不器用さんが淹れるコーヒー講座 豆から淹れるおいしいコーヒーで1日を気持ち良く始めましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4月から新しい生活が始まった方は、気疲れで朝が辛くなってくる頃ではないでしょうか。気持ちが張り詰めたままでは、仕事が重荷になって毎日が楽しくなくなってしまいます。少しでもリラックスして1日が始められるように、おいしいコーヒーでスタートするのもいいものです。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

不器用さん、いつの間にかコーヒーにはまる

私は、幼少期に父の仕事の関係で、山深い村に住んでいたことがあります。


山頂から吹き下ろされる冷たい空気と、森林によって浄化されたきれいな水は、お茶の栽培に適しているので、私が住んでいた村でもおいしいお茶がたくさん取れていました。


友達の家に遊びに行っても、お客さんがお見えになっても、最初に出てくるのは、間違いなくお茶。


そのため、子供の頃から何の疑問も持たずにお茶に親しんでいました。(頂き物でお茶が家に届くことも多かったのですが、これがまたおいしいんですよね)
その時の習慣は今でも続いていて、夏でも冬でもお茶、お茶、お茶。毎日欠かさず飲んでいます。


今も変わらず親しんでいるお茶ですが、今年からもう一つの飲み物が、我が家に常備されることになりました。

IMG 3840


コーヒーです。


「ブームに乗せられたつまんないヤツ」と言われそうですが、まんまとサードウェーブに飲まれてしまいました(笑)。


今までも毛嫌いしていたという訳ではないのですが、そこまで「おいしい」と感じたことがなかったというのが本当のところ。


ただ、上の写真にもあるブルーボトルの豆を買ってきて、家で挽いて淹れたコーヒーの香りと味が、それまでのコーヒーのイメージと全く違っていたのが、はまるきっかけになりました。


せっかく気に入ったコーヒーですから、「できるだけおいしく飲みたい」と思うように。


まだまだ初心者ではありますが、「この淹れ方はおいしいな」と思えるものに行き着いたのでそれをご紹介します。 
(コーヒーの淹れ方は「珈琲きゃろっと」さんのサイトを参考にさせていただいています)

コーヒーを淹れましょう

準備するのは、

・コーヒーミル

IMG 3844


・ドリッパー

IMG 3842

・ペーパーフィルター

IMG 3847


・クッキングスケール

IMG 3850


私が気をつけているのが、クッキングスケールを使うこと。 
豆の分量と、お湯を測って、できるだけ正確なレシピで作るのがポイントだと思っています。


クッキングスケールは、不器用さんの大きな味方です。


これらの道具を使って、実際に淹れてみましょう。

1.お湯を沸かす

まずはお湯を沸かします。


なぜ最初にお湯を沸かすかというと、コーヒーを淹れるには熱湯では熱すぎるから。


85℃から90℃くらいが良いとされていますので、まずはお湯を沸かしてから火を止めて、他の作業をする間に、お湯を少しだけ冷ますのです。


その時間を取るために、最初にお湯を沸かします。

2.マグカップの上にドリッパーを置いて 
    ペーパーフィルターをセット

ドリッパーとペーパーフィルターをセットします。


ドリッパーはカップの上に置けばいいだけなので、問題はないのですが、ペーパーフィルターの使い方は覚える必要があります。


といっても、難しいところはありません。2箇所をおるだけです。


まずは、底の部分を折ります。

IMG 3852


次に側面を、底とは反対の方向に折ります。

IMG 3854

これで完成です。


あとは、真ん中を開いてドリッパーにセットすればOKです。

IMG 3855

2−1.豆の分量について

作業としては、豆を挽くことになるのですが、その前に豆の分量について押さえておきましょう。


豆の分量は、コーヒーの量との比率で決まります。


コーヒー豆  : コーヒー 12


の比率です。 
初めて豆から淹れる際には、意外にこの分量の目安が分からないので、参考にされて下さい。


今回、マグカップに淹れるコーヒーの量は、約250gなので、約21gの豆を使用します。

3−2.豆を挽く

コーヒーミルで豆を挽きます。


電動でも手動でもOKです。 
あまり荒く挽きすぎると、お湯を加えた際にきれいに豆が膨らまないので、最初は細かい粉になるように挽いておくのが良いでしょう。


挽いた豆は、ドリッパーに移します。

IMG 3867

(これくらいでいいですね)

4−1.まんべんなくお湯を注いで、豆を蒸らす

いよいよ、お湯を注いでいきます。


お湯の注ぎ方は2段階に分けます。 
最初はまんべんなくお湯を注いで、豆を蒸らします。

IMG 3875


ポイントは蒸らしの時間。 
少し長めに、1分程度蒸らしましょう。これで、効率よく抽出することができます。

4−2.抽出する分量まで、ゆっくりとお湯を注ぐ

蒸らしが終わったら、抽出する分量までゆっくりお湯を注ぎます。 
「細くゆっくり」のイメージで注ぐのがポイントです。

IMG 3881


ここで抽出する分量を確認しておきます。 
今回淹れるコーヒーの量(全体)は250gでした。ここで抽出する分量はその半分の125gだけ。


それ以上欲張ってしまうと、雑味がでてしまっておいしくなくなってしまいまうからです。

5.お湯をつぎ足す

最後に、抽出したコーヒーにお湯(125g)を注いで完成です。

IMG 3888

「せっかく抽出したコーヒーなのに、お湯を足したら味が薄くなるんじゃないの?」


と思われるかもしれません。


確かに、コーヒーの味は薄くなりますが、既に抽出されたコーヒーは、しっかり蒸らした後に抽出して、十分に濃い状態になっています。


ですので、お湯をつぎ足したとしても、風味を損なうようなことはなく、むしろ、雑味のないすっきりとした味わいに仕上がるのです。

まとめ

コーヒーは豆から挽いて淹れると、本当においしくいただけます。 
1日の始まりや、疲れて帰ってきた夜に、コーヒーでリラックスしして、仕事への活力を取り戻しましょう。


<おまけ>
カフェインへの耐性って人によって全然違いますよね。 
私は、ほとんど影響を受けないので、夜でもがぶ飲みしてしまうのですが、父は夜眠れなくなるので、めちゃくちゃ薄いコーヒーしか飲みません。 
子供の頃からお茶を飲んできたせいで、カフェインに強くなっているのかもしれません。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする