コンビニアイス探検隊!(番外編) 「クロワッサンたい焼アイス」とストロベリー(バータイプ)3種をいただきました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

西日本各地から、次々と梅雨入りが宣言されて、いよいよ本格的な雨の季節の到来です。日本の雨の季節は、気温も湿度も高い、”冷たい物”がおいしく感じられる季節。面白いアイスも登場していますので、お仕事の後や、お風呂上がりなどに試してみましょう。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

クロワッサンたい焼きアイス (ホットランド)

「コンビニアイス探検隊!」では、コンビニアイスをご紹介するのが原則なのですが(私が勝手に決めただけなんですけどね)、どうしてもこのタイミングで試してみたかった変わり種のアイスが手に入りましたので、例外としてここで紹介させてもらうことにしました。


そのアイスがこちら。

IMG 4235


たこ焼きの「銀だこ」でもお馴染み、ホットランドさんが提供する「クロワッサンたい焼アイス」です。 
(東京メトロ日比谷線 恵比寿駅の近くにある専門店で購入しました)


実は昨年、「クロワッサンたい焼き」を試したことがあり、そのアイデアとおいしさに、強く印象づけられたのを覚えていました。



(「クロワッサンたい焼き」についてはこちらの記事で取り上げています)


そして、6月1日にクロワッサンたい焼きをベースにしたアイス、「クロワッサンたい焼きアイス」(そのままじゃないか!)が発売されるということで、「ぜひこちらも試してみたい」と思っていたのです。


もう少し詳しく見てみましょう。


大きさは、縦が約9cm、横が約14.5cm。 
重さは約106g。


概ね「クロワッサンたい焼き」と同じサイズです。


先ほどの写真を参考にしていただきたいのですが、表面はキャラメルソースでコーティングして、その上からザラメをまぶしています。


ここも、「クロワッサンたい焼き」と同じ仕様のようです。


中を見てみます。

IMG 4237


ここに大きな違いがあります。 
”あん”は入っていますが量は少なく、その代わりにバニラアイスがギッシリつまっています。


このバニラアイスと”あん”の組み合わせと、表面のクロワッサン生地とのバランスが決め手になりそうです。


試してみましょう。


味は、「クロワッサンたい焼き」と変わらない印象です。 
これは悪い意味ではなく、「クロワッサンたい焼き」をアイスの形で上手く再現していると言うことです。


”あん”に使っている小豆の香りがとてもよく、クロワッサン生地との相性も抜群です。


「砂糖 × クロワッサン × あん」の組み合わせで、甘すぎるんじゃないか、という不安もありますが、そんなことはなく、違う種類の甘さが重なり合って、良いバランスで最後まで食べられます。


1つ「クロワッサンたい焼き」との違いを挙げるとすれば、外側のザラメの食感。


アイスになることで、より固めの食感になっていて、清涼感は増しているように感じました。


ただ、バニラアイスについては、特別な特長を出すためではなく、あんをおいしく食べさせるためのサポートの役割と考えた方が良さそうです。

フルーツPARM(パルム) ストロベリー (森永乳業)

ここからは、コンビニアイスに移ります。 
丁度良いタイミングで、ストロベリーのバーアイスが揃いました。 
続けて3種類、行ってみましょう。


最初に取り上げるのは、こちら。

IMG 4241


森永乳業さんの「フルーツPARM(パルム) ストロベリー」です。


PARMと言えば、

スクリーンショット 2015 06 03 23 30 17

(出典:森永乳業HP 商品紹介ページ)


こちらのチョコレートのイメージが強いですが、フルーツタイプも販売されていて、「フルーツPARM(パルム) ストロベリー」は、6月1日にリニューアルして発売されたものです。


パッケージを見ても分かりますが、落ち着いた雰囲気で大人向けに作られた本格的なアイスです。


中を見てみましょう。

IMG 4244


光の具合で分かりづらいですが、くっきりとした赤をしています。
長さは約9.5cm(バーを除く)、幅は約5cm。


そこまで大きくはないものの、ボリュームはまずまずの印象です。


空けた瞬間には分かりませんが、アイスに近づくとしっかりとしたイチゴの香りがします。


断面です。

IMG 4246


きれいですね。 
内側が、薄いピンクと赤のストライプになっていてますが、薄いピンクがストロベリーアイス、赤がストロベリーシャーベット、という組み合わせです。


中のアイスを包んでいるのが、いちごのソース。 
色合いも濃い赤で対照的です。


アイス、シャーベット、コーティング用のソース、と3つの要素を組み合わせた、非常に凝ったアイスになっています。


食べてみましょう。


コーティングに使われている、いちごのソースがとてもおいしいです。


内側のシャーベットとアイスは滑らかでたべやすく、味も穏やかなのに対して、外側のコーティングは酸味をしっかり効かせて、生のイチゴのような新鮮さで、強いアクセントになっています。


これは、アイスにしては濃度の高い58%の果汁を使っているために、実現できた味で、少し贅沢な大人のアイスとして十分に満足ができるレベルに仕上がっています。

フルーチェアイスバー イチゴ (ロッテ)

次は、ロッテさんの「フルーチェアイスバー イチゴ」です。

IMG 4248


「え、ロッテのフルーチェっておかしくない?」と思った方、その通りです。


フルーチェは1976年から販売されている、ヨーグルト状のフルフルしたお菓子ですが、

スクリーンショット 2015 06 04 0 21 49
(出典:フルーチェ ブランドサイト)


販売しているのは、ハウス食品さんです。

スクリーンショット 2015 06 04 0 23 22
(出典:フルーチェ ブランドサイト)


ハウス食品さんは幅広く食品を扱う会社ですが、アイスについては未開拓だったため、アイスに関する商品開発のノウハウがあるロッテさんと協力して、「フルーチェアイス」の販売に到ったようです。


中を見てみましょう。

IMG 4251


結構、長さがありますね。 
サイズは長さが約12cm、幅が約4.5cmでした。


断面です。

IMG 4252


全体がシャーベット状になっていますが、中に果肉が見えますね。見た感じは少し固そうなイメージですが、どうでしょうか。


食べてみましょう。


フルーチェ独特のトロッとした食感が実現されています。 
面白いですね。


フルーチェと比べれば固いですが、アイスでこの食感を出せたのは、素晴らしいと思います。


味は、フルーチェのストロベリーがきちんと再現されていて、期待通りのおいしさです。


ただ、一つ残念なのが、果肉。 
もう少し生に近い味を期待したのですが、あまり存在感がなかったですね。


いちごアイスが好きな方向けというよりは、フルーチェのファンの方におすすめしたいアイスです。

ホームランバー いちご (協同乳業/ファミリーマート)

協同乳業さんとの協力で、ファミリーマートさん限定で販売されている「ホームランバー いちご」です。

IMG 4255


私も、子供の頃に食べていた思い出がありますが、安くて小さかったイメージ。 
現在はどうなっているでしょうか。


中を見てみます。

IMG 4259

すみません。 
屋外の空気にさらしすぎたため溶けてしまいました。本当はきれいな直方体(だったはず)です。


断面です、

IMG 4260

(すでに相当溶けちゃってますね)


こちらも溶けてしまっていますが、きれいな薄いピンクのアイスです。


食べてみましょう。


なめらかで、優しい味です。
奇をてらうところもなく、落ち着いた安心できる味ですね。


値段の安さも考えると(¥82)、十分に満足できるアイスと言えます。


さて、ホームランバーと言えば、気になるのはアレですね。 
結果がどうだったか、見てみましょう。

IMG 4262

IMG 4263


残念、当たりは出ませんでした。 
当たりくじ付きのアイスは、大人でも結構楽しめますので、皆で食べるときには盛り上がります。

まとめ

変わり種のアイスから、本格的なアイスまで、次々と面白いアイスが販売されています。 
気になるものがあったら、ぜひ試してみて下さい。 
暑くてムシムシする季節の気分転換にオススメですよ。

おまけ

フルーツPARM(パルム) ストロベリーは、近くのコンビニを10件以上回ってようやく買うことができました。 
同じチェーン店でも、お店によって入荷状況が違うようなので、根気よく探すことも必要ですね。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする