Gmailのプロフィール写真に表示される名前を変更する方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Gmailを開くと、画面の右上にカウント情報が表示されますが、そこにデカデカと
自分の名前が出てくることがあります。
自分の名前なので別に支障はありませんが、Gmailを開くたびに表示されるのは、
何か恥ずかしい。
ということで、プロフィール写真に表示されてしまう自分の名前を、
表示させないようにしてみます。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

「Google+」のプロフィール写真を変更する

Gmailのプロフィール写真のところに名前が”ドーン”と出てしまうのは、

Mzスクリーンショット 2016 03 28 13 05 11
(こんな感じで)

「Google+」のプロフィール写真が反映されているからなんです。 
(「Google+」は、Facebookのような機能を持つGoogleが運営するSNSです)

Gmailアカウントの作成中、知らないうちに「Google+」のアカウント作成を
勧められるのですが、うっかりOKしてアカウントを作成してしまうと、

Gmailと「Google+」の情報が共有(同期)されてしまって、
「Google+」のアカウント情報が、Gmailの方に飛んでしまうんですね。

スクリーンショット 2016 03 28 9 34 14
(Google+のプロフィール。ここで入力されている情報がGmailでも反映される)

ただ、最初の段階では上の画像のように、「Google+」のプロフィールには、
写真が入っていません。

で、Gmailでプロフィール写真の代わりに何が表示されるかというと、
「Google+」に登録した名前が表示されている、ということです。 
(「Google+」に登録した”姓・名”の”名”の部分が表示されます)


Gmailの表示のことなのに、「Google+」の方で設定しなければいけない
というのは面倒ですが、仕様でそうなっているのでしかたありません。

「Google+」の方で解決してしまいましょう。

「Google+」プロフィール写真が原因であることが分かれば、
プロフィール写真に適当な画像を設定しておくことで、
名前が表示されるのをさけることができます。

ということで、

スクリーンショット 2016 03 28 10 00 18


スクリーンショットで真っ白な画像を撮影して、(Gmailの余白部分を撮っただけです)
これをプロフィール写真に設定してしまいます。


Gmailの画面右上にあるプロフィール写真をクリックすると、次のような画面が情報が開くので、

Mz2スクリーンショット 2016 03 28 12 15 23

「Google+ プロフィール」をクリック。
「Google+」のプロフィール画面が開くので、プロフィール写真の箇所をクリック。

スクリーンショット 2016 03 28 9 34 14 のコピー

プロフィール写真を選択する画面が表示されるので、

スクリーンショット 2016 03 28 10 06 46

先ほど撮影した、白い背景の写真を選択します。


ここで、
「この写真であなただと分かってもらえますか?顔を認識できません。」
と警告が出てきますが、

スクリーンショット 2016 03 28 10 09 47

あなただと分かってもらう必要はないので、気にせず
左下の「プロフィール写真に設定」ボタンをクリックします。

すると、背景が白のプロフィール写真が設定されて、Gmailの方では、

Mzスクリーンショット 2016 03 28 9 15 15

白の背景が表示されるだけで、名前は表示されなくなりました。

「Google+」のアカウントを削除する

「Google+」の情報を反映させない方法として、「Google+」のアカウントを削除する
方法もあります。

そもそも「Google+」を使う予定がなければ、アカウントごと削除してしまっても、
何の問題もありません。

ただし、「Google+」のアカウントを削除した場合、Gmailのプロフィールには
Googleアカウントの情報が反映されることになるので、

Googleアカウントに本名で登録していて、それを表示させたくない場合は、
Googleアカウントの名前の変更が必要にになりますのでご注意下さい。

「Google+」のアカウント削除は、「Google+」の設定から行います。


Gmailの画面右上にあるプロフィール写真をクリックして、
次の画面から、

Mz2スクリーンショット 2016 03 28 12 15 23

「Google+ プロフィール」をクリック。

「Google+」のプロフィール画面になるので、画面左上の「プロフィール」に
カーソルを合わせてリストを開き、

スクリーンショット 2016 03 28 10 27 52

「設定」をクリック。

スクリーンショット 2016 03 28 10 27 18

「設定」画面が開くので、下にスクロールしていくと、一番下に
「Google+ を無効にする」の項目があるので、
「Google+ プロフィールを削除する場合はこちらから。」をクリック。


スクリーンショット 2016 03 28 8 57 49

ログイン画面に移るのでパスワードを入力してログインすると、

Mzスクリーンショット 2016 03 28 10 34 30

次のような画面に移ります。

Mz スクリーンショット 2016 03 28 10 37 39

警告が表示されていますが、「Google+」を使っていない人にとっては、
影響はないので、画面下部にある

「必須: Google+ プロフィールを削除すると後で元に戻すことはできず、
 削除したデータも復元できないことを理解しました。」

のところにチェックを入れて「削除」ボタンをクリックします。

これで、「Google+」のアカウントは削除されました。

※繰り返しになりますが、「Google+」のアカウントを削除した後は、
 Googleアカウントの名前がGmailのプロフィール写真に反映されるので、
 Googleアカウントに本名を登録していて、それを表示させたくない場合などは、
 Googleアカウントで名前を変更する必要があります。

変更が反映されるまで、しばらく時間がかかります

上の2つの方法で、Gmailのプロフィール写真に名前が表示させないように
することができますが、
変更した設定がGmailに反映されるまではしばらく時間がかかります。

反映までに数時間かかることもありますので、

「あれ? ちゃんと変更したのになぁ」

と思って何度も設定をやりなおしたりする必要はないですよ。
(私は何度もやって時間をムダにしました)

しばらく待っても反映されない場合は、1度ログアウトした後で、
もう1度ログインしてみましょう。

まとめ

Gmailのプロフィール写真に名前を表示させたくない場合は、
「Google+」のプロフィール写真を変更するか、
「Google+」のアカウントを削除した上で、Googleアカウントの名前を変更することで、
可能になります。

おまけ

Googleのサービスは「Google→Gmail→Google+→Picasa」と連携していて、
設定の変更が複雑になっているので注意が必要です。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする