実務で使えるWord入門セミナー 縦書きの文書で”数字”だけ横書きにする方法です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wordでは、縦書きの文書を作成することもできます。
設定によって縦書きを選びますが、その中でも「数字だけ横書きにする」
といった柔軟な使い方も可能です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

Wordで縦書きの文書を作成する

Wordで文書を作成する場合は、横書きがほとんどだと思います。
ただ、場合によっては縦書きが必要になることも。

たとえば、例示に古典の作品を引用する場合。

スクリーンショット 2016 02 09 9 57 48

内容だけ考えれば横書きでも良さそうですが、
できるだけ原典に忠実に抜き出すことを考えると、縦書きの方が相応しいです。

”横書き”から”縦書き”への変更は簡単です。

縦書きにしたいページにカーソルを合わせて、


スクリーンショット 2016 02 09 9 57 48 のコピー


「ページレイアウト」タブの右下にある「↘」をクリック。


スクリーンショット 2016 02 09 10 03 53

「ページ設定」画面が開くので、
「文字方向」で「縦書き」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリック。


スクリーンショット 2016 02 09 10 09 39

すると、


スクリーンショット 2016 02 09 10 12 11


縦書きに変更することができました。

縦書きの文書で”数字”だけ横書きにする

古典の引用などの場合は、「横書き」を「縦書き」に変えるだけで
十分ですが、アラビア数字が使われている時には、数字だけ
横書きにしたい場合もあります。

次のような文書を作成する場合。

スクリーンショット 2016 02 09 10 16 46


縦書きの文書としては間違いではないかも知れませんが、
さすがにこのままでは見にくいです。

このような場合、Wordでは数字だけ横書きにすることができます。

まず、横書きにしたい箇所をドラッグ(クリックした状態で引っ張る)して範囲指定します。

スクリーンショット 2016 02 09 10 22 36

「ホーム」タブにある「拡張書式」のボタンをクリックすると
リストが表示されるので、「縦中横」をクリック。

スクリーンショット 2016 02 09 10 24 32

プレビューが表示されるので、「行の幅に合わせる」に
チェックが入っていることを確認して、「OK」ボタンをクリック。


スクリーンショット 2016 02 09 10 30 42

すると、


スクリーンショット 2016 02 09 10 33 11


縦書きの文書の中で”数字”だけが横書きになりました。

まとめ

「拡張書式」の「縦中横」を使うと、縦書きの文書の中で
一部分を横書きにすることができます。

おまけ

新しいお客様用にカスタマイズした、確定申告用のExcelで不具合が。
減価償却の計算部分でエラーが出たのですが、コピーした
データが文字列になっていたのが原因でした。
すぐに修正できたので良かったけど、エラー表示が出るとちょっと焦りますね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする