実務で使えるWord入門セミナー フッターのページ番号の書式を設定します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

論文や長めの報告書をWordで作成する時は、ページ番号をつけておくと便利です。ページ番号は「フッター」と呼ばれる、文書とは別のセクションで設定します。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

ページ番号は、内容の説明・文書の整理で便利

1枚で収まる文書の場合は関係ありませんが、複数のページの文書をWordで作成する場合は、ページ番号をつけるようにしましょう。


ページ番号があると、その文書を使って説明する際に、


「3ページの5行目をご覧下さい」


のように、注目してもらいたい箇所を端的に指摘することができるので、余計な時間をとられることがなく、リズムよく説明を続けることができます。


また、文書を多数の方に配布するような場合、1式の文書が漏れなく揃っているかを確認する際にも、ページ番号が役に立ちます。


文書の内容が分かっている本人ならまだしも、中身を知らない方が、文書をそろえるときは、ページ番号がないと、漏れがないかを確認することができません。


ですので、Wordで作成する文書が複数ページにわたる場合には、ページ番号をつけるようにしましょう。


ページ番号は、文書の下端の枠外にある「フッター」で設定します。

フッターの役割

フッターは、Word文書の下端の枠外にカーソルを合わせて、ダブルクリックすると、

スクリーンショット 2015 06 25 12 36 10


編集画面が開いて、編集できるようになります。 
(ヘッダーの編集画面も同時に開きます)

スクリーンショット 2015 06 25 12 39 10


ヘッダーとフッターは、本文とは異なるセクションで、 
ヘッダーは文書の冒頭に配置して、「見出し」を付けたり、 
フッターは文書の末尾に配置されて、「ページ番号」や「作成者」を入力したりします。


ヘッダーとフッターを設定しておけば、文書のページが増えるごとに、いちいち書き加えなくても、 
たとえば、フッターのページ番号なら、1度、編集画面設定しておけば自動で採番して入力してくれるので、文書作成の効率化に役立ちます。

フッターにページ番号を入力する

実際にフッターにページ番号を入力してみましょう。 

ページ番号を入力する

ページ番号を入力します。


文書の下端枠外でダブルクリックすると、「ヘッダー/フッター ツール」タブが開くので、 
「ページ番号」をクリックして、リストから「ページ下部」を選び、好みのスタイルの番号を選んでクリックします。

スクリーンショット 2015 06 25 13 37 12


すると、

スクリーンショット 2015 06 25 13 39 56


ページ番号を表示させることができます。 
これで、ページごとに自動的に採番されて、ページ番号が付されることになります。

ページ番号の位置を決める

最初に表示させた位置でOKならそれでいいのですが、


「もう少し右側に寄せたい」
「もう少し下げたい」


など、ページ番号の位置を調整したい場合があります。


その場合には、「インデント」と「タブ」を使うと便利です。


画面上部にある「ルーラー」の上側に、ホームベースのような形をしたものがあります。

スクリーンショット 2015 06 25 13 45 00


これは、「インデントマーカー」と呼ばれるものですが、文字を揃える位置を決める機能を持っています。


「インデントマーカー」はドラッグ&ドロップで移動させることができるので、ページ番号を配置したい場所に移動させます。

スクリーンショット 2015 06 25 13 47 07


今回は右端まで寄せました。


これで、ページ番号をおく位置を決めることができました。


あとは、「ホーム」タブに戻って、右揃えのボタンをクリック。

スクリーンショット 2015 06 25 13 48 34


すると、

スクリーンショット 2015 06 25 13 51 03


右端に寄せたインデントマーカの位置まで、移動させることができました。 
これで、ページ番号が入る位置を決めることができました。


ただし、これは横位置について設定しただけです。 
ページの下端からどれだけ離したところに入れるかも、決めることができます。


タブに「下からのフッター位置」という項目があります。

スクリーンショット 2015 06 25 13 17 01


ここで、ページの下端からの距離を調整することができるので、必要に応じて調整します。


デフォルトのままでも特に問題はないので、このままでもOKです。


これで、ようやく、ページ番号の位置を設定することができました。

ページ番号の書式を変更する

ページ番号のスタイルは後から変更することもできます。


まず、変更したいページ番号をマウスでドラッグして指定。

スクリーンショット 2015 06 25 13 55 47


次に、タブの中にある「ページ番号」を選んで、リストから「ページ番号の書式設定」をクリック。

スクリーンショット 2015 06 25 12 53 05


「ページ番号の書式」画面が開きます。


「番号書式」のリストを開くと、様々なスタイルのページ番号のサンプルが表示されるので、その中から好みのスタイルを選んで、OKをクリック。

スクリーンショット 2015 06 25 13 22 17


すると、

スクリーンショット 2015 06 25 13 57 52


別のスタイルに変更することができました。

ページ番号のオプション  
ページ番号を奇数ページと遇すページで左右に振り分ける

オプションを使うと、ページ番号のスタイルをさらに細かく設定することができます。


奇数ページと偶数ページで、ページ番号の配置を振り分けることもできます。


通常、奇数ページを右、偶数ページを左、にすることが多いのでそれに従って設定してみます。


「ヘッダー/フッター ツール」タブにある、「奇数/偶数ページ別指定」にチェックを入れます。

スクリーンショット 2015 06 25 14 02 49


その後、「ホーム」タブの「段落」にある、「右揃えボタン」をクリック。

スクリーンショット 2015 06 25 14 06 17


さらに、偶数ページに移動してフッターにカーソルを合わせて、 
先述した手順に従ってページ番号を入力。

スクリーンショット 2015 06 25 14 09 45


「ホーム」タブの「段落」にある、「左揃え」ボタンをクリック。

スクリーンショット 2015 06 25 14 13 52


すると、

スクリーンショット 2015 06 25 14 17 24

スクリーンショット 2015 06 25 14 17 40


奇数ページと偶数ページで、ページ番号の配置を変えることもできます。

まとめ

Word文書が複数ページなるときは、ページ番号を付しておくのが便利です。 
フッターから設定することができるので、ご自身の好みのスタイルのページ番号を入力してみましょう。

おまけ

iTunes Matchを使っているのですが、どうしてもアップできないファイルがあって困りました。 
「ファイルの形式を変えればうまく行く」という情報もあるので、いくつかの方法を試して解決しようと思います。 
この辺の問題が解消されると、本当に便利なんですけどね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする