受験勉強の復習を効率よく  勉強法を使い分けることで、短所を補い、漏れのない対策を目指します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

入学試験や資格試験の勉強はカバーする範囲が広く、復習が大変です。復習の方法にもいくつかありますが、それを上手く使い分けることで、効率的な復習が可能になります。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

どの方法にもメリット・デメリットがあります

大学受験、公認会計士試験、と受験を前提とした勉強を経験してきましたが、復習の方法として効果があると感じたものは次の3つです。

書く

まず、「書く」方法。


主に、暗記が必要な分野で取り入れていました。


「書く」ためには、正しく内容を把握しなければいけませんから、「書く」前の段階で、覚えるべき内容を理解するようになります。 


その上で、「書く」動作とともに、内容を覚えるので、強い印象を伴った記憶として、脳に残ることになります。


これが「書く」ことのメリットで、なかなか覚えられないことも、この方法を使うことで、身につけらることができます。


ただし、「書く」ことには限界があります。


受験で扱われる分野は非常に広いですから、「書く」方法で、それを全てカバーしようとすると、とても時間が足りません。


また、「書く」動作を続けると、手が痛くなってしまいますから、身体的な負担を考えても、長時間の勉強に耐えられる方法ではないことが分かります。


「書く」方法が使えるのは、なかなか身につけることができない、限られた箇所に、制限されてしまうところが弱点です。

読む

次に、最も一般的で、効率の良い復習の方法が、「読む」ことです。


教科書や問題集、それまで受けてきた模擬テストなどで、覚えられていない箇所や、解けなかった問題を、繰り返し読むことで、暗記したり、正しい解き方を身につけることができます。


「書く」方法にに比べると、時間がかかりませんし、手の痛みのような身体的な負担もありまないので、効率的に復習を進めることが強み。


さらに、資料を広げるだけで始めることができるので、場所を選ばず、電車での移動時間などの細切れの時間も利用できて手軽という、メリットもあります。


ただし、「読む」方法を取り入れるには注意が必要です。 
それは、習熟度のチェックを厳しくしないと、学習した内容を定着させることができないと言うところ。


たとえば、実際には覚えていない部分でも、(試験では与えられない)教科書や参考書の周辺情報から推測して、正解に辿り着いただけなのに、 
正解を覚えているかのように錯覚したり、


ほんとうは理解できていないのに、分かった気になって、そのまま読み飛ばしてしまったりと、


「覚えていない」「分かっていない」箇所を素通りして、身につかない状態のままになってしまう危険があるのです。


このようなデメリットもありますが、それを越えるだけのメリットがありますので、「読む」方法は、有力な復習法としておすすめできます。

しゃべくり勉強法

もう一つは、「話す」ことで復習する方法です。


暗記すべき用語や、理解すべき内容を、実際に声に出して答えることで、復習していきます。


覚えていなければ、口をついて出てくることはありませんし、 
正しく理解できていなければ、説明の途中で必ずグダグダに。


この方法を使えば、自分の暗記や理解のレベルが簡単に分かってしまうので、「読む」方法でリスクになっていた、自分をごまかしてしまうことがなく、漏れなく復習ができると言う点で優れています。


また、「話す」ことは、「書く」ことのように身体的な負担はありませんので、「書く」方法よりも、長時間使うことができるのもメリットです。


ただし、「しゃべくり勉強法」にも欠点があります。


それは、声を出だなければいけないので、実行できる場所が限られてしまう点です。


現実的には、自宅くらいでしょうから、自習室や学校を主な勉強場所としている方にとっては、難しい方法です。

それぞれのデメリットを補うように使います

先述の通り、それぞれの勉強法にはメリットとデメリットがあります。


大事なのは、それぞれの特徴を理解して使い分けることです。


私の場合、ベースになるのは「読む」方法でした。


そして、ある程度「読む」学習が進んで、一つの分野が「身についてきた」と感じるようになったら、 
テストの代わりに「しゃべくり勉強法」で、声に出して答えられるかを試します。


答えられない箇所は弱点ですから、そこは繰り返し「しゃべくり勉強法」を実行して、答えられる状態に。


「しゃべくり勉強法」でもどうしても身につかない箇所があったら、そこは「書く」勉強法で、カバーするのです。


これは私の方法ですが、それぞれの特徴を把握して、ご自身に合う方法を見つけて、効率の良く復習していきましょう。

まとめ

試験を前提とする勉強は、カバーするべき範囲が広くなります。 
取り入れようとしている勉強法の特徴を把握して、それを必要に応じて使い分けることができれば、広い範囲でも、効率的で漏れのない復習が可能になります。
<おまけ>
「実務で使えるExcelセミナー 基礎編」を開催しました。 
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。 

IMG 3318

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする