「あれ、愛媛FCが上がってきたぞ?」 J1昇格プレーオフ圏内に挑む愛媛FCが、アウェイで京都サンガF.C.と対戦しました 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛FCに全く興味のない大多数の皆さん、そして、数少ない愛媛FCファンのみなさん、こんにちは。11月に入り日本のプロサッカーリーグ「Jリーグ」も終盤戦を迎えています。J1リーグは残り1試合、J2リーグは2試合になっちゃいました。私が応援する愛媛FCはJ2リーグに所属していますが、まさかまさかの連続で「J1昇格プレーオフ争い」に加わっています。非力な愛媛FCの冒険は、どうなっちゃうの?

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

愛媛FC、結構頑張ってます

Jリーグ2部のJ2リーグには22クラブが所属しています。 
この22クラブが、ホーム&アウェイ(相手のホームでの試合)総当たりの合計42試合を行って、獲得した勝ち点で順位を争います。 
(勝ち点は、「勝ち:3」「引き分け:1」「負け:0」です)


J2リーグはJ1リーグの1つ下のカテゴリーですから、J2リーグでの成績によってJ1リーグへの昇格クラブが決まります。

スクリーンショット 2015 11 08 12 21 48


J2からJ1への昇格には2つのパターンがあります。 
1つは、J2のリーグ戦順位1位か2位に入ること。

もう一つは、J2のリーグ戦で3位から6位に入って昇格プレーオフを勝ち抜くことです。


昇格プレーオフは4クラブ(リーグ戦で3位から6位のクラブ)のトーナメント戦で、その勝者をJ1昇格クラブとする仕組みです。

スクリーンショット 2015 11 08 12 39 39

このようにして争われるJ1昇格の争いなんですが、私が応援している愛媛FCもJ2に所属していて、J1昇格プレーオフ争いに加わっているんです!


といっても興味のない方には「あ、そう」と言われてしまいそうですが、愛媛FCは、冒頭にも書いたとおり非力なクラブなんです。


身も蓋もないのですが、サッカーって選手に支払えるお金が多い方が勝つと言われています(データでも証明されています)。


つまり、「人件費の予算が大きい方が強い」ということなのですが、愛媛FCの人件費予算はJ2の22クラブ中19番目。 
ハッキリ言ってJ2最低レベル、残留だって簡単ではないような規模なんですよね(書いてて切なくなるなぁ)。


そんな愛媛FCがJ1昇格を争っているのですから、まぁ「おとぎ話」のようなもので「楽しまなきゃソン!」という感じです。


とは言っても、愛媛FCについて以前にこんな記事を書いていて、


愛媛FCの順位は8位で「J1昇格プレーオフ圏内は難しそうだよ」という内容でした。


これを書いたのが2週間前ですが、そこから愛媛FCは2連勝して、再度、J1昇格プレーオフ圏内に入ってきて、ちょっとだけ可能性が高くなりました。


で、今日が第40節、京都サンガ戦。 
アウェイで”激弱”の愛媛FC(アウェイに限定すると6勝3分10敗でなんと19位!)ですが、ここで何かの偶然ででも勝てれば相当大きい。


そして、プレーオフ圏内の「6位以内」を争っている、7位東京ヴェルディと8位ジェフユナイテッド千葉の直接対決もあり、今日のJ2は激アツだったのです。

J2第40節の結果は

J1昇格プレーオフ圏内を争うクラブの今日のゲーム、どうなったかと言うと…、

京都サンガF.C. vs 愛媛FC

スクリーンショット 2015 11 08 14 57 02
(出典:jleague.jp)


愛媛勝ったー!!!


途中交代で入った白井康介選手のゴールで見事勝利! 
超苦手のアウェイで勝ち点3を積み上げました(どうした? 何があった??)。


後半に入ってから、特に守備の出足が良くて、ゲームの流れを引き寄せられたのが良かったですね。 
点を取った白井選手、そして、白井選手のローン(レンタル移籍)をOKしてくれた湘南ベルマーレのみなさん、ありがとうございます!!


これで愛媛FCの勝ち点は62。 
残りはアウェイのアビスパ福岡戦、ホームの徳島ヴォルティス戦の2試合になりました。


愛媛FCは一安心ですが、気になるプレーオフ圏内を争うライバルクラブはどうだったのでしょうか。

ジュビロ磐田 vs V・ファーレン長崎

愛媛FCを勝ち点差2で追いかけているV・ファーレン長崎は、2位のジュビロ磐田との対戦でした。

スクリーンショット 2015 11 08 15 42 31
(出典:jleague.jp)


V・ファーレン長崎、ジュビロ磐田に敗戦です。
長崎、全然悪くなかったのですが、試合巧者のジュビロに「してやられた」感じです。


力負けしたわけでもありませんし、お互いの特徴が出た良いゲームだったのですが、小さな隙を逃さず得点に結びつけることができたジュビロ磐田の”したたかさ”にやられました。


これで V・ファーレン長崎の勝ち点は57のまま、愛媛FCとの勝ち点差は5。

そして、長崎は強豪との対戦が続いていて、

スクリーンショット 2015 11 08 16 15 24


次はセレッソ大阪との対戦です。 
ホームの試合でもありますし、プレーオフに進出すれば対戦する可能性のある相手ですから、気合いの入ったゲームになりそうです。

ジェフユナイテッド千葉 vs 東京ヴェルディ

7位東京ヴェルディ(勝ち点57)、8位ジェフユナイテッド千葉(勝ち点54)のプレーオフ圏内を争うクラブ同士の対決は、

スクリーンショット 2015 11 08 16 22 52
(出典:jleague.jp)

ジェフユナイテッド千葉が勝利しました。 


どちらのクラブからもプレーオフ進出に対する執念が感じられる素晴らしいゲームで、積極的にゴールを奪おうとする姿勢が見られましたが、ゴールは前半10分の森本選手が上げた1点だけで決着しました。


意地と意地とのぶつかり合いで、試合の至る所で激しいバトルが繰り広げられていたのが印象的です。 
こう言った選手達のガッツが見られるのが、リーグ戦終盤の醍醐味ですね。


この結果、千葉が勝ち点を3積み上げて、東京ヴェルディは勝ち点57のままになりました。 

で、順位と勝ち点はどうなった?

今日の試合で順位はこうなりました。

スクリーンショット 2015 11 08 21 18 19
(出典:jleague.jp)


愛媛FCなんと5位をキープ! 
しかも6位のクラブとの勝ち点差が5に開きましたー。


そして、プレーオフ圏内争いはさらに混戦!。
今のところジェフユナイテッド千葉が6位ですが、 V・ファーレン長崎、東京ヴェルディも勝ち点57で並んでいて、どうなるか全く分かりません。


愛媛も3連勝ですが、ここから連敗してしまえばプレーオフには残れないでしょうし、9位のコンサドーレ札幌も勝ち点54で可能性を残しています。


このプレーオフ圏内の争い、いったいどうなる?

まとめ

愛媛FC、見事京都サンガF.C.に勝利して勝ち点を62に伸ばしました。 
これでプレーオフがちょっと見えてきましたよ(まだちょっと信じられないけど(笑))。

おまけ

ケガで長期離脱している岡崎建哉選手が京都戦に来ていました。 
1日も早く快復してプレーする姿が見たい。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする