「ファンランナーこそ快適さを追及しよう!」 冬ランの”汗冷え”を取り去るfinetrackはスゴかった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬ランに防寒対策は欠かせませんが、見落としがちなのが防寒したために起こる”汗冷え”。最後までランを気持ち良くするために、汗による身体の冷えにも対策をしておきましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

ランの継続には「快適さ」が大事

新しい年を迎えて、これからランを始める方も多いと思います。冬は寒すぎてランを続けるには厳しい季節ですので、寒さ対策は絶対です。

(防寒グッズについてはこちらで扱いました)

防寒対策は、”走り始め”に気分を挫かれないために必要なのですが、その後にも考えておかなければいけないことがあります。
それが、防寒をするが故に生まれてしまう”汗冷え”。

防寒対策をしてランに出かければ、真冬でも寒さに負けることはありません。ですが、走り始めると15分から20分くらいで身体が温まり30分も走れば汗をかきます。

しばらくはそのままで問題ないのですが、40分を過ぎるころには汗が乾き始めて、気化熱によってどんどん身体が冷えて、1時間後に家に帰る頃にはブルブル震えていることも。

”汗冷え”の簡単な対策としては「汗を拭く」ことがあります。
ただこの方法には、いくつか問題があります。

1つは荷物が多くなること。
ランに出かけるときは、できるだけモノは持ちたくないので、かさばってしまうタオルを携帯するのはそれなりに障害になります。

また、汗を拭く場所も問題です。
”汗冷え”を防ぐなら、少なくとも上半身の汗くらいはしっかりとらなければいけないので、さすがに屋外というわけにもいきません。

さらに、着替え用のシャツも。
汗を拭いても、汗を吸ったシャツを着てしまえば意味がありませんから、着替え用のシャツを持って出かけることになりますが、そうなるとますます荷物が増えてランがしづらいです。

私は、ランで買い物に行くときにリュックにタオルと着替えを入れ、お店のお手洗いを借りて着替えることがありますが、普段のランではそのような場所がないので同じ事ができないのでこの方法は難しい。

他の方法が必要なのですが、大丈夫。
テクノロジーで解決です。

finetrackで”汗冷え”を回避 後半のランを快適に

私が「おー、スゴい!」と驚き、冬ランの欠かせないアイテムになったのがこちら。

IMG 6535


ファイントラックのスキンメッシュ(ロングスリーブ メンズ / ブラック)です。

見た目は普通のシャツのようですが、間近で見てみると、

IMG 6538


細かく穴が空いた薄い生地でできているのが分かります。
ただ、ポイントはこの穴ではなくて使われている生地。

特殊な加工が施された生地によって、かいた汗を外に逃がしてくれる上に、水をはじく効果があるので逃がした汗が肌に戻ることを防いでくれます。これで、汗が肌に残って熱を奪う”汗冷え”を避けることができるのです。

スキンメッシュは一番下に着て、密着するようにTシャツを着ます。
こうすることで、「汗を逃がす(ファイントラック)→汗を吸わせる(Tシャツ)→外に出す」ことが可能になるのです。

IMG 6574
(こんな感じ)


身体に密着した方が効果が高いと言われているので、サイズもやや小さめくらいを選ぶ方がいいです。


これを着て走るようになると、防寒対策によって走り始めは温かく、身体が温まって汗をかき始めると、汗を外に逃がしてくれるので、温かいままで家に帰ることができます。

ファンランナーこそ快適さを追及しましょう

先述したとおり、ランの継続には「快適さ」が必要です。

「快適さ」を求めるにはそれなりにコストもかかるので、「本気のアスリートでないのでそこまですることないかも。」と躊躇される方もいるかもしれませんが、それは逆です。

”本気のアスリート”であれば、自分の身体を鍛えることが目的ですからどんなに厳しい環境でも(道具が揃っていなくても)、「走る」ことについては、その目的意識の高さから簡単に継続することはできるでしょう。

ですが、ファンランナーはそこまで強制力をもって走るわけではありませんから、簡単にやめることもできてしまうのです。
ファンランナーにとっての”快適さ”は”ファン(楽しみ)”の一部でもありますから、この部分はより真剣に追求しておかないと、やめるきっかけにもなりかねないのです。

ランは、基本的には楽しいものですが、続けるうちに障害も出てくるので、絶えずそれを取り除く工夫が必要です。

ギアによって手に入れられる快適さは、とことん追求してランによる楽しさを存分に味わえるようにしましょう。

まとめ

”汗冷え”対策は、ファイントラックの「スキンメッシュ」が効果的です。

おまけ

明けましておめでとうございます。
今年もランを楽しみましょうね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする