

ランも、学校の授業のように義務になってしまうとツラいですが、喜びを見いだすことができると本当に楽しくなるんですよね。そして、楽しいから走るという日々が続いて、いつの間にか走ることが習慣になり、いつの間にか20年を越えてしまっていたと。

”習慣”の域にまでくれば、食事をするのと同じような感覚で走るようになりますが、そこに到る前に、飽きてしまうこともあります。

たとえば、ランを続けているうちに、タイムが想像以上によくなるなどのポジティブな経験した時。それまでよりもストイックな姿勢で取り組もうとして、走ることが義務のように感じるようになると、走るのがイヤになったりします。

そんな時は、走ることをやめて、他のスポーツをやってみるのがオススメです。

IMG 8327

他のスポーツをやることが気分転換になる

私は、ランが面白くなってきた時、同時に他のスポーツもやっていました。
それが、水泳と筋トレです。

ジムに入会して、水泳、筋トレ、ランと日によってメニューを変えていたのですが、この頃のランがどうだったかというと、ランだけの時よりも楽しめていたと思います。

いつも同じコースを同じように走っていたので、市街地を走ると言っても新鮮さがなくなってしまうのですが、そこに水泳や筋トレを入れてランをやらない日を作る事で、反対にランに対する意欲が高まって、それまで以上に楽しめるようになっていたんですよね。

ランで「調子悪いな」と思っても、スイムと筋トレがあればそちらで気分転換できますし、スイムと筋トレも「ランの気分転換」と考えてやっていればそこまで入れ込む必要もないですしね。

それぞれが丁度良いバランスで回るようになると、どれも飽きずに続けられますし、そうしている中で自分が最も楽しいと思えるものに少しずつ収斂されていくように思います。

ランにこだわる必要もない

このように、ランに飽きてきたら、やるスポーツを増やして気分転換することで、飽きを解消することができるかもしれません。

もし、その過程でランよりも楽しめる物がみつかれば、それはそれでまたよしです。

何をするにせよ、「楽しめること」が何より大事なので、自分が一番楽しいと感じるものを続ければOKです。それを見つけるためにも、色々なスポーツに浮気してみましょう。

まとめ

ランだけを続けていると飽きてしまうこともあります。
その時は、ランをしない日に他のスポーツを取り入れてみて、新鮮な気持ちを取り戻しましょう。

おまけ

性格的にはかなり飽きっぽいところがあるのですが、ランについてはなぜかずっと続いてます。子供の頃は「苦手だなぁ」と思っていたのですが、意外にも相性が良かったのかも。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする