Google Chromeで開いたページを印刷する  部分印刷には「Print Selection」かスクリーンショットで対応します

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Google Chromeを使っている時、「このページ印刷したい」ということがあると思います。ただ、そんな場合でも、ページ全体が必要ということは少なくて、一部だけで足りることがほとんどのはず。 
Google Chromeで開いたページを、範囲指定して印刷する方法です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

Google Chromeのデフォルトの機能で、部分印刷はムリ

イベントやセミナーなどのチケットの代わりとして、メールの受信画面を印刷した紙を持ってくるように言われることがあります。


「直接、画面見せればいいんじゃないの?」と思うのですが、わざわざ”印刷して”という文言が入っているので、面倒がないように印刷して持って行くことに。


ただ、Google Chromeから印刷しようとすると、

スクリーンショット 2015 06 11 13 27 02


ご覧の通り、余計な箇所が含まれたり、必要な箇所が切れていたりして不都合なことに。 
倍率を変更するなどの調整を試みるも、うまくいきません。


指定範囲を部分印刷するためには、拡張機能からアプリをインストールして対応するしかないようです。


該当するアプリは色々ありますが、操作のしやすさから「Print Selection」をオススメします。

Print Selectionを使って部分印刷します

まずは「Print Selection」をインストールします。

「Print Selection」のインストール


Google Chromeにアプリをインストールするには、「Chrome ウェブストア」のページを開き、該当するアプリを検索で見つけて、インストールするのが一般的ですが、

スクリーンショット 2015 06 11 13 45 38


「Print Selection」は、検索では出てこないので、直接インストールページからインストールすることになります。 
※現在利用できるアプリでも、Chrome ウエブストアの検索では、見つからないものもよくあります


Print Selection インストールページ


ページを開くとこのような画面になるので、

スクリーンショット 2015 06 11 12 58 49


画面右上にある「Chromeに追加」ボタンをクリックすれば、インストールできます。

「Print Selection」の使い方

「Print Selection」を使ってみましょう。


手順は簡単です。


まず、印刷したい箇所をドラッグして反転させます。

スクリーンショット 2015 06 11 13 55 34


右クリックでリストを開くと、

スクリーンショット 2015 06 11 13 57 29


「Print Selection」が表示されるので、クリック。 
印刷画面が開きます。

スクリーンショット 2015 06 11 13 59 08


指定した範囲が、印刷対象になっていますので、印刷ボタンをクリックすれば、指定範囲だけを印刷することができます。


「範囲指定」→「右クリックでPrint Selectionを選ぶ」→「印刷」


のシンプルな流れで範囲指定した箇所の、部分印刷ができるので、便利です。

必要な部分のスクリーンショットを撮って、印刷するのがいいかも

これで、一件落着なのですが、わざわざアプリをインストールしなくても、ページの必要な部分を印刷することができます。


ページの必要な箇所をスクリーンショットで撮り、スクリーンショットの画面を印刷する方法です。


Macなら、「Shift+command+4」で範囲指定のスクリーンショットがとれますし、

スクリーンショット 2015 06 11 14 07 37
(MacBookProの画面から撮ったスクリーンショット)


Windowsでも、少し面倒ですが、「Prt Scr」もしくは「Fn + Prt Scr」で、フルスクリーンのスクリーンショットをとって、「 Snipping Tool」で必要な箇所を切り取って保存すれば、同じ事ができます。


あとは、スクリーンショットのファイルを開いて、Macなら「command+P」、Windowsなら「Ctrl+P」で印刷画面を開いて、印刷すれば、「Print Selection」とおなじ内容を印刷することができます。

スクリーンショット 2015 06 11 14 32 07

Macでスクリーンショットを表示する「プレビュー」からの印刷画面


無闇にアプリをインストールするのも、Google Chromeの動きを悪くする原因になりますので、あまりアプリをインストールしたくない方は、こちらの方法でも十分対応できます。

まとめ

Google Chromeで開いたページを範囲指定印刷するには、「Print Selection」をインストールするか、スクリーンショットを撮って印刷するのがいいでしょう。 
本当は、印刷をやめて、画面表示を見せればOKのところが増えてくれるのが、良いんですけどね。

おまけ

NBAファイナルは、毎試合、最終クォーターの残り数秒まで勝敗が全く分からない(最初の2戦は同点で終了して、延長で決着!)、熱いゲームが続いています。 
熱いゲームなのは良いのですが、試合時間が長すぎて、録画予定時間を越えてしまい、肝心のゲーム終了までの数分が録画できていないという…。 
3時間近く見ていながら、結果をyahoo!で知るのは、さすがにダメージが大き過ぎ。 
スポーツ中継の録画時間、そして、チャンネル変更には、注意しましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする