「しろくまカフェ in TAKADANOBABA」でパンダとペンギンと一緒にコーヒー飲んできたよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「しろくまカフェ」、ご存じの方どれくらいいらっしゃるでしょうか。
カフェ店主の”しろくま”と、常連客の”パンダ”を中心とした動物たちの、悲喜こもごもを描いた大人でも楽しめる漫画です。

その公認カフェが高田馬場にあると知って行ってきました。

注)記事の内容は記事公開時点の情報に基づいています。
現在の状況については「しろくまカフェ in TAKADANOBABA」のHP等でご確認下さい。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

「しろくまカフェ」は擬人化した動物たちの日常を描く人気作品

「しろくまカフェ」はヒガアロハさん原作の漫画で小学館の『月刊フラワーズ』で2013年5月号まで、現在は集英社の『Cocohana』で連載されています。

登場キャラクターは動物ですが、”動物”であること以外は人間と全く同じなのが特徴です。

言葉を話すのはもちろんのこと、仕事もすれば学校へも行きますし、買い物もします。その上、普通に人の世界に溶け込んでいて、そこにいる人達も、彼らを当然のように受け入れているのが面白いところです。

Resized display
(店内のディスプレイ)

「しろくまカフェ」のストーリーは、店主であるシロクマの所に集まる、常連客たちの身の回りに起こる出来事を、面白おかしく描くのが基本。

たとえば、カフェの常連客のパンダは、怠惰な性格をお母さんに注意されて、動物園のパンダ館でアルバイトをするようになったり、

シロクマの幼なじみであるグリズリーは、バー「BAR THE GRIZZLY」を経営して、ワイルドなライオンやワニが常連客になって愚痴をこぼしていたりと、

人の世界と動物の世界の融合具合が絶妙なのと、僕たちの周りでもよくある出来事が、カフェに通うキャラクターを通して描かれるので、それぞれのキャラクターに感情移入しながら楽しめるのがいいんですよね。

そんな「しろくまカフェ」の世界を再現したカフェが、なぜか高田馬場にあることを知り、行ってみることにしました。

早稲田通りと明治通りの交差点にあります

場所は、高田馬場駅から早稲田通りに沿って、東へ約600m進んだ明治通りとの交差点のすぐそばです。

通りにはたくさんのお店が軒を連ねていて、よく見ていないと見落としそうになるので注意してくださいね。窓に「しろくまカフェ」のプリントがあるので、それを目印にするのがいいでしょう。

店内にはしろくまカフェグッズがいっぱい!

店内は壁面と中央に席があり総数で約60。お客さんは家族連れの方が2組、お2人で来られている方が4-5組、お一人の方が5-6人いらっしゃいました。

入店したのが9時前でしたので混雑はしていません。

入り口付近のカウンターでは漫画さながらに常連客のペンギンとパンダがコーヒーを飲んでいます。

Counter
(こう言う姿を見るとついつい撮影したくなります)

他にも壁面には登場キャラクターの絵や、シロクマの看板などがあり、ファンを楽しませてくれます。

Pictures

Figures

カフェに入ったら先にカウンターで注文して席に着きます。
スタバなどと同じスタイルですね。

メニューは「オリジナルメニュー」と通常のメニューの2つがあって、オリジナルメニューにはコースターのプレゼントがついてました。

ざっと見ただけですが、オリジナルメニューは、子供向けのものが多かったです。

今回はオリジナルメニューの「シロクマカプチーノと2種のベリーケーキ」を注文。コースターのプレゼントがあったので念を入れてサイコロをふりましたよ(「しろくま」当たれー!)

出てきたのがこちらです。

Tray

プレゼントで当たったのはパンダのコースターでした。

希望していた”しろくま”ではなかったのですが、お母さんがかっぽう着を着て掃除機をかけているのが良い味を出しているので、これはこれでOKです。

さっそく、カプチーノからいただきます。

かなりミルクの泡立ちがよかったので、質のよいミルクを使っているのではないでしょうか。コーヒー自体もおいしく量もしっかりあって、満足できます。

次に2種のベリーケーキですが、ココアの入ったスポンジとベリーのムースが交互に重ねられていますね。ブラックベリーとラズベリーがトッピングされていて、目もきれいです。

味も、甘いだけでなく、ベリーの酸味がきいていて爽やかな味わいです。フルーツ系のケーキが好きな方なら、気に入ってもらえるでしょう。

値段はカプチーノが600円、ケーキが420円。カプチーノはラテ・アートを含めたオリジナルの付加価値を考えると許容範囲、ケーキも一般的なカフェと同程度の値段で、適切な値段設定と言えるんじゃないでしょうか。(アイドルグループの名前が入ったカフェなどと比べれば、全然良心的でしょう)

あとは、カフェのコンセプトにどれくらい満足できるかで、感想が変わってきます。この辺は、キャラクターをモチーフにしたカフェの宿命ですね。

原作の世界とは違うと覚悟して行くのがいいでしょう

「しろくまカフェ」は、人気の漫画&アニメなので、ファンの方の熱量が非常に高いです。

そのせいもあってか、

「”公認カフェ”というからせっかく期待して来てみたのに、原作の世界と違う!」

とがっかりされる方も多いみたいです。

僕はライトなファンなので、あまり気になりませんが、好きなものであればあるほど、自分が好きになったものについてイメージと違うものを提示されてしまうと、否定したくなる気持ちはよく分かります。

なので、漫画やアニメの世界を追体験する目的で行かれるのでは、あまりオススメしません。「普通のカフェの中にしろくまカフェの要素が少し入っている」くらいの感覚でいくのが、いいんじゃないでしょうか。

漫画やアニメを実写化するのは難しい作業ですね。

まとめ

「しろくまカフェ」は、普通のカフェとして利用するなら十分に楽しめます。
「しろくまカフェ」グッズもたくさん見られますので、興味のある方や、お子さんがいらっしゃる方は一度覗いてみて下さい。結構楽しめますよ。
反対に、熱狂的なファンの方は控えた方がいいかもしれません。
アニメの世界とはちょっと違うので。

おまけ

普通のカフェもいいですが、たまにはこう言ったカフェに行くのも、話のネタになるのでいいですね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする