実務で使えるWord入門セミナー Wordファイルの作成者情報を変更する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Wordファイルには、そのファイルを作成した日付や作成者などの
情報が自動で保存されています。
作成したWordファイルを広く配布する場合は、記載される内容にも注意しましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

Wordファイルの情報

Wordでは、作成したファイル自体の情報が自動で入力されています。

「ファイル」タブをクリックして


スクリーンショット 2016 03 01 9 11 49

「情報」画面を開くと、

スクリーンショット 2016 03 01 9 15 48

画面右側に「プロパティ」の項目があり、
ここに「作成者」「作成日」「最終更新日」などのプロフィールが表示されます。

ファイルを受け取った方が、
そのファイルについて”誰が””いつ”作成したかを確認できるので、
「そのファイルがどの程度信頼できるか」を判断する目安になるので有用です。

ただ、誰の目にも触れる部分ですので、特に広く配布するような場合は、
表示される内容について自分で管理するようにしましょう。

Wordファイルの情報を変更する

「プロパティ」で表示される情報は変更することができます。
自動で入力されている情報が不十分な場合は、書き換えてしまいましょう。

先ほど開いた「情報」画面の「プロパティ」の右端にある「▼」ボタンを
クリックしてリストを開き、「詳細プロパティ」をクリックします。

スクリーンショット 2016 03 01 9 45 49

「プロパティ」画面が開くので「ファイルの概要」タブをクリック。

スクリーンショット 2016 03 01 10 00 29

「プロパティ」で表示される各項目が表示されるので、

スクリーンショット 2016 03 01 9 52 36


この画面で表示内容を変更します。

スクリーンショット 2016 03 01 10 13 57

入力が終わったら「OK」ボタンをクリック。
すると、

スクリーンショット 2016 03 01 10 18 39


変更した内容が反映されました。

まとめ

Wordファイルでは作成者や更新情報が自動で保存されます。
誰もが見られる情報ですので、デフォルトで不十分な場合には
表示内容を変更しておきましょう。

おまけ

伊集院光さんが、ジェーン・スーさんと初めて対面した時の印象を
「育ちの良いパタリロみたいな顔」
と表現されて、あまりの秀逸さにお茶吹き出しました。

ご本人も、すかさずこのツイート。

お2人とも才能ありすぎ!! 新番組、楽しみだ。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする