Macを仕事で使うようになった理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会計・税務分野でもほとんどの仕事でPCを使いますので、どのPCを使うかは大いに悩むところ。当初はwindowsPCを使っていましたが、今はMacを使っています。独立して選択肢が増えたこともありますが、スキル向上の点からもMacを使い続けています。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

今メインで使っているのはMacBookPro

Macを使うようになったのは税理士の友人が使っていたからです。イメージも良いし(何となくおしゃれな気がしました)面白そうなので軽い気持ちで導入を決めました。クライアントに出向く必要があるのでノートPCが条件です。業務効率を考えるとスペックは落としたくなかったのでAirではなくProを選択しました。使ってみると想像以上に快適で、効率的に仕事が進められますし使っていて楽しく、毎日の仕事に欠かせないギアになっています。

私は興味本位でMacを導入してしまいましたが、Macを使っている会計士や税理士は少数です。そこには業務上支障になると考えられていたことがあるからです。

Macを敬遠する理由は、会計、税務ソフトのMac不対応

私は会計士であり税理士でもありますので、重要な業務として経理業務の支援と税務申告があります。この業務に欠かせないのが会計、税務ソフト。

日々の取引記録を残すことは会社に求められる重要な義務で、特に青色申告による特典を受けるためには複式簿記で記録する必要があります。この複式簿記は非常に優れた記帳方法ですが、「理解して使う」段階に到達するには相応の時間と努力が必要です。会社では業務がたくさんありますので、その水準に至るまでの時間をとれません。そこでほとんどの会社では記帳をアシストしてくれる会計ソフトを利用しています。

会計士は記帳内容をタイムリーに確認する必要があるため、クライアントが導入しているソフトを使いますが、そのソフトのほとんどがwindowsにしか対応していないのです。これは税務申告についても同様で、この点が会計士や税理士がMacを敬遠する理由になっています。

ところが、会計、税務ソフトのMac不対応の問題は最近解決しつつあります。と言うのもMac上でWindowsを動かせるソフトが開発されていてその能力が向上し、Mac上でもWindowsにしか対応していないソフトを問題なく動かせるようになっているからです。会計ソフトの開発元はMacでの動作保証をしていませんが、私が使う限り問題は発生していません。トラブルが起きるときはWindowsPCでも起きるわけですから、過度に怖がる必要もないと割り切っています。

スキル向上にも役立つMacでの仕事

最初は物珍しさとイメージで使い始めたMacですが、それ以外にも利点がありました。

PCを開くのが楽しい

これは長年Windowsを使い続けてきた反動です。仕事の重さと相まってWindowsの起動画面を見ると、いつの間にか気分が一段落ちるようになっていました。
Macにはそのようなイメージはついていませんから仕事を始めるときの気分が違います。キータッチの感触と音も軽快で気持ちいいので仕事ではあるのですが楽しい要素が含まれているのです。”お仕事”のイメージから離れられるのは毎日の仕事への意欲にも関わりますので私にとっては大きな利点です。

PCに触る時間が増えてスキルが向上する

これは先述の内容とも深く関わるのですが、Macは触るのが楽しいので、使う時間も自然と長くなります。そうするとExcelや会計ソフトに関する知識が増えて操作技術も高くなっていくのです。WindowsPCを使用していた頃はPCスキルをどうやって習得すれば良いかに頭を悩ましていましたが、一つは苦手意識が邪魔をしてPCに触れる時間が短かったことが原因だったと感じています(それ以前に何をすれば良いかの方向性が全く分からなかったのが最大の原因だったのですが)。Macを使うことでPCとの関わり方が深くなりました。

自分で考えるのでPCやソフトについて深く理解できる

Macを使っていてもExcelなどのWindows専用ソフトから離れるわけではありません。Mac上でも以前と同じように使っているわけですが、それでも全く同じというわけではなく課題もみつかります。Macで使えないショートカットや入力方法などでところどころ思い通りに行かないことが出てくるのです。

それが自分で考える機会になります。ネットも調べますし知り合いから話をきいたりして、色々な方法をどんどん試していきます。試行錯誤が続くうちにMacやWindowsのことが感覚的に分かってきますし、解決方法も思いつくようになってきます。

一見無駄に見える試行錯誤ですが自分が身をもって体験しながら獲得した知識は、他の困っている人にも教えられるくらいに深いものになっているので、その後のPCとの関わり方に良い影響を与えるのです。

まとめ

Macとの出会いは偶然でしたが、今では仕事に欠かせないものになっています。道具に影響されてスキルや知識が磨かれることがあることを学びましたで、新しいものを試す柔軟性を常に持っていたいと思います。
<おまけ>
誕生日のプレゼントでいただいた岡山の桃とブドウがおいしいです。
自分で買うのは大変なのでしっかりと味わいたいと思います。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする