実務で使えるWord入門セミナー Word文書に挿入した画像を圧縮する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Word文書では、写真やスクリーンショットなどの画像を挿入することができます。ただ、画像は容量が大きいので、そのまま挿入してしまうとファイルのサイズが大きくなってしまいます。サイズが大きなファイルは扱いづらいので、画像のサイズを圧縮して使いやすくしておきましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

Wordファイルに画像を挿入するのは簡単
ただし、注意が必要です

Wordファイルでは画像を簡単に挿入することができます。
やり方は簡単で、画像を挿入したいファイルを開いて、画像を挿入する箇所にカーソルを移動させます。

スクリーンショット 2016 05 04 21 45 48

「挿入」タブにある「画像」をクリックすると、「図の挿入」画面が開くので、

スクリーンショット 2016 05 04 21 50 04

挿入したい画像を選んで「挿入」ボタンをクリック。
すると、

スクリーンショット 2016 05 04 21 54 19

画像を挿入することができました。
また、より簡単な方法として、画像ファイルをドラッグ(クリックした状態で引っ張る)して、Wordファイル上でドロップ(クリックをやめる)するだけでも同じ事ができます。

画像の挿入はこれで完了しますが、1つ注意しなければいけないことがあります。それは、ファイルのサイズ

先ほど画像を挿入したWordファイルのサイズを見てみると、

スクリーンショット 2016 05 04 22 04 49

604KB。
もし同じ画像をもう1枚挿入したら1MBを越えることになります。
テキストだけのファイルで100KBを越えることはまずありませんから、画像の挿入によっていかにサイズがに大きくなるかが分かると思います。

そして、容量の大きいファイルで面倒なのが、メールでの送受信。サイズの大きいファイルを添付して送信しようとすると、うまく送信できないことがあったり(ファイルが添付されずに本文だけが贈られてしまう)、送信できたとしても受信側の通信環境が悪いと、ファイルのダウンロードに時間がかかったり、上手くダウンロードできなかったりすることがあり、思わぬトラブルを招くことがあります。

ですので、画像をWordファイルに挿入するときは、必要に応じて画像ファイルを圧縮するようにしましょう(ファイルのサイズがそれほど大きくならないときは気にする必要はありません)。

Wordファイルに挿入した画像を圧縮する

挿入した画像は圧縮します。
Wordファイルに挿入した画像をクリックすると、「図ツール」が表示されるので、「書式」タブにある「図の圧縮」をクリック。

スクリーンショット 2016 05 04 22 24 55

「画像の圧縮」画面が開くので「解像度の選択」で「電子メール用」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリック。

スクリーンショット 2016 05 04 22 27 18


これで画像のサイズが圧縮できました。
上書き保存してどの程度ファイルサイズが変わったかを確認してみると、

スクリーンショット 2016 05 04 22 32 04

なんと、89KB。
元のサイズが604KBなので約85%も圧縮できたことになります。
これなら複数の画像を挿入したファイルでも、問題なくメールで送受信することが可能です。

まとめ

Wordファイルに画像を挿入するときは、ファイルのサイズに注意しましょう。
サイズが大きくなったときは「図ツール」を使って画像を圧縮することで、Wordファイルのサイズを小さくすることができます。

おまけ

夏のような日差しですが、空気が乾燥しているので、本当に気持ち良いです。
しばらく晴れの日が続くみたいなので、ランに出かけるのが楽しみ。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする