フェス前日の準備

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏フェスシーズンも終盤戦です。今週か来週の週末に参戦して夏休み終了という方もいらっしゃるのではないでしょうか。存分にフェスを楽しむためにフェス前日にやっておくべきことをまとめます。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

天気予報をチェック

フェス前日は情報を確認するところから始めましょう。
まずは現地の天気予報です。ここはしっかりと確認して下さい。できれば時間毎の天候と気温の変化を確認します。この情報を元にして当日の動き、服装、入退場時間を最終的に決めていきます。

朝から1日晴天が予想されている場合には、日焼けと熱中症対策、曇りや雨の予報なら防寒、防雨対策にウェイトを置いて準備を進めます。
天気予報によって大きな方向性(日焼け・熱中症対策or防寒・防雨対策)が決まりますので当日の動きの判断がしやすくなります。
その基礎となる情報として天気予報をチェックするのです。

交通機関のチェック

不順な天候が続いていますので悪天候によるダイヤの乱れが頻繁に起きています。当日利用する交通機関が順調に運行されるかを天気予報のチェックとともに確かめながら、場合によっては予定を早めて移動するなどの対策を考えます。

リストを確認しながらパッキング

前日になってあれこれ持って行くものを考えるのは止めましょう。余計な考えが不安を生んで疲れますし、時間がかかって寝るのが遅くなります。それまでに考えていた持ち物リストがあるはずです。それを元にして漏れなく荷造りできれば十分です。

お金の準備

前日の準備中に、「あれ、お金があまりない…」ということもよくあります。「朝、下ろせばいいや」と思いますが、もし近くにコンビニがあるようなら前日のうちに下ろしておきましょう。
当日の朝は寝坊しやすいですし、仲間との連絡に時間をとられたりして余裕がなかったりします。タフな状況におかれることも多いフェスではお金が身を助けてくれることは多いです。ぎりぎりで乗り切ろうと思わないで少し多めに用意して余ればラッキーくらいの気持ちで持って行って下さい。
もちろん、セキュリティには気をつけて。お金は常に身につけておくように首から提げる形の軽めの財布を使うなどして落としたり取られたりしないようにしましょう。

自分だけのタイムテーブルを組む

その時の気分で見たい物を決めると言うのもアリですが、1日の流れを意識しておくために自分なりのタイムテーブルを作っておくのがおすすめです。見たいアーティストが重なることもありますので、その迷いを断ち切るためにも事前に決めておいた方が楽です。

Time bable
(Alexandros,Keytalk,ホルモン,シカオ。厳しいですが誰かを選ばなければ)

まず、プログラムから見たいアーティストを選びます。次にエリアマップを見ながら本当に全て見られるかどうかを確認して下さい。
決してご自身の体力を過信しないように。最低でも1つ見たら次は休む。もし連続してみたいものがあれば、そのあとゆっくり休憩を取り(1時間くらい)、水分を補給しながら日陰で休むなどのリズムは守るようにしましょう。

また、ステージ間で距離があるフェスの場合は移動はできれば1往復程度にとどめたいところです。頻繁に移動を繰り返すようなスケジュールは体力の消耗が激しすぎます。このようなルールの下で現実的なタイムテーブルを作っておきましょう。
当日これに従って行動します。特に疲れてくる後半は判断が鈍りますのでオリジナルタイムテーブルが役立ちます。

グッズ購入の方針も事前に決めておく

フェスのグッズを買おうと思っている方で特に、フェスのオリジナルTシャツやタオルマフラーを買って身につけてから回りたいと思っている方は、開場と同時に入場してグッズ売り場に並ぶようにして下さい。グッズ売り場は売り切れのリスクをおそれた人たちが入場直後から長い列を作って順番待ちしています。後ですいてから買おうと思いますがこの列がなかなか無くなりません。
しかもグッズ売り場がステージから離れていることも多く、ライブの時間が迫って焦る、でもグッズは買いたいというジレンマにおそわれることも。確実にグッズを手に入れるためには開場と同時に入場すること。それができないなら、ステージを中心にスケジュールを組んでグッズは諦めるくらいの割り切りがあった方が良いと思います(「そろそろすいてるかな」と様子を見に行くとステージに戻るまでに体力を消耗します)。
このグッズ問題はかなり悩ましいので最初から決めておきましょう。あってもいいですけど無くても何も困らないですからね。

体調を整える

最後はなんと言っても体調です。しっかりと睡眠を取って明日に備えます。翌朝の起床時間は絶対ですのでそこだけは失敗がないように。
わくわくする気持ちは分かりますが、好きなアーティストの曲を聞いてしまうと興奮して眠れなくなりますからやめておきましょう。翌朝現地に向かうときに、遠慮せず好きな曲だけをガンガン聞けば良いですからね。

まとめ

フェス前日は、現地の天気、当日の動き、体調管理、に気をつけて準備をしましょう。とにかく現地で楽しめるように悔いの無い準備を!
<おまけ>
豪雨による土砂崩れで大きな被害が出ています。
土砂災害警戒情報に注意して慎重な判断をなさってください。
くれぐれも安全第一で。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする