ラジオアプリのバッテリー消費量 ーradiko.jp(ラジコ) 編ー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランに出かけるときは、iPhoneで音楽を聴くことが多いですが、
ラジオを聴くこともあります。

ラジオには「radiko.jp(ラジコ)」というアプリを使いますが、
短時間でかなりのバッテリーを消費する、燃費の悪さがつらいところ。

毎回、バッテリー切れを心配をしながら走るのはイヤなので、
実際にどれくらいのバッテリーを消費しているのかを調べてみました。

(※調査結果を早く知りたい方は「4.まとめ」の表をご覧下さい)

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

調査方法

最初は、データ通信量の調査と同じように、アプリを使って調べることを考えていましたが、

(※ラジオアプリのデータ通信量についてはこちらの記事で扱っています。
 なお、記事内のアプリ「DataWiz」は、2016年1月18日現在利用停止中です。)

「バッテリーの消費量を、アプリ別に調べられるアプリでやろう」
と思っていたのですが、イメージしたようなアプリがなく、

仕方が無いので、超アナログな方法を採用することにしました。

調査方法は次の通りです。

①iPhoneで「radiko.jp(ラジオアプリ)
 時間計測用アプリ「Clockwork」の
 2つだけを起動させて、ランにでかける

低電力モードの「ON」と「OFF」
 WI-FIの「ON」と「OFF」
 の計4つの条件で、約30分ごと消費電力を計測

③消費電力の計測は、ホーム画面にあるバッテリーの残量表示で行う

④「消費電力量」と「計測時間」から、「1分あたりの消費電力量」と
フル充電の状態から、どれくらい聞き続けられるか(「利用可能時間」)を計算する

⑤調査に使う機種は「iPhone5S

以上です。


なお、バッテリーの消費量は通信環境によっても大きく左右されます
調査結果は1つの目安としてお考え下さい。

通常モード(低電力モードOFF)の調査結果

まず、通常モードでのバッテリー消費量の調査結果から。

バッテリーが、

IMG 6683

100%(フル充電)&「通常モード」。

起動しているアプリは、

IMG 6682

「radiko.jp」と「Clockwork」だけなのを確認して、
ランにでかけます。

WI-FI ”ON”の調査結果

スタートからWI-FIを”ON”にして、約30分走った後の結果がこちらです。

IMG 6684

残量表示は78%。
たった30分22%もの電力を消費してしまいました。

これを、1分あたりの消費量に直すと約0.74%

フル充電の状態から使い続けられるのは、約136分(2時間16分)です。

これでは、新幹線の「東京〜新大阪」間ももちませんね。

WI-FI ”OFF”の調査結果

次に、WI-FI を”OFF”の状態にして、

IMG 6686


調査を続けます。

31分後の結果がこちら。

IMG 6687

残量が46%にまで減って、32%を消費したことが分かりました。

これを、1分あたりの消費量に直すと約1.04%

フル充電の状態から使い続けられるのは、約96分(1時間36分)です。

これは、新幹線の「東京〜名古屋」間でギリギリ持ちこたえるくらいの時間です。

低電力モードの調査

続いて、「低電力モード」での調査です。

”低電力モード”は、

「画面の明るさを抑える」
「メールの受信回数を減らす」
「アプリの更新をオフにする」など、

少しでもバッテリーを長く持たせるための設定変更を、
iPhoneでやってくれるものです。

”低電力モード”をONにして、

IMG 6689


さらに調査を続けます。

WI-FI ”ON”の調査結果

WI-FIをもう一度ONにして、

IMG 6688


調査続行です。
28分後の結果がこちら。

IMG 6690


バッテリー残量は46%から31%に減少して、
15%を消費していますが、

減り方がかなり小さくなりました。


1分あたりの消費量に直すと約0.536%

フル充電の状態から使い続けられるのは、約186分(3時間6分)です。


新幹線の「東京〜岡山」間でギリギリもたないくらいの時間です。

WI-FI ”OFF”の調査結果

次に、WI-FI を”OFF”の状態にして、

IMG 6691


調査を続けます。

約30分後の結果がこちら。

IMG 6692


バッテリー残量は31%から25%に減少して、
6%を消費していますが、

明らかに消費量は少なくなりました。


1分あたりの消費量に直すと約0.2%

フル充電の状態から使い続けられるのは、約500分(8時間20分)です。


新幹線で東京から鹿児島に行っても余裕でもつ時間です。

注)
この消費量の変化は、イレギュラーな感じがします。
通信環境の変化によって偶然このような結果になったのかも知れません。
実際に出てきた結果なので載せていますが、
もう少し検証が必要と考えています。

注)ここまでー

まとめ

radiko.jpのバッテリー消費はかなり激しいです。
バッテリー消費を抑えてくれる「低電力モード」にして、
radiko.jpを使うようにしましょう。

ー調査結果まとめー

機種:iPhone5S

1分あたり消費量(%) 利用可能時間(分)
通常モード(WI-FI “ON”) 0.74% 136
通常モード(WI-FI “OFF”) 1.04% 96
低電力モード(WI-FI “ON”) 0.54% 186
低電力モード(WI-FI “OFF”) 0.2% 500


Appleが米連邦通信委員会に提出した資料、iPhoneの紹介動画などで、
各機種のバッテリー容量が、
「iPhone5S:1,570mAh」
「iPhone6:1,810mAh」
「iPhone6S:1,715mAh」
であることが分かっています。

これを基にして、上の調査結果をiPhone6、iPhone6Sに換算した結果も載せておきます。

機種:iPhone6

1分あたり消費量(%) 利用可能時間(分)
通常モード(WI-FI “ON”) 0.64% 157
通常モード(WI-FI “OFF”) 0.9% 111
低電力モード(WI-FI “ON”) 0.47% 215
低電力モード(WI-FI “OFF”) 0.17% 576


機種:iPhone6S

1分あたり消費量(%) 利用可能時間(分)
通常モード(WI-FI “ON”) 0.68% 149
通常モード(WI-FI “OFF”) 0.95% 105
低電力モード(WI-FI “ON”) 0.49% 203
低電力モード(WI-FI “OFF”) 0.19% 546

おまけ

今年、「radiko.jp」にタイムシフト機能が搭載されるという噂が。
放送終了後、アーカイブされて1週間はいつでも聴けるようになるとか。
これは本当に便利になりそう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする