MacのOS「El Capitan」にコッソリ搭載されていた”Split View” オフィスで使うならデュアル・ディスプレイの方がオススメ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

PCでの仕事中、2つのアプリを開いて両方の画面を見ながら作業したい場合があります。2つの画面の大きさを手動で調整すれば可能ですが、それをMAC上で”簡単”かつ”きれい”にやってくれるのが、”Split View”です。Windowsではおなじみのこの機能も、MACでは最新のOS「El Capitan」でようやく搭載されていたと言うことで(「El Capitan」はとっくにリリースされてたのに知らなかった(恥))試してみることにしました。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

Windowsではおなじみ、「ウインドウを左右に並べる」がMACではなかったみたい

Windowsで複数のアプリを開いているとき、それをきれいに並べて同時に見たい場合は、


タスクバーで右クリックすると、リストが表示されるので、

スクリーンショット 2015 12 07 11 49 07

・「ウインドウを上下に並べて表示」

・「ウインドウを左右に並べて表示」

のどちらかを選ぶと、

スクリーンショット 2015 12 07 11 51 45
(ここでは「ウインドウを左右に並べて表示」を選択)

開いているウインドウ3つがきれいに並びます。


これ、Windowsではおなじみの機能だと思うのですが、MACではどうやら最近までなかったようなのです(細かいMACの機能の歴史については調べていません、スミマセン)

それが最新のOS「El Capitan」ではじめて搭載されたと言うことで、試すことにしました。
その名も”Split View(そのままやないか!)

Split Viewの開き方

”Split View”の開き方は色々あるようなのですが、最も簡単なやり方だけを説明します(と言うより、この方法でしか上手くできなかったんですよね(汗))

まず、同時に表示させたいアプリを開いておきます。

次に、表示させたいどちらかのアプリの画面で、左上にある緑のボタン(フルスクリーン表示)を長押し(クリックしたままの状態に)。

スクリーンショット 2015 12 07 12 05 38

すると、

スクリーンショット 2015 12 07 12 13 58


起動中のアプリが表示されるので、その中から同時に表示させたいアプリをクリック

スクリーンショット 2015 12 07 12 20 41


これで、2つのアプリを並べて表示させることができました。

Split Viewの使い方

”Split View”で2つの画面を表示させることができれば、

片方の画面でGoogle Chrome、片方の画面でEVERNOTEなどのメモ系のアプリを起動させておくと、

スクリーンショット 2015 12 07 12 25 54

ネット上の情報を見ながら、メモしたりする作業が非常にやりやすくなりますし、

私はブログを書くのに「Marsedit」というアプリを使っているのですが、
ブログで使う画像は、画像ファイル「Marsedit」にドラッグ&ドロップするだけでを貼り付けることができるので、
「Marsedit」と、画像を保存しているフォルダとを同時に表示させておくと、

スクリーンショット 2015 12 07 12 27 50

貼り付ける画像と、貼り付け先の両方が見えるので、狙いを定めやすく、
ドラッグ&ドロップがより簡単になります。


このように、2つのアプリを見ながらの作業が、アプリ同士の切り替えをせずに行えるのは、作業効率が上がるだけでなく、ストレスを軽減することもできるので非常に便利です。

”Split View”は出先での作業用 オフィスでは”デュアルディスプレイ”がオススメ

2つのアプリを同時に表示できるようになった”Split View”は、便利な機能ですが、もし、オフィスにディスプレイがあるなら、>”Split View”よりもデュアルディスプレイの方がよりオススメです。

デュアルディスプレイもSplit Viewも機能としては同じ。
ただし、画面の大きさが全然違います。

Split Viewは、1つの画面を2つのアプリで分け合うのに対して、
デュアルディスプレイは、フルスクリーンの画面2つで作業することができます。

たとえば、Google ChromeとEvernoteを開いて作業する場合でも、デュアルディスプレイの方がGoogle Chromeの画面を表示する範囲が広いので、

Split Viewなら必要だったスクロールをすることなく、作業を続けることができます。

また、作業内容をチェックするときも、画面が大きい方が間違いに気づきやすいですし、メリットが多いのです。

ということで、”Split View”はデュアルディスプレイが使えない、出先での作業などで使って、オフィスなどでデュアルディスプレイが使えるならデュアルディスプレイを優先して使うというのがオススメです。

(MACでデュアルディスプレイを使う方法はこちらで説明しています)

まとめ

MACの”Split View”を使えば、簡単かつきれいに2つのアプリを並べて表示させることができます。
ただし、デュアルディスプレイが使えるなら、作業効率はデュアルディスプレイの方が優れているので、デュアルディスプレイを優先させるのがオススメです。

おまけ

アビスパ福岡を応援するみなさん、FC町田ゼルビアを応援するみなさん、
昇格おめでとうございます!
厳しい昇格争いを最後まで戦った、みなさんに👏(うらやましいぞ!!)

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする