J1昇格プレーオフはモンテディオ山形の勝利! チームをキャラ立ちさせることで生まれる”強さ”を感じました

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年J1昇格プレーオフファイナルはJリーグDEVISION2、3位のジェフユナイテッド市原・千葉と6位のモンテディオ山形の対戦になりました。結果は0−1で6位のモンテディオ山形が勝利。来期、JリーグDIVISION1へと歩を進めるのはモンテディオ山形になりました。
現地でゲームで見てきましたが、逆説的ですが、弱者に徹したモンテディオ山形の強さが強く印象に残りました。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

今年も下克上で終幕

ゲームは両チームの集中した守備からスタートしました。ディフェンスラインを積極的に押し上げて、狭い範囲に両チームの選手が密集して、ボールを奪い合うことに。
ボールを細かくつなぐと、相手の守備網にひっかかりやすい状態になっていたので、長い距離のパスを前線に出すことで攻撃の糸口をつかもうとしていました。


その攻防の中で主導権を握ったのがジェフユナイテッド市原・千葉。前線にいるフォワードと攻撃的ミッドフィールダーの3人が、モンテディオ山形の中盤の選手に積極的にプレッシャーを掛けて高い位置でボールを奪うと、テクニックに定評のある町田、谷沢選手を中心にドリブルやフォワードの森本選手に向けた鋭いパスを繰り出して山形の守備を自陣に後退させていきます。
そのおかげで、山形がゴール前で跳ね返したボールを、千葉が拾う確率が上がり、ボールを保持する時間が増えて、千葉が主導権を握るようになりました。


攻められている山形は、周りから見れば失点してもおかしくないような、危ない場面に何度も遭遇していました。

・相手のシュートをギリギリの所でディフェンダーがブロックする
・マークしている選手が振り切られてゴール前に侵入され、次の選手が何とかカバーリングする
・鋭いシュートを打たれて、キーパーのセイビングで防ぐ

見ている側からすればハラハラ、ドキドキの連続でしたが、ゲームが終わった後で振り返ると、チームとしては狙い通りの守備だったのかもしれないと思いました。


山形は決して大きなクラブではありません。予算規模の関係で優秀な選手を何人も揃えられる訳ではないので、J2と言っても劣勢を強いられることも十分に考えられます。
そこで、チーム作りの段階から、相手チームに主導権を握られることを前提にして、とにかくゴール前に人数を割いて、ゴールを割らせないことだけを考える。きれいに相手のドリブルを止めたり、クロスボールを完璧に跳ね返したりすることにこだわる必要はない。相手のシュートが10cmでも5cmでもゴールから外れればそれでOKと言う守備を作り上げてきたのではないでしょうか。

山形の選手はゴール前の守備で落ち着いていたのです。ゴールキーパーも含めてのディフェンス、失点さえしなければOKという割り切りがあったからこそ、それが可能だったのでしょう。


守備でもギリギリのところで耐えていた山形ですが、実は、もう一つ、大きな問題を抱えていました。ディエゴ選手の欠場です。
ディエゴ選手はプレーオフセミファイナルで負傷し、ファイナルでは出場は難しいと考えられていました。案の定、スターティングメンバーからは外れ、かろうじてベンチに入っている状態。この時点でケガの具合が思わしくなく、出場時間も限られていることは予想できました。


勝利しか許されないゲームで(大会規定で、引き分けの場合はリーグ戦順位が上位のチームが勝ち上がることになっています)、チーム一の得点力を誇るディエゴ選手を欠いた山形。「どうやって点を取るのか」もこのゲームにおける大きな問題だったのです。


ここでも山形は現実的な方法で解決を試みていました。山形の攻撃にはディエゴ選手の得点力ともう一つの武器があるのです。それがセットプレーからの得点。
セットプレーには主に、相手のファールによって与えられるフリーキックと、相手に触ってゴールラインを割ったときに与えられるコーナーキックがありますが、そこから得点するにはプレースキック(ボールを静止させた状態でのキック)の上手い選手が必要です。


山形は右利きの宮阪選手と左利きの石川選手というプレースキックのスペシャリストを2人も揃えています。これこそが山形のもう一つの武器。
宮阪選手はチーム内の得点がディエゴ選手に次ぐ2位。フリーキックから直接得点を狙えるほどの正確なキックを持っています。石川選手はセミファイナルで山岸選手のヘディングを演出したコーナーキックを蹴った選手です。鋭く曲がるピンポイントのキックを何本も蹴ることができます。


この2人のプレースキックを生かすべく、山形はセットプレーを大事に扱っていました。
フリーキックの時はゴール前に人数を割いて細かく配置を修正したり、千葉の守備が集中力を切らせるように時間を掛けてボールを蹴ったり、相手の守備が雑になってくるとボールにわざと食いつかせてファールを誘ったり。
プレースキックの機会を増やすことと、得点の確率を高めるための小さな工夫をたくさん積み重ねていました。


そしてついに

スクリーンショット 2014 12 08 0 55 21

スクリーンショット 2014 12 08 0 57 27

前半37分、この日の決勝点となる山﨑選手のゴールが宮阪選手のコーナーキックから生まれることになりました。ディエゴ選手の欠場という難題を、もう一つの武器であるプレースキックで克服した瞬間でした。


弱者の立場を前提に、見出し磨き上げた守備と攻撃によって勝利を手繰り寄せた山形。本当にしたたかで強いチームでした。
リーグ順位からすると下克上になりますが、このゲームについては勝利に値するプレーをして順当に勝ち上がったと言えるでしょう。

自分たちのキャラを自覚し、それに徹することの強さ

勝者のモンテディオと敗者のジェフ。2つのチームの間にはチーム作りにおいて大きな差があったと思います。それは、「自分たちのキャラを自覚しているかどうか」の違いです。


ジェフユナイテッド市原・千葉は大きなクラブです。2013年のデータではチームの人件費が約10億円で山形の約4.7億円の倍以上の規模。
チームに所属する選手も、日本代表経験のある選手や、J1のトップチームで活躍した選手がずらりと名を連ねて、他のチームがうらやむほどの陣容です。


優秀なタレントが豊富に揃うジェフですから、皆、テクニックに優れていて、ボールをつなぐことも上手ですし(ポゼッション)、手数を少なくして一気に前線のフォワードにパスを出すような攻撃(カウンター)も難なくこなしてしまいます。
優れたタレントを集めているため、どんなことでもできてしまうのです。


一方で、山形ではそうも行きません。優秀なタレントもいますが、全員が全員高い質を持っているわけではない。多くはない強みを見つけだして最大限にそれを生かす方法を考え、チームとして徹底する。中途半端な威力しかない武器では相手につけいる隙を与えるだけなので、潔く捨てて、限られた強みを徹底して磨く。そうする以外、道がないのです。


チームとしての方針が明確になると選手達も、自分の役割が当然に分かってきます。チームの目指す方向がはっきりすることによって、逆算で自分のポジションに求められることが理解できるからです。
チームとして何をするか、自分が何をするかが明確になると、選手はそのことに集中できますから非常に動きやすくなります。チームとしても一体感を持ってゲームに臨めるようになります。


”何でもできてしまう”ジェフと、”これしかできない”モンテディオ。
前者の方が良さそうですが、「何でもできる」は時として迷いを生むきっかけにもなります。フィールドには11人の選手がいるのですから、選手が判断する余地が大きくなることは柔軟性があるとも言えますが、意思統一を難しくするとも言えるのです。


ジェフはこれまで3度もプレーオフに参戦していますが、3度とも昇格に失敗しています。
プレーオフでのゲームを見る度に感じていたのがチームとしての”強度”、もっと平たく言えば「球際の強さ」が足りないことでした。
その裏にあるのは、「何でもできる」が故に選手に委ねる部分が多くなった結果、チームとしての方針や統一した意識の浸透が不十分になるという状況だったのではないかと推測します。


自分たちを”弱者”と認識することで、やれることだけに集中して徹底的に磨いて生まれた強さと、自分たちのキャラが定まらずに、あれもこれも器用にこなした結果、分散してしまった強み。


圧倒的な強さを持つ者以外は、自分のキャラを認識して、そのキャラを生かすことを強さにする戦略をとるべきでしょう。
立派な戦略でも”あいまい””中途半端”では強さに辿り着くことはできません。
ビジネスで生き残るためにも、自分のキャラと限られた武器を磨くことを心がけるようにしたいところです。

まとめ

モンテディオ山形に関わる皆さん、おめでとうございます。
J1での一層の飛躍を楽しみにしています。
敗れたジェフユナイテッド市原・千葉に関わる皆さん。本文では辛口になってしまいましたが、関塚監督という待望のリーダーを得てからと言うものジェフの強さは本物になったと思います。J1昇格の時は目前にまで迫りました。来年こそ栄光をつかみ取って下さい。期待していますよ!
<おまけ>
過去の記事でプレーオフの勝者を予想しましたが(”J1昇格プレーオフが熱い 少ないデータですがプレーオフを勝ち上がるチームを予想します”)見事に外れてしまいました。申し訳ありません。
もっと精進して的確な予想ができるように努力します!

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする