実務で使えるExcel入門セミナー ヘッダー・フッターを印刷する方法です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Excelでは、ヘッダーやフッターに文書のタイトルやページ数を入力することができますが、
入力した内容は印刷することも可能です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

ヘッダー、フッターへの入力

ヘッダー、フッターへの入力は、「ページレイアウト」タブから行います。

「ページレイアウト」タブにある「ページ設定」の右下にある「↘」をクリック。

スクリーンショット 2016 03 31 7 39 32

「ページ設定」画面が開くので、「ヘッダーの編集」、もしくは「フッターの編集」を
クリック。

スクリーンショット 2016 03 31 7 41 46

ヘッダーもしくはフッターを編集できる状態になるので、必要事項を入力します。

スクリーンショット 2016 03 31 7 47 41

(ここでは、フッターにページ数を入力しています)


入力が終わったら「OK」ボタンをクリックして完了です。

例としてページ数を入力しましたが、それ以外にもタイトルや作成した日付・時刻、
画像、文字など自由に入力できます。

スクリーンショット 2016 03 31 8 03 26

ヘッダー、フッターの印刷

ヘッダー、フッターを含めてExcelシートを印刷する方法ですが、
特に操作の必要はありません。

ヘッダー、フッターを入力しているシートを印刷すれば、
ヘッダー、フッターを含めて印刷してくれます

つまり、ヘッダー、フッターを入力しているシート上で、
「Ctrl+P」のショートカットを使って「印刷」画面を開いて、


スクリーンショット 2016 03 31 8 07 13


「印刷」ボタンをクリックすれば、


スクリーンショット 2016 03 31 8 13 22

ヘッダー、フッターも印刷されます。

ヘッダー、フッターを削除して印刷する

先述の通り、普通に印刷すればヘッダー、フッターが印刷されるますので、

実務では、「ヘッダー、フッターを除いて印刷する方法」を知っておくことの方が、
有用です。

やり方は簡単ですので、覚えておきましょう。

「ページレイアウト」タブにある「ページ設定」の右下にある「↘」をクリックして、

スクリーンショット 2016 03 31 7 39 32

「ページ設定」画面を開き、「ヘッダー/フッター」タブに移ります。

スクリーンショット 2016 03 31 8 23 05

「ヘッダー(A):」「フッター(F):」があるので、
右端の「∨」ボタンをクリックしてリストを開き、


スクリーンショット 2016 03 31 8 23 18


(指定しない)を選択して「OK」ボタンクリックすると、
ヘッダー、フッターは未入力の状態になります。

この状態で印刷すれば、ヘッダー、フッターを削除した状態で、
印刷することができます。

まとめ

Excelシートをそのまま印刷するだけで、ヘッダー、フッターも印刷することができます。
むしろ、ヘッダー、フッターを削除して印刷する方法を知っておく方が有用です。

おまけ

決算に関するお問い合わせが集中して、昨日の午後はいつもより慌ただしくなり反省。
今日からはもう少し余裕を持ったスケジュールにします。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする