Dropboxの2段階認証の設定を詳しく画像付きで解説

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今朝、Dropboxのアカウント情報が流出したというニュースが入ってきました。
良い機会ですので、Dropboxのセキュリティの強化を考えてみましょう。
2段階認証を設定するのがオススメです。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

Dropboxの2段階認証

Dropboxは、ログイン時にメールアドレスとパスワードを求められます。

メールアドレスもパスワードも、ずっと継続して使われるものですので、その情報が流出してしまうと、他人でも簡単にログインできてしまいます。

それに対して、2段階認証を設定した場合、ログイン時に、メールアドレスとパスワードに加えて、6桁の数字で構成されるセキュリティコードの入力が求められます。

パスワード以外にもう1つカギをかけると考えてもらえればいいのですが、このセキュリティコードは、パスワードよりもずっと強力なカギになってくれるものです。

と言うのも、パスワードは自分で変更しない限り、ずっとおなじパスワードですが、セキュリティコードは、30秒ごとに変化して、ログインの都度違うセキュリティコードを入力することになるからです。

現在考えられる方法としては、最も強力なセキュリティ対策ですので、この機会に2段階認証を設定しておきましょう。

2段階認証の設定①
「テキスト メッセージを使用」のケース

Dropboxで2段階認証を設定する方法は2つあります。
1つは、スマホのSMS機能を使う「テキスト メッセージを使用」する方法と、
もう1つは、「モバイル アプリを使用」する方法です。

「テキスト メッセージを使用」の方が、アプリを使わない分簡単ですが、
1つ注意点があります。

それは、

SMS機能のついたスマホでなければ利用できない

という点です。

docomo、au、SoftBank、等の大手キャリアを利用されている方は問題ありません。

ただ、格安SIMを使っていて、オプションで通話機能を使っているような場合は、
注意して下さい。
契約によってSMS機能が使えない場合があるからです。

もし、SMS機能がない場合は、「モバイル アプリを使用」の方を選ぶようにしましょう。
(「モバイル アプリを使用」についても後で説明します)

ここではまず、より簡単な「テキスト メッセージを使用」する方法から説明します

2段階認証のステータスを有効にする

Dropboxにログインしたら、画面右上のユーザー名の右にある「▼」をクリックしてリストを開き、リストから「設定」をクリック。

スクリーンショット 2016 09 02 9 11 03

設定画面が開くので「セキュリティ」タブをクリックして、

スクリーンショット 2016 09 02 9 18 34

「2段階認証」の「ステータス」にある「クリックして有効にする」をクリックします。

次の画面に移るので、スタートをクリック。

スクリーンショット 2016 09 02 9 38 55

「2段階認証」の設定がスタートします。

パスワードを入力

パスワードの入力が求められるので、パスワードを入力します。

スクリーンショット 2016 09 02 9 40 04

セキュリティ コードの受信方法の選択で
「テキスト メッセージを使用」をチェック

セキュリティコードの受信方法を選びます。

テキスト メッセージを使用

・モバイル アプリを使用

の2種類がありますので、「テキスト メッセージを使用」にチェックを入れて、画面右下「次へ」をクリックします。

スクリーンショット 2016 09 02 9 50 38

スマートフォンの電話番号を入力

セキュリティコードを受信するための電話番号を入力します。
入力が終わったら、画面右下「次へ」をクリック。

スクリーンショット 2016 09 02 9 50 54

セキュリティコードを入力する

先ほど入力した電話番号にセキュリティコードが送信されるので、
入力画面で入力して、「次へ」をクリック。

スクリーンショット 2016 09 02 9 52 02 のコピー

注)
もし、ここでセキュリティコードが受信できていなければ、SMSの機能が無く、その電話番号でセキュリティコードを受け取ることができないと言うことです。

その場合は、画面左下の「戻る」ボタンをクリックして、
セキュリティ コードをどの方法で受信しますか?」まで戻って、
モバイル アプリを使用」に変更して、手続を進めましょう。

モバイルアプリを使用する場合の設定は、次の「アプリから受け取る方法」をご覧下さい。

予備の電話番号の入力

メインのセキュリティ コードでアクセスできない場合のために、
予備のスマートフォンにコードが送信されるように設定します。

スクリーンショット 2016 09 02 10 27 03

先ほどとは違う番号を入力して、画面右下「次へ」をクリック。

バックアップ コードを記録して、2 段階認証を有効にする

次の画面で「バックアップコード」が表示されます。

スクリーンショット 2016 09 02 10 33 13

「バックアップコード」は、スマホをなくした場合や、セキュリティ コードが受信・生成ができない場合に、緊急にdropboxへアクセスする場合に使うものです。

非常に大切なものなので、必ずメモして保管しておきましょう。

「バックアップコード」をメモしたら、画面右下の「2段階認証を有効」をクリックします。

2 段階認証の設定完了のメールを受信

設定が正しく完了すると、メールが届きます。

スクリーンショット 2016 09 02 12 20 32

これで2段階認証は完了です。

2段階認証の設定②
「モバイル アプリを使用」のケース

次に、「セキュリティ コードの受信方法の選択」で「モバイル アプリを使用」を選んだ場合の設定方法を説明します。

Dropbox 対応アプリをダウンロードする

設定を始める前に、Dropbox 対応アプリをダウンロードします。
Dropbox対応アプリは、

・Google Authenticator(Android/iPhone/BlackBerry)

・Duo Mobile(Android/iPhone)

・Amazon AWS MFA(Android)

・Authenticator(Windows Phone 7)

の4種類ありますが、ここでは「Google Authenticator」を使うことにします。

AppstoreかGoogle playeで「Google Authenticator」を検索して、

IMG 9417  1

表示されたら、画面右上の「入手」をタップしてダウンロードします。

ダウンロードしたら、Dropboxに戻って2段階認証の設定を始めます。

2段階認証のステータスを有効にする

Dropboxにログインしたら、画面右上のユーザー名の右にある「▼」をクリックしてリストを開き、リストから「設定」をクリック。

スクリーンショット 2016 09 02 9 11 03

設定画面が開くので「セキュリティ」タブをクリックして、

スクリーンショット 2016 09 02 9 18 34

「2段階認証」の「ステータス」にある「クリックして有効にする」をクリックします。

次の画面に移るので、スタートをクリック。

スクリーンショット 2016 09 02 9 38 55

「2段階認証」の設定がスタートします。

パスワードを入力

パスワードの入力が求められるので、パスワードを入力します。

スクリーンショット 2016 09 02 9 40 04

セキュリティ コードの受信方法の選択で
「テキスト メッセージを使用」をチェック

セキュリティコードの受信方法を選びます。

・テキスト メッセージを使用

モバイル アプリを使用

の2種類がありますので、「モバイル アプリを使用」にチェックを入れて、画面右下「次へ」をクリックします。

スクリーンショット 2016 09 02 11 08 52

QRコードをアプリ(「Google Authenticator」)で読み込む

QRコードが表示されるので、

スクリーンショット 2016 09 02 11 36 27

ダウンロードした「Google Authenticator」を開いて、

IMG 9420

「設定を開始」をタップすると、

IMG 9419

「バーコードをスキャン」と「手動入力」が表示されるので、
「バーコードをスキャン」をタップ。

IMG 9421

カメラでQRコードを読み取ると、

IMG 9422

セキュリティコードが表示されます。

IMG 9425

Dropboxに戻って、画面右下の「次へ」をクリック。

スクリーンショット 2016 09 02 11 36 27 のコピー

セキュリティコードを入力する

「Google Authenticator」に表示されたセキュリティコードを入力します。

スクリーンショット 2016 09 02 12 11 38

予備の携帯番号の入力

セキュリティ コードにアクセスできない場合に、予備のスマホにコードが送信されるので、受信用のスマホの電話番号を入力します。

スクリーンショット 2016 09 02 12 13 04

入力が終わったら「次へ」をクリック。

バックアップ コードを記録して、2 段階認証を有効にする

次の画面で「バックアップコード」が表示されます。

スクリーンショット 2016 09 02 10 33 13

「バックアップコード」は、スマホをなくした場合や、セキュリティ コードが受信・生成ができない場合に、緊急にdropboxへアクセスする場合に使うものです。

非常に大切なものなので、必ずメモして保管しておきましょう。

「バックアップコード」をメモしたら、画面右下の「2段階認証を有効」をクリックします。

2 段階認証の設定完了のメールを受信

設定が正しく完了すると、メールが届きます。

スクリーンショット 2016 09 02 12 20 32

これで2段階認証は完了です。

2段階認証でのログイン

2段階認証を設定すると、Dropboxにログインするときに、
パスワードセキュリティコードが求められるようになります。

ログイン画面で、Googleアカウント、あるいはメールアドレス&パスワードを入力してログインすると、

スクリーンショット 2016 09 02 12 36 04

セキュリティコードの入力が求められるので、「Google Authenticator」を開いてセキュリティコードを確認して、

IMG 9425

セキュリティコードを入力すると、

スクリーンショット 2016 09 02 12 37 05

ログインできます。

スクリーンショット 2016 09 02 12 57 26

まとめ

Dropboxのセキュリティを強化するためには、2段階認証を設定しておくのがオススメです。

おまけ

Dropboxは仕事でも使っているので、タカジムでも2段階認証を設定しています。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする