迫られると、買いたくなくなります

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページ制作の見積もりを2社にお願いして出してもらいました。どちらも丁寧に対応していただいて気持ちよかったのですが、実際に契約するかどうかを検討するとき、お願いしたくなったのは「押さない会社」でした。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

見積もりを依頼する

HP制作の見積もり依頼はお客様の創業支援が主な目的です。予算の中にHP制作費用が含まれていますのでその金額が妥当であることの確認、金融機関向けの予算の根拠資料にすること、HP制作の相場の把握、等の事情で2社にお願いして取り寄せました。
電話で問い合わせた際に、会社紹介のHPで最低限の内容に抑えることを条件としてお聞きしましたが、概ね40万円程度が目安になるというお話でした。この金額については両社とも同じ見解で他のHP制作会社の見積もり例でも大きなぶれはありません。ここからオプションをつけることで差が出てくるのでしょう。

丁寧な対応でしたが、印象には差がありました

期限が迫っていたので依頼は電話で行いました。2社とも丁寧に事情を聞いて下さり、見積もり依頼も気持ちよく引き受けてくださいました。電話の後はメールでやりとりしましたが、ここからの印象は両者で違ってきます。

最初に依頼した会社はこちらから詳しい依頼内容をメールで送付した後、見積書の返信まで途中経過の連絡はありませんでした。まず、送信したメールが正しく受信されたかどうかが分かりません。仮に受信されていたとして、誰が担当しているのか、見積もり依頼がいつ頃送られてくるのか等の情報がなく、期限が迫っていたこともあり不安になりました。ただ、スケジュールについては期限を明確に伝えていなかったことが原因です。私の落ち度であり反省しました。

一方で、2社目には詳細確認のメール送信の際、依頼内容に加え期限が迫っていることと今週中を目処にしていることを明確に伝えました。送信後、自動返信メールが届き受信を確認。さらに、直接会社からメールがあり、担当者の紹介とスケジュールを教えてもらいました。メールの受信確認、担当者、スケジュール、この3つがあると依頼者側はかなり安心します。依頼が伝わっているのが分かること、責任の所在が明確で誰に問い合わせれば良いかが分かること、仕上がりのタイミングを見込んで今後の予定が立てられること、など連絡後の過程が見えてその後のスケジュールが立てられるのが理由です。

その後、先に依頼した会社からは翌日、後から依頼した会社からはその日のうちに見積書が届きました。内容はもちろんしっかりしたもので満足しました。

先を見て決断を促すか、ただ立ち去るか

見積書はどちらもメールで届きました。依頼した後のやりとりによる印象の違いがありましたが、この最後のメールでも大きな違いがありました。

まず、最初に依頼した会社からのメールには見積もりに加えて制作を前提にしたヒアリングのアポイントメントを依頼されました。話を具体的に進めて行けば、正式に依頼する方向へ気持ちが動くだろうという考えでしょう。一方で後から依頼した会社は見積書が完成したので送付します、という内容確認の文章だけが添えられていました。見積もりを一つの完結した業務として捉えているのでしょう。そこからどうするかはクライアント次第でまた別の段階にあるという考えです。

人によるかもしれませんが、私ならお願いするなら後者だと思いました。意思決定を他者に誘導されたり、決断を急かされたりするのが嫌いで、その気配を感じた時点で交渉自体を打ち切ります。相手にとっては小さな事かもしれませんがこちらにとっては大きな意思決定ですから、その意思決定の重大さに対する感覚を共有できないなら、そこから先に話を進めても齟齬が出てくるのは明らかだからです。後者の会社はクライアントの立場に立とうとする姿勢が見えて信頼関係を築きやすそうだという推測が成り立ちます。

ただ、この点については後者の会社は上手な仕掛けをしています。最初のメールフォームからの問い合わせの中で、HP制作について社内での意思決定の段階を聞いているのです。制作するかどうかも決まっていないのか、制作は決定しているが候補を複数挙げて検討しているのか、制作も依頼先も決まっているが念のために他にも問い合わせているのか、などクライアントの状況を先に聞き出してそれに応じた対応ができるようになっています。この仕掛けも含めてクライアントの立場を尊重するという感覚を持っている所に感心しました。

このような工夫や感覚はどんな業種にも必要なことです。大いに勉強になりましたし、自分の事務所にも取り入れてよりよいサービス提供に努めようと思いました。

まとめ

依頼する側でなければ見えないこともたくさんありますね。
今回もたくさんの事を学ぶことができました。
<おまけ>
事務所の照明が暗くなっていたので蛍光灯を取り替えました。
明るさが全然違って気持ち良く仕事ができます。快適です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする