お花見ランで春の東京を行く 日比谷公園、国立劇場、千鳥ヶ淵、靖国神社、外堀通り、を巡りながら桜を眺めます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ランナーにとって、この季節の楽しみは、桜を見ながらのラン。1年にほんの2週間程度しか味わえない、贅沢な時間です。現在の開花状況を確かめながら、都内の桜の名所を巡ってみます。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

1.今回走ったのは、皇居を中心にしたコースです

走ったのは次のコースです。

スクリーンショット 2015 03 28 14 58 20


市ヶ谷駅をスタートして、日比谷公園までのコース。 
青のラインで示しています。


皇居を回るコースも十分楽しめますが、そちらは、ご存じの方も多くいらっしゃいますので、そこから少し外れた桜の名所を選びました。


間近に花を見るよりも、遠くからたくさんの木を眺める方が好きなので、写真もそのような視点から撮っています。


それでは、早速行ってみましょう。

外堀通り JR市ヶ谷駅から四谷駅

スクリーンショット 2015 03 28 15 17 26


まずは、JR市ヶ谷駅から四谷駅にかけて見える桜です。

IMG 3420
(川の水は見ない方向でお願いします)


外堀通り沿いに約2kmに渡って植えられた桜は、約240本。 
ピークを迎えたときの眺めは、”壮観”の一言です。


現在はご覧の通り咲き始め、と言ったところですが、来週末には見頃を迎えると思います。


市ヶ谷駅から外堀通りに通じる橋(市ヶ谷橋)から見るのも良いですが、お勧めは、JR総武線から眺める景色。


市ヶ谷駅から四谷駅までは、ほんの数分ですが、そこで見える景色は、映画のワンシーンのようで、息をのむような美しさです。

2.靖国通り(靖国神社南門前)

スクリーンショット 2015 03 28 15 55 28


靖国神社南門前の、靖国通りです。

IMG 3415


靖国神社の敷地内にある桜も本当にきれいですが、

IMG 3413


折り重なるように続いていく、奥行きのある桜並木の美しさは、見ているだけで豊かな気分にさせてくれます。


こちらの桜は、すでに見頃を迎えています。 
雨や風で散り始めるかもしれませんので、お早めにご覧下さい。

3.千鳥ヶ淵公園


スクリーンショット 2015 03 28 16 12 05


半蔵門から北に続く、千鳥ヶ淵公園の桜です。

IMG 3400


公園の中よりも、そとから眺める方がきれいに見えます。


写真は、TokyoFM前の交差点から撮影したもの。


見頃はもう少し先になりそうですが、木によっては満開に近いものもあり、ばらつきがありそうです。


この辺りはランナーも多いので、慌ただしい雰囲気ですが、TOKYO FM側から見ると、ゆっくり見ることができます。

4.国立劇場前の内堀通り

スクリーンショット 2015 03 28 16 18 08


千鳥ヶ淵公園からすぐの国立劇場前の内堀通りです。

IMG 3383


国立劇場では、4月5日まで「さくらまつり」を開催していて、

IMG 3392


無料でほうじ茶をふるまってくれます。


敷地内の桜もきれいで、ゆっくり楽しむことができますが、

IMG 3393


桜を楽しむなら、内堀通り沿いの桜がお勧めです。

5.日比谷公園 第一花壇

スクリーンショット 2015 03 28 16 25 23


日比谷公園の第一花壇です。

IMG 3374


桜がたくさん見られる、というわけではありませんが、ここはとにかく雰囲気が良いです。

IMG 3373


桜以外にも、季節の植物や花の様子を楽しむことができますし、ゆったりとベンチに腰を下ろして、リラックスした時間を過ごすことができます。


これからの季節、お休みの日の午後をゆったりすごすのにピッタリな場所です。

まとめ

今日、訪れたのは皇居を中心としたエリアでしたが、お住まいの近くでも必ず桜の名所があるはずです。 
お花見がてらに出かけるランは、この季節にしかできない最高の贅沢。 
是非、気軽に出かけてみて下さい。

<おまけ>
今回のコースからは外れますが、日本橋の小さな通りにも桜の名所を見つけました。

IMG 3351


思いがけず、こんなに美しい通りを発見すると、嬉しくなりますね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする