研修とプロとしてのスキル 研修は必要ですが時間&お金との費用対効果を無視すべきではありません

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

公認会計士の資格は一度取ってしまえばそのまま維持できるものではありません。その専門性とスキルを維持向上させるため、毎年公認会計士協会が指定する研修を受講し、一定の単位を取得することが法律上義務化されています(条件を満たせば免除される制度もあります)。監査法人に在籍していた頃も研修環境は充実していましたので研修に抵抗はありませんが、独立してからは考え方に変化が生まれました。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

研修は時間とお金と引き替え 規模の小さい事務所ほど負担は大きくなる

監査法人や事業会社にいる頃の研修は法人や会社が受講料を払ってくれていました。研修に出席している時間も就業時間として扱われますのである意味安心して研修に出席できていたのです。普段の仕事とは違う環境に身を置いて、知識を吸収できるのは気分転換にもなり嫌いではありませんでした。

その一方で、研修を受ける姿勢は積極的ではなかったと思います。「指定されているから」「必須だから」と言う理由で出席した研修も多く興味をもてずに、形だけ出席して1日が終わったということもあります。それでも、「普段の仕事から離れられる上に、仕事としてもカウントしてくれるのだからまぁいいか」と気にしていませんでした。

ところが、独立してからはその感覚が大きく変わりました。当然のことですが、研修に出席するということは自分の抱えている仕事ができなくなります。代わりにその仕事をやってくれる人もいないので完全に業務が止まるわけです。

研修の費用は当然自費で、1度の研修で5,000円以上かかることもあるのです。また、研修の日程も様々で半日のケースや丸1日のこともありますし、場合によっては丸1日を3日間などということもあります。お金を自分で支払った上に業務を完全に止めてまで出席する研修です。その意味合いは決して小さくはないと感じるようになりました。

それだけのコストを支払う価値があるものだけを受けたい

専門性を維持向上させるため、プロとしての仕事をクライアントに提供するため、会計・税務の業界の信頼を確保するために研修が必要なのは完全に同意します。同時に、先述の通り研修に出席することの負担は規模の小さい事務所ほど大いのもまた事実です。ですので、受講する研修は目的を達成できるだけの価値があるものにしなければならないと感じています。目的と言うのは第一はクライアントに対して質の高いサービスを提供することであり、それを通じて業界全体の信頼へつなげることです。

クライアントに対して質の高いサービスになり得るのは、その会計士や税理士が提供しているサービスの分野についての知識やスキルですから、それに該当する研修を徹底的に吟味して選択しなければいけません。また、習ったことをサービス提供できるまでに高めるためには、高い集中力で受講する必要があります。そのためには丸1日座学の研修を受けるようなスタイルは無理があります。どうでしょう、集中力が維持できるのは1つの内容についてせいぜい2〜3時間が限度ではないでしょうか。従って、研修のスタイルも短い時間で終わるものや時間を選べるものに絞って選択したいところです。

このように、①目的を明確にすること、②クライアントへ提供するサービスに関わること、③短時間で完結するスタイル、など何となく受けていた研修にも拘るべき条件があることに気づくようになりました。
これは独立してからお金と時間に対する考え方が変わってきたことが原因です。環境が変わると考えも変化してきます。

e-learningならコワーキングスペースか自習室で

上の条件を満たす研修の方法としてe-learningがあります。ですが、これを手放しで推奨することはできません。特に自宅でe-learningを受けようとするとすぐに気が散ったり、疲れて返ってきてからだと眠くなったりして内容を消化できない可能性が高いからです。

それでも、時間を選ばない、たくさんの選択肢が用意できる、リアルの研修の運営の手間を考えると配信する側も管理が容易、などメリットが多くあります。実際にe-learningは存在していますので、これを使わないのはもったいないですし、せっかくやるのなら無駄にすべきではありません。

ですので、一つの方法として自宅ではなくコワーキングスペースや自習室で受講するのがいいでしょう。人の目があって気が散ることもありませんし、自分のペースでありながら集中して受講できる。気になる箇所を調べて場合によってはその場でサービス提供に繋がるような加工をしつつ受講することも可能です。

とにかく受講するなら絶対に時間もお金も無駄にしないという姿勢で臨みたいところです。

まとめ

会社にお勤めの方も研修を受けられることは多いと思います。気分転換や普段会わない方と顔を合わせる機会として利用されるのも素晴らしいことです。
ですが、もし、将来の独立や転職を考えていらっしゃる場合はその研修を少しだけ将来に役立てられるように工夫するのも、準備の方法として有効です。選択できる範囲で結構ですのでご自身に役立つ機会にしていただければと思います。
<おまけ>
昼間でも足下が寒くなってきましたね。
そろそろ素足でいるのが厳しくなってきました。もうすぐヒートテックの季節なんですね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする