住信SBIネット銀行の「スマート認証」をインストール ちょっとしたトラップをかいくぐって、ネットバンキングのセキュリティを強化しましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットバンクの中でも、メリットが大きくユーザーからの評価が高い住信SBIネット銀行。既に口座は開設していたのですが、今後積極的に利用することになりそうなので、銀行が用意しているセキュリティシステム「スマート認証」を導入することにしました。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

メリットの多い住信SBIネット銀行

普段のお金の出し入れは、ほとんどをネットバンキングで行っています。


馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんが、ネットバンクのサービスを知ると、そのメリットの大きさに気づいて「コレを使わないのはもったいない」と思われるかもしれません。


そんなネットバンクの中でも、高く評価されるのが住信SBIネット銀行。 
住信SBIネット銀行は三井住友信託銀行とSBIホールディングス(元はソフトバンクグループですが現在は独立)が出資するネット専業銀行です。


住信SBIネット銀行には、非常に分かりやすいメリットが4つあります。

1.ATMの手数料が無料

まずは、ATMの手数料ですが、無料です


「ネット専業銀行なのにATM?」と疑問を持たれる方もいらっしゃると思いますが、住信SBIネット銀行はセブン銀行、イオン銀行と提携していて、セブンイレブンとイオンの店舗にあるATMを使えるのです。


しかも、それが曜日や時間を問わず、無料で出し入れできるのですから、手数料を惜しんで、平日の昼休みに数少ない大手銀行のATMに並ぶ煩わしさを考えると、非常に大きなメリットです。


なお、提携銀行は、他にもゆうちょ銀行、ローソンATMなどがありますが、こちらは、月に5回までが無料。6回目からは108円の手数料がかかります。

2.振込手数料が安い

次に振込手数料です。


日常生活の中でも、家賃、習い事の授業料、オークションの決済などで、銀行振込を利用されることがあると思います。


その際の手数料ですが、他行宛てが月3回まで無料。 
4回目以降も、1件あたり154円と、非常に安いのです。


大手行の他行宛てATM振込手数料は、3万円未満が270円、3万円以上が432円といった水準であるのと比較すると、その安さがお分かりいただけると思います。


300円、400円、でも取引が重なるときついですし、毎月累積していく負担を考えると、結構なボリュームになりますから、この点でも大きなメリットがあります。


なお、住信SBIネット銀行の口座間の振込は、他行と同様に無料です。

3.金利が高い

普通預金の金利が、他の銀行に比べて大きく異なります。


参考までに、三菱東京UFJ銀行の金利を見ておくと、

スクリーンショット 2015 04 25 20 34 22


0.02%。ほとんどないに等しいですね(泣)。 
もちろん、三井住友、みずほ、も同じ金利です。


一方、住信SBIネット銀行は、

スクリーンショット 2015 04 25 20 40 25


0.08%で、メガバンクの4倍になっています。


ただし、通常の普通預金口座だけでは、他行と同じ0.02%。


SBIグループの証券会社「SBI証券」にも口座を作り、それと、住信SBIネット銀行の普通預金口座を連動させることで、普通預金がSBIハイブリッド預金に変わるのですが、


そのSBIハイブリッド預金の金利が、0.08%なのです。


「全く株もやらないのに、証券会社に口座を作るのなんて、面倒だし、気持ち悪いなぁ」


と思われるかもしれませんが、手続はネットからできて簡単ですし(文書でのやりとりも1度必要なのですが、申し込みはネットで可能です)、口座を開いても放っておけばいいだけなので、金利のメリットを考えれば使わない手はありません。 
もちろん、口座の維持費用も無料です。


銀行は、証券会社と組んで、金融商品取引の手数料でも儲けようと考えて、証券会社の口座開設にメリットを持たせているわけですが、私たちは、自分たちのスタイルを貫きつつ、そのメリットだけを享受すればいいのです。

4.キャンペーンが多い

キャンペーンが多くあるのも特長です。


住信SBIネット銀行のHPには、キャンペーン専用のページが設けられていて、

スクリーンショット 2015 04 25 20 40 01
(出典:住信SBIネット銀行HP)


その時期に利用できるキャンペーンが掲載されています。


たとえば、この後扱う「スマート認証」というセキュリティシステムがあるのですが、その登録をしただけで、抽選で500円がプレゼントされる、と言った分かりやすい企画がたくさんあるのです。


「普通に使っているだけで得をする」というのが色々あるのがポイントですね。


このように、メリットが多くある住信SBIネット銀行ですが、口座を開設して、取引が始まったら、セキュリティも気になるところ。


次は、住信SBIネット銀行で用意されているセキュリティシステム「スマート認証」の導入について見ていきましょう。

「スマート認証」の導入  トラップに注意です

ネットバンキングを躊躇する理由の一つに、「セキュリティのリスク」を挙げられる方もいらっしゃると思います。


各銀行、様々な対策をしていますが住信SBIネット銀行では、「スマート認証」と言うシステムで、対応しています。


通常、ネットバンキングは、取引の際に、パスワードや個人に配布された乱数表の数字を入力させることで、本人確認を行い、不正な取引を防ぐようにしています。


「スマート認証」では、同じように、パスワードや乱数表の数字の入力を要求するのですが、それと同時に、取引内容をスマートフォンにも通知して、その取引が自分で行った取引であることを確認するという、2段階での本人確認を行うことで、セキュリティの強化を図っているのです。


つまり、

スクリーンショット 2015 04 25 22 07 17


この2段階で本人確認を行うということです。


ですので、この「スマート認証」は、ネットだけで完結するわけではなく、スマートフォンにもアプリをインストールして、登録する必要があります。


導入は難しくはないのですが、ちょっとしたトラップがありますので、その点に注意して進めていく必要があります。 
順番に見ていきましょう。

1.住信SBIネット銀行のHPから 
   「スマート認証」の登録画面に入る

まず、住信SBIネット銀行のHPへアクセスします。 
画面上部に「商品サービス一覧」があるので、クリック。

スクリーンショット 2015 04 25 22 21 39


画面をスクロールして、下の方を表示すると「セキュリティ」があるので、その中から「スマート認証」をクリック。

スクリーンショット 2015 04 25 22 22 14


「スマート認証」のページが開くので、下にスクロールすると「スマート認証の登録を開始する」のボタンがあるのでクリック。 
ここからは、ご自身のページへのログインが必要なので、ここでログインもしておきます。

スクリーンショット 2015 04 25 22 26 56

2.規定への同意とパスワードの入力

登録画面に入ったら、サービス規定への同意、

スクリーンショット 2015 04 25 10 46 04


口座開設時に決めた「WEB取引パスワード」と個別に配布された「認証番号表」の数字を入力すると、

スクリーンショット 2015 04 25 10 46 19


QRコードが表示されます。

スクリーンショット 2015 04 25 10 47 31


次は、このQRコードをスマートフォンで読み取るのですが、読み取りには、専用のアプリが必要です


スマートフォンにアプリをダウンロードしましょう。

3.アプリのダウンロード

iPhoneをご利用の方ならApp Store、Androidをご利用の方はGoogle Playから「スマート認証」で検索します。

IMG 3901


すぐに見つかりますので、そのままダウンロードしましょう。

4.QRコードの読み取り

ダウンロードしたアプリをタップして開いてみましょう。 
このような画面になります。

IMG 3890


しばらくして、カメラ画面になる方はOK。 
ただ、いつまでもこの画面のままの方もいらっしゃると思います。


画面をタップしても何の反応もないので、イライラして断念してしまいそうになりますが、ちょっとしたトラップがあるだけですので、諦めずに続けましょう。


実は、この画面のままの方は、設定を変える必要があるのです。


私はiPhoneユーザーなのでiPhoneで説明しますが、設定から「スマート認証」をタップ。

IMG 3902


設定画面に移ると、「カメラ」がOFFになっているはずです。

IMG 3903


ここを右にスライドさせてON(緑の状態)にします。 
これでトラップクリアです。


その後、「スマート認証」のアプリを開くと、カメラ画面に移るので、QRコードを読み取りましょう。


なお、時間が経ちすぎるとQRコードは使えなくなりますが、「QRコード更新」のボタンをクリックすれば、別のQRコードが出てくるので、それを読み取ればOKです。

スクリーンショット 2015 04 25 10 47 31 のコピー


完了まであと少しです。

5.ワンタイムパスワードを送信

QRコードを読み取ると、HPの方でワンタイムパスワードが表示されます。

スクリーンショット 2015 04 25 11 03 27


スマートフォンのアプリの画面が、

IMG 3893


このようになっているので、パスワードを入力して送信します。 
すると、

スクリーンショット 2015 04 25 11 04 22

IMG 3895


HPに登録完了の表示、アプリには利用可能になった画面が表示され、登録は完了です。


登録後は、振込などの取引の際に取引内容がアプリに通知されて、アプリ上で認証しなければ、取引が実行されなくなります。

まとめ

住信SBIネット銀行はメリットの多いネット専業銀行です。 
専用アプリを使ったセキュリティシステムによって、セキュリティも強化されているので、安心して利用することができます。

<おまけ>
ネットバンクは使い始めるまではハードルが高いのですが、使い始めると、他の銀行を使うのをためらうようになりますね。 
ネットバンクの間でもサービスについては微妙に差があるので、ご自身の使い方に合った銀行を選ぶと、より大きなメリットを得られますよ。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする