住基カードで身分証明  私と同じ助手席専門の方の身分証明に役立つ住基カード。交付は即日でも可能です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

住民票の交付、金融機関での口座開設、携帯電話の契約、荷物の受け取り、お酒の購入、など。日常でも身分証明書の提示が求められる場合がよくあります。多くの方が使われるのが運転免許証ですが、私のようにそれを持っていない方にはどのようなもので代替すれば良いのでしょうか。一つの方法として住基カードがあります。顔写真付きの身分証明書として貴重な存在です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

住基カードの役割

住基カード、正式には住民基本台帳カード。住民基本台帳は住民票に記載されている内容を世帯毎にまとめたデータベースのことで、住民票とほぼ同義と考えて間違いありません。この住民基本台帳の内容が記録されたICカードが住民基本台帳カードです。
住民基本台帳が住民票をまとめたデータベース全体、住民基本台帳カードは個人の住民票データをカードに記録したものと考えてもらえれば良いと思います。住民票データが記録された住基カードですが、様々な役割が期待されています。

行政事務の効率化

住民基本台帳カード、の最大の目的は行政事務の効率化にあります。
住民票を電子データ化して(住民基本台帳)、自治体間で共有できるようにネットワーク化して(住民基本台帳ネットワーク)、個人の認証を電子データで行う(住民基本台帳カード)ことで行政事務を電子データに統一して処理。紙+手作業による非効率解消と自治体間でのデータ共有により行政事務の効率化を図ることができます

身分証明書

住民票≒住民基本台帳≒住民基本台帳カード、ですから公的な身分証明書として利用することも前提にして作られています。
住民票と異なるのは写真付きの住基カードが作れることで、写真が着くことによって証明力の高い身分証明書として利用可能です。

ただ、身分証明書として利用するには注意が必要です。それは本人確認書類として採用するかどうかを最終的に判断するのは事業者に委ねられている点。先述した郵便の受け取りについては日本郵便が本人確認書類として住基カードを認めているから利用できるというだけで、すべてのケースで当てはまるわけではありません。
たとえば、ソフトバンクモバイルなどは本人確認書類として住基カードを認めていませんので、別の書類を用意する必要があります。

電子証明書によるe-taxの利用

あまり馴染みのない方もいらっしゃるかと思いますが、e-taxを利用するための電子証明書の取得が住基カードで可能になります。
e-taxはオンラインで税務申告等を行える仕組みで、厳格な本人確認が必要となります。その本人確認に利用されるのが電子証明書で、住基カードのICチップの中に収められるものです。そのため住基カードの取得と同時に申請することにより電子証明書も取得することができます。

税理士として申告業務を行う際にはe-taxを利用していますので住基カードと電子証明書は不可欠なアイテムです。私の場合、住基カード取得の最大の目的は、このe-taxを利用に必要となる電子証明書を取得することにありました。

次に、具体的な住基カード交付手続きを見ていきましょう。

住基カード交付手続

住基カードはお住まいのある市区町村で発行されます。どこの自治体でも概ね手続きは同じだと考えられますが、確実に交付を受けるために詳細についてはお住まいの市区町村でご確認下さい。ここでは私が手続きをした墨田区を例にご説明します。

準備するもの

1.本人確認書類
住基カードの交付申請には、本人確認書類が必要です。墨田区の場合はICチップありの運転免許証なら1点でOKですが、ICチップなしの運転免許証、パスポート、障害者手帳の場合他に健康保険証等も提示する必要があります。
この本人確認書類は自治体で異なりますので、事前にご確認下さい。

2.暗証番号
住基カードには本人確認を目的とした数字4桁の暗証番号が必要となります。他人に推測されない番号を考えておいて下さい。

3.発行手数料
墨田区の場合は住基カード¥500、電子証明書¥500です。別々に手数料が必要ですのでご注意下さい。

4.写真
墨田区の場合は縦4.5cm×横3.5cmです。脱帽、背景なし、プリクラ不可、など条件はありますが運転免許証と違って自分の好きな写真が使えます。せっかく身分証明として提示する者ですのでお気に入りのものを用意するといいでしょう。

以上を用意したら市区町村の担当窓口へでかけます。
ただし、受付時間は通常の開館時間に限られますのでご注意下さい。

交付手続

市区町村の窓口で住基カード交付を依頼する旨を伝えて下さい。担当の方が「住民基本台帳カード 交付申請書」を渡してくれますので必要事項を記載します。
記入内容は住所、氏名、生年月日、性別、電話番号など、基本的なことだけですが、ここで注意するべき点が2点あります。

1点目は、希望するカードの様式の記入です。身分証明を目的とする場合は必ず顔写真付きにする必要があるので「顔写真あり 様式B」を選ぶようにしましょう。「顔写真なし 様式A」は記載事項が少なく写真もないので身分証明書として利用できる範囲がせまくなってしまうのです。

2点目は、電子証明書が必要な場合は「電子証明書」の項目がありますので、「電子証明書 あり」をチェックして下さい。別に電子証明書用の申請書を用意している市区町村もあるようですので、その際は、電子証明書も申請する旨を伝え、申請書を受け取って記入するようにして下さい。

なお、「住民基本台帳カード 交付申請書」には住民票コードの記入欄があります。これは、おわかりにならない方が多いと思いますが、分からなくても受理してくれますので、安心して空欄で出しましょう。

記入が終了したら「住民基本台帳カード 交付申請書」とともに身分証明書、写真、の3点(「電子証明書 交付申請書」が別にある場合は4点)をまとめて窓口に提示します。
墨田区の場合は、パスポート等の身分証明書があれば即日で発行してくれますので出来上がりを待ちます。時間がない場合は後日受け取ることもできますので受け取りのための手続きをなさって下さい。

混み合ってなければ約30分でできあがります。しばらく時間がありますので外に出て用事を済ませるのも良いでしょう。私はランに出かけました。墨田区役所の周りは観光スポットが多くあったのです。

30分後に区役所に帰ってくると住基カードができあがっています。窓口に呼ばれると、できあがった住基カードを見せてもらいながら、注意事項の説明をうけます。その際、ICカードに登録される本人確認のため暗証番号を決めます。住基カードをICカードリーダライタに乗せてご自身の決めた4桁の暗証番号をテンキーを使って入力。暗証番号や紛失時の扱い等の説明を受けて住基カードの交付は完了です。

Reader writer
(ICカードリーダライタです。画像はNTTコミュニケーションズのもの)

つづいて電子証明書の取得手続きです。

電子証明書を取得します

電子証明書は住基カードのICチップに格納されています。必要な手続きは簡単で、電子証明書用の暗証番号を設定すれば完了です。
墨田区の場合は窓口ではなく電子証明書発行のブースがあり、そこに設置されてあるPCとICカードリーダライタを使って自分の手で入力します。

方法は簡単で、ICカードリーダライタに住基カードを乗せ、PCがカードを認識したら暗証番号登録の項目をタップ(画面に表示されます)。自治体が決めているデフォルトの暗証番号をまず入力して、認証を確認。つぎに自分が決めた暗証番号(4〜16文字の英字と数字の組み合わせ)を入力。再度確認のために暗証番号の入力が求められるので同じ番号を入力して、一致が確認できれば暗証番号の入力は終了です。

その後、窓口の方で正しく暗証番号が入力されていることを確認(具体的な番号が表示されることはありません。エラーがないことを確認するだけです)。電子証明書の利用上の注意事項の説明を受けて交付手続きは終了です。住基カードの交付手数料¥500、電子証明書の交付手数料¥500の計¥1,000を支払って手続きは完了。無事、住基カード(電子証明書付き)を受け取って帰ることができました。

区役所に入ってから所要時間は約1時間。電子証明書がなければもう少し早く終わると思いますが、お勤めの方が昼休みの間に終わらせることは難しいですね。現実的には交付申請をして、後日受け取る形になるでしょう。

まとめ

運転免許証のない方にとって身分証明書を何にするかは切実な問題です。顔写真付きの住基カードは身分証明に使える範囲が広く携帯性も高いため、選択肢の一つになり得るでしょう。
<おまけ>
クラブ(音楽の方の)でも身分証明書の提示が求められますが、パスポートを持って行く必要がなくなったので楽になりました。パスポートの場合、ポケットに入れていると結構気になって動きにくいのが難点だったんですよね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする