聞かずに終われない! 夏フェスを追いかける

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ梅雨が明けました。音楽好きはカウントダウンしながらその日を待っていることでしょう。夏の到来とともに夏フェスシーズン開幕です。今年は例年よりチケットに余裕がある印象。今からでも間に合いますフェスを追いかけてみましょう!

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

トップバッターはフジロック 今週末スタート!

Fujirock

「待ちきれなさすぎて今すぐにでも出かけたい」というせっかちな方には今週末から新潟県苗場スキー場で開催されるフジロックフェスティバルを。チケットは25、26、27日全て残っていますので好きな日程で参戦できます。今年の目玉はやはりJack Johnsonでしょう。ハワイ生まれでサーファーとしてプロ契約までしていた彼の音楽は、穏やかな波に揺られているような心地よさで時間がゆったり流れます。贅沢な気がしますがお行儀よく座ってではなくて寝転がって聞くのが理想的。はやくも夏バテ気味の方にはぜひ

邦楽好きだけどDJプレイもアイドルも聞きたいという欲張りな方には、ROCK IN JAPAN!

Rij

今年は8月2、3、9、10日の2週にわたって4日間開催されるRock in Japan。毎年早々にチケットがソールドアウトするのですが、日程が影響したのか従来から開催されている前半の2、3日分は完売したものの9、10日には余裕があります。ラインナップは豪華ですので今からでもひたちなか行きのチケットをとってもらいたいです。
注目は前田敦子…ではなく(前田さんは10日に出演されますが)Orange Range。今年は単独ツアーがくまれていて夏フェス出演はこのRock in Japanのみ。以前フェスで見たことがあるのですが、やはりみんなが知っている曲があるアーティストはライブに強いです。お客さんの反応がとにかく良い。パフォーマンスもそれに引っ張られるようにどんどん上がり、いつの間にか遠くから見ていた人たちまでステージに引きよせます。特にファンでない方でも楽しめますので一見の価値ありです。
それ以外にもご当地アイドルが勢ぞろいする企画があったり普段は担当していないアーティストがDJをやったりと、多様な楽しみ方ができるのがRock in Japanの魅力です。音楽に詳しくなくても楽しめますよ。

音楽とともに朝日を眺めたいという、ワイルド&ナチュラルな方はRISING SUN ROCK FESTIVALへ

「石狩湾で朝日を見ないか」と言うと誤解されそうですがこれはれっきとしたフェスへの誘い文句です。北海道小樽市の石狩湾新港樽川埠頭にできる特設ステージで夜通し音楽で盛り上がるRISING SUN ROCK FESTIVAL。

Risingsun

大規模な邦楽フェスですが前出のRock in Japanが多様なアーティストが出演するのに対してよりロック系のアーティストを多くそろえているのがRISING SUNの特徴です。

ですが、今年の注目は何と言っても山下達郎。メディアへの露出がほとんどなく実物を見る機会はほとんどないのではないでしょうか。夏とヤマタツ…。シュールすぎて合うのかどうか分かりませんが、答えを求めて北海道へ向かってみるのもいいでしょう。チケットは余裕がありますし各地からのオフィシャルツアーも用意されています。スケジュールに余裕のある方はぜひ。

おいしいところをまるっといただき!話題のアーティストに会いたい人はWILD BUNCH FESTへ

今年が2回目のWILD BUNCH FEST。

Wildbunch

2012年まで開催されていたsetstockの後継フェスとして立ち上がったWILD BUNCH FESTですが、今年は出演者が豪華過ぎます。まだチケットが余っているのが不思議なくらいで、穴場フェス度No.1間違いなしです。

キュウソネコカミ、10−FEET、ストレイテナー、Dragon Ash,Fear, and Loathing in Las Vegas,KANA-BOON,SHISHAMO,マキシマムザホルモン、在日ファンク、the telephones…。まだ斉藤和義もユニコーンもSuperflyもレキシもザ・クロマニオヨンズもいる。まだまだいる。いつ休めばいいんだくらいの充実ぶりです。

実はこのフェスには近くでさらに同じ日程で開催されているライバルフェスがあるのですが、そのライバルフェスを上手に利用してラインナップを組んでいるのです。香川県で開催されるMonsterbashがそれにあたるのですが、実は2日間の日程で両方のフェスの出演アーティストが概ね入れ替わるように出演するのです。サマーソニックが東京と大阪で出演者がほぼそっくり入れ替わるのと同じことを、別のフェス同士でやってしまったのがこのWILD BUNCH FESTとMonsterbash。地方のフェスが共存共栄で生き残って行くための妙案だと思います。日程がかぶっても2つのフェスが力を合わせて交渉すればかなり良い条件でオファーできますしアーティストも近場のフェスならスケジュールが組みやすいですからね。

せっかくの豪華ラインナップですから多くの方に見ていただきたい。私もWILD BUNCH FESTには参戦予定です。参戦者の皆さん現地で盛り上がりましょうね。

夏は絶対に終わらせない 行く夏に抗うようなチャレンジャーはRUSH BALLへ!

夏フェスシーズンのフィナーレを飾るのが8月31日に大阪泉大津で開催されるRUSH BALL。

Rushball

夏休みの最後の最後ということで宿題を早く終わらせて参戦したいところ。料金も安いですしアクセスもいいので参戦しやすいです。サカナクションやストレイテナーなどの人気実力ともにトップクラスのライブバンドが出ますし、クロージングアクトがゲスの極み乙女。なのも注目ですね。台風に見舞われることも多いRUSH BALL、今年は快晴を期待しましょう。

まとめ

夏はあっという間に終わります。
思いついたら参戦しましょう。本当に楽しいですよ!
<おまけ>
WILD BUNCH FEST以外のどれに参戦するか迷っています。
この迷っている間もフェスの楽しみの一つですね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする