タスク管理を見直しました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログの更新を日課にしていますが、昨日はその危機でした。最近は夜、更新することが多かったのですが、書いている途中に仕事が入ってアップするのがギリギリになったのです。もっと真剣にタスク管理すべきだったと反省しています。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

習慣と油断で夜更新に

当初は朝更新することが多かったのですが、1日の最後にその日のまとめとしてブログを書くという流れができあがってきていました。日中の活動を通じて書きたいことが集まりますし、時間の経過とともに考えがまとまるので効率は良く短時間で書き上げられるという自信もあったのです。でも、昨日は電話とメールが立て続けに入ったことによってそのリズムが崩れました。朝書いていたときは気づきませんでしたが、他の方が活動していない時間に活動することの利点に遅ればせながら気づくことになりました。

Night view

タスク管理を見直す

ブログを書くのはそれなりに時間と集中力が必要です。それを確保するためにタスク管理を見直すことにしました。今回の経験を通じて見つかった問題点を洗い出します。

1.優柔不断

「何について書くか」を決めるのに時間がかかっていました。一定の質が保てていて、書くことに意義を感じることしか書かないと決めています。その条件を満たしているかどうかを考えるとどの内容もイマイチに思えてきて決断するまでに時間がかかっていたのです。でもどんな内容でも100%条件を満たすものはないのですから、その日書きたいと思う候補の中から一番興味のあるものに決めたら後は迷わないという潔さが必要です。今日の内容は昨日のアップ後すぐに決めました。こういう時はラクなんですけどね。

Undicideable

2.予測力の欠如

今まで自分の都合だけでタスク管理をしていましたが、外部の環境を十分に把握できていなかったと感じています。今回のように突然連絡があることもありますし、自分以外の方とチームで仕事をする時は他の参加者の仕事の進み具合に影響を受けることもあるはずです。タスク管理も自分では決められない要素を想定して、そこに振り回されないような工夫をしながら行わなければなりません。早朝にタスクを設定して外部からの影響を受けない時間に集中してこなすことや、通信手段を切断してからタスクをスタートさせるなど他にもやれることはあると思っています。

3.ルーティーンが確立されていない

ブログを書く手順が行き当たりばったりになっていました。書いていくうちに気づくことも多々ありますし、感情の変化があって内容を当初の方向性から変更したいと思うこともあります。今まではそれを優先させて書いていましたが、それをやりすぎるとはなかなか書き上げることができません。書き上げるまでの流れを作って、その流れを守った上で変更すべき所を変更するというやり方が必要です。一通り流れをおさえると、
①書きたいことを決める
②それを伝えるために必要な資料や材料を集める
③伝わりやすいように構成を考える
④全体を見直して文章の流れがイメージできることを確認
⑤書き始める
こんな感じでしょうか。最低限やることがはっきりしていると、変更があっても立て直しがしやすいと感じました。次にすることがすぐ分かりますからね。

Mountain trail

4.効率が悪い

ブログを書く経験が不足していますからまだ無駄な動きが多いです。推敲の多さやタイミングの悪さ、画像の選択やサイズが適切でないこと、体裁を整えるのが下手、など。文章作成の力や、ブログ運営の技術が上げられればもっともっと質の高いものが早くできると思っています。今後も継続した研究とスキルアップが必要です。

まとめ

恥をさらすようで情けないのですが良い反省の機会になりました。今後、すこしでも良い内容をお届けできるように精進します。
<おまけ>
今日は1時間くらいで書き上げました。迷いがないというのは効率化につながることを、今、実感しています。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする