MacBook Pro RetinaディスプレイモデルとBraviaをHDMI接続してデュアルディスプレイに 最適化が簡単で作業効率は大幅にアップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

テレビをほとんど見なくなってから、うちのBRAVIA(SONY)はデュアルディスプレイ用のモニターに変わりました。おかげでPCでの作業効率は向上。今では事務所に欠かせないツールになりましたが設定はとても簡単です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

必要なのはHDMI変換ケーブルだけ MacBook Pro Retinaディスプレイモデルをデュアルディスプレイにする

MacBook Pro Retinaディスプレイモデルをデュアルディスプレイにするのは簡単です。HDMI接続ができるモニターが前提になりますが、最近のTVはHDMI接続できるものがほとんどですから、ご家庭にあるTVのほとんどで可能です。用意するのはHDMI変換ケーブルだけ。MacのMini displayport(MacBook Proにある小さなポート)とHDMI接続に対応しているのがHDMI変換ケーブルです。

Miniport

うちではこちらのケーブルをamazonから購入。今のところ問題なく使えています。

Cable

HDMI変換ケーブルを購入すれば後はつなぐだけです。

TV
(TV側)

MacBook Pro側には少し注意が必要です。MacBook ProでUSBポートを使用している場合、すぐ隣のMini displayportを使うと画像が頻繁に乱れました。そこでひとつ飛ばしたMini displayportに接続を変更すると画像が安定しました。
すべてのケースで当てはまるわけではないと思いますが、同じような症状が出た場合は試してみて下さい。

MacBook Proでの設定

先述の通りHDMI変換ケーブルでつないで、TV側のチャンネルをHDMIにすればデュアルディスプレイになります。なりますが、最初はこのような画面になるはずです。

Mirror

全く同じ映像が2つ出てきているだけです。これでは2つディスプレイを使う意味がありません。PCの画面を拡大するように使うには設定が必要です。

Display

MacBook Proの左上にあるAppleマークをクリックしてドロップダウンを表示し「システム環境設定」をクリック。「ディスプレイ」のアイコンをクリックして「配置」タブを選ぶと次のような画面に。

Display

画面下部に「ディスプレイをミラーリング」の項目があるので、チェックを外します。PCの画面を拡大して使えるようになりました。

Dual

解像度の調整不要 モニターの右、左もドラッグ&ドロップで設定可能

通常、デュアルディスプレイにする場合、モニターの大きさは異なりますので解像度の調整が必要になりますが、MacBook Pro RetinaディスプレイモデルではPCで勝手に調整してくれるので特別な調整は不要です。

また、モニターの位置関係、たとえば「右にPC、左にTV」が実際の配置なのに、PC上では逆の設定になっていても、「システム環境設定」→「ディスプレイ」→「配置」の画面でディスプレイの画面をドラッグ&ドロップで反対に配置すれば直すことができます。
Dual1

まとめ

PCで2つの画面を見比べながら仕事をするケースはよくあります(マスターデータを見ながら入力するなど)。その際にいちいち切り替える必要のないデュアルディスプレイは作業効率を高めます。さらに、難しい設定を必要としないMacBook Pro Retinaディスプレイモデルならなおさらです。
安くて性能の良いディスプレイもありますし、ご自宅のTVを使うこともできます。デュアルディスプレイを採用して普段のPC作業を快適にしましょう。
<おまけ>
台風の接近が懸念されます。くれぐれも無理なさいませんように。天気予報を細目にチェックされて安全第一で行動して下さいね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする