実務で使えるWord入門セミナー  Word文書内の表の位置を固定する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wordでは、文書内で表を挿入することがよくあります。レイアウトの関係上、表の位置を特定に場所に固定したい場合は、設定を変更することによって可能になります。

スポンサーリンク
google adsense




表は文字の入力によって移動してしまう

Wordで作成する文書では、文書内に表を挿入することがあります。

スクリーンショット 2016 07 08 0 48 00
   (表がきれいにページ内に収まっています)

もちろん、表だけ挿入されて終わりというわけではなく、その前後には言葉による説明が加えられるわけですが、

たとえ、最初の段階で表がきれいに1つのページに収まる形でレイアウトされていても、あとから言葉の説明が加わってしまうと、

スクリーンショット 2016 07 08 0 57 41

このように、表が押し出されて一部が切り離されてしまうことも考えられます。

比較的長めの文書になると、あとから文章の追加や削除が行われて、表のレイアウトが崩れてしまうことがありますので、そのような場合に、表の位置を固定して、切り離されないようにすることができます

表の位置を固定する

Word文書に挿入した表の位置を固定するには、「表のプロパティ」で設定を変更します。
具体的に見ていきましょう。

まず、表の中にカーソルを合わせてクリックすると、「表ツール」が開くので「レイアウト」タブを選んで「表」にある「プロパティ」をクリック。

スクリーンショット 2016 07 08 1 10 46

「表のプロパティ」画面が開くので、「表」タブの「文字の折り返し」の「する」をクリックした後、「位置」をクリック。

スクリーンショット 2016 07 08 1 14 13

「表の位置」画面が開くので「オプション」にある「文字列と一緒に移動する」のチェックを外して、「OK」ボタンをクリック。

スクリーンショット 2016 07 08 1 19 18

これで表の位置を固定することができました。
表の前の位置に、文章を挿入してみます。


スクリーンショット 2016 07 08 1 21 46

すると、

スクリーンショット 2016 07 08 1 29 02

文章に押し出されることなく、表の位置が固定されます。

まとめ

Word文書に表を挿入する際、レイアウトの関係から表の位置を動かしたくない場合は、「表のプロパティ」から「表の位置」画面をを開いて「文字列と一緒に移動する」のチェックを外せば、表の位置を固定できます。

おまけ

NBAの移籍市場はスゴイ!
主力級がガンガン移籍しまくって、どのチームに誰がいて、どんな特徴があるのかなんて、1年経つと全く分からなくなりますね。
(デュラント、ローズ、ウエイド、ハワード、ロンド、ガソル、って、一気に行くなぁ)
ここまで派手に移籍が成立すると、エンターテインメント性も高いです。

実務で使えるExcel入門セミナー
実務で使えるExcel入門セミナー

経理、税務、財務の実務に特化した『実務で使えるExcel入門セミナー』を開催します。
「近日出荷」を運営する高橋良和が公認会計士・税理士として監査、経理、税務の現場で実際に使ってきたExcelスキルを直接お伝えする講座です。

就職・転職で「Excelなら使えます」とアピールしたい
Excelで同僚に差をつけられたくない
実務レベルで使うExcelのテクニックが知りたい

など教科書では学べない実務の現場で"使える"実践的スキルをお伝えします。

【実務で使えるExcel入門セミナー】
基礎編:10時10分〜 詳細はこちら
応用編:14時〜 詳細はこちら
日程:7/15(土),22(土),29(土), 8/5(土),12(土),19(土),26(土)
場所:東京都千代田区セミナールーム

スポンサーリンク
google adsense




google adsense




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!