実務で使えるWord入門セミナー Wordファイルから個人情報を削除する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちが作成するWordファイルには、通常、作成者名などの個人情報が含まれています。デフォルトで保存されている個人情報を知られたくない場合は、これを削除することも可能ですので、適切に管理するようにしましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

Wordファイルに保存されている個人情報

作成したファイルには、ユーザーの個人情報も保存されています。

Wordファイルにカーソルを合わせて、右クリックしてメニューを開き、「プロパティ」をクリック。


スクリーンショット 2016 04 28 23 34 09


「プロパティ」画面が開くので「詳細」タブを見ると、

スクリーンショット 2016 04 28 23 32 46


「作成者」などの個人情報が含まれています。

このように作成者情報などが保存されることは、責任の所在がハッキリするメリットがありますが、一方で、ファイルを広く配布するような場合に、知られたくない個人情報が広まってしまうリスクもあります。

Wordでは、デフォルトで保存されてしまう個人情報」を削除することが可能です。

Wordファイルの個人情報、作業履歴を削除する

Wordファイルに保存されている個人情報は、「ドキュメント検査」から削除することができます。

先ほどの「情報」画面にある「問題のチェック」から「ドキュメント検索」をクリック。


スクリーンショット 2016 04 28 23 17 41


「ドキュメント検査」画面に移るので、「検査」ボタンをクリック。

スクリーンショット 2016 04 28 23 21 25


検査が行われて、検査結果が表示されます。

スクリーンショット 2016 04 28 23 22 54

削除できるものは「削除」のボタンが表示されます。
Wordファイル内に保存したくない情報について、「削除」ボタンをクリック。ここでは、「ドキュメントのプロパティと個人情報」を削除してみます。


削除してしまうと元に戻せなくなるものもありますので、
バックアップを取っておきましょう。

再度、「プロパティ」の「詳細」タブを見てみると、

スクリーンショット 2016 04 28 23 42 14

「作成者」情報が削除されました。

まとめ

Wordファイルには、通常、作成者情報などの個人情報が保存されています。ファイルを配布する場合などで、ファイルから個人情報を削除したいときは、「ドキュメント検査」で検査を実施して外とするものがあるかどうかを確認した後で、削除することができます。

おまけ

自宅のネット回線のスピードが少しだけ改善。
まだ満足できるレベルには到達していないので、何か手を打てないか考えています。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする