キャッシュフローも決算書との関係で考える 減価償却と税金の支払いに注意して数字を見ます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャッシュフローが重視されるようになって長くたちますが、今も資金繰りで不安を抱える経営者の方はたくさんいらっしゃいます。書店のビジネス書コーナーでもキャッシュフローを解説する書籍を多く見ますから、キャッシュフローを理解したいと考える方が多くいらっしゃることは間違いないでしょう。難しく感じるかもしれませんが、決算書にある損益計算書との関係を考えると理解しやすくなります。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ

キャッシュフロー(=お金の流れ)の大本になるのは損益計算書にある営業利益

企業の財務諸表(決算書)には貸借対照表、損益計算書とは別に、キャッシュフロー計算書が作られていますし、キャッシュフローという言葉が一般化しすぎたせいでキャッシュフローが他の決算書と違う特別なもののようあ印象を持たれているように感じます。

ですが、キャッシュフロー計算書は貸借対照表と損益計算書から作成できるものですから、それだけが独立して存在しているわけではありません。キャッシュロー計算書は貸借対照表と損益計算書としっかり繋がっているのです。

まず、基本的なこととしてキャッシュフローはキャッシュ(=お金)、フロー(流れ)ですから、キャッシュフローは1年間のお金の流れのことを指します。お金は現金以外にも預金も含まれると考えて下さい。

いきなりキャッシュフローを考えると難しくなりますので、シンプルな会社の取引を使って、会社の活動とお金の流れのつながりを掴みます。
会社の活動は、一言で説明すると、

「安く買って、高く売る」

ということになります。
「会社の目的は利益を出すこと」と定義されてますが、会社の活動に置き換えると、これをやっているわけです。

「買う」「売る」の裏には「お金を支払う」「お金をもらう」がありますから、「買う」&「お金を支払う」、「売る」&「お金をもらう」はセットとして考えます。

つぎに、「安く買って、高く売る」活動は決算書の中でどのように記録されるかというと、

「買う」=経費(仕入、人件費など) 「売る」=売上

になります。つまりこれは損益計算書の中で「営業利益」に記録されるもの。
大きく考えると、「キャッシュフロー」の正体は「営業利益」と考えて差し支えありません。これをまず抑えておきましょう。

お金の流れに影響するものを営業利益に調整

キャッシュフローの大本は損益計算書の「営業利益」であることが分かりました。それをもう少し厳密に考えるため、営業利益を調整する必要があります。それが、減価償却費と税金の支払いです。

税金の支払い

税金の支払いは、法人税と法人住民税の支払いによって会社から出ていくお金です。
法人税は利益に対して、法人住民税は会社の利益と規模に応じて課される税金ですから、営業利益以外のお金の出入りの原因になります。

正確な金額は決算を終えなければ分かりませんが、期中でも見込みの金額を出しておいて、税額の支払いをシミュレートすることは可能です。利益を見込んで大きな投資をしてしまい、税金を払うお金が無くなってしまったという笑えないケースもありますので、事前に税金支払いの見込額を出しておくことには意味があります。

減価償却費

もう一つは、減価償却費です。
決算書の中では主に「販売費及び一般管理費」の中に含まれています。
スクリーンショット 2014 11 18 12 10 34
スクリーンショット 2014 11 18 12 08 19
(ファーストリテイリング有価証券報告書より)

減価償却費は、言葉だけで理解しようとすると難しいので、ぜひイメージも同時に持っておいて下さい。
まず、言葉で減価償却費を説明すると、

「使うことによって減ってしまった固定資産の価値」

になります。
これだけでは難しいので具体例を挙げましょう。

上の画像でみてもらった有価証券報告書はファーストリテイリングさんのものです。ファーストリテイリングは、ご存じの通りUNIQLOを筆頭にした衣料品の製造・販売がメインの会社です。


UNIQLOは外部から買うのでは無く、自社で衣料品を作っているため、工場には生地を作る織機やミシンなどの機械が設置されています。
これらの機械を毎日使って新しい生地や服を作っていますが、この機械は使えば使うほど価値を無くしていきます。
使えば使うほど、作れる生地の枚数が、縫製できる服の枚数が少なくなっていくということです。

「使うことによって無くなった価値」は無駄になったわけではありません。売上の元になる”服”に形が代わったということですから、機械が失った価値は、経費として考えます(仕入の代わりに製造したと考えれば製造にかかった部分を経費にすることにも納得されるかと思います)。
これが、「使うことによって減ってしまった固定資産の価値」と説明される減価償却費の意味です。

ですが、減価償却費をお金の面から見てみると、経費にしたからと言ってお金が外に出るわけではありません。自分の会社が持っている機械を使っているから当然です。

ここに、営業利益とキャッシュフローの間にギャップが生まれる原因があります。減価償却費は「お金の流出が無い経費」ですので、営業利益からキャッシュフローを考える際には、その分を加える必要があるのです。


営業利益の計算の時には、機械を使って無くなった価値を経費としてマイナスしていますが、お金の移動は無いので、キャッシュフローを考える時には、マイナスを取り消して調整する、と考えると分かりやすいでしょう。

 


投資と資金調達は別に考える

上の減価償却の説明で「アレ?」と思われた方も多くいらっしゃると思います。「減価償却した機械を買うお金は、お金の移動じゃ無いの?」という疑問です。


お考えの通り、機械を買うときのお金は当然会社からのお金の流出になりますから、キャッシュフローに影響するものとして考えます。


同様に、金融機関からの借入などによって会社に資金が入ってきた場合もキャッシュフローに影響するものとして考慮することになりますが、このような投資(たとえば機械の購入、株の購入など)や資金調達(金融機関からの借入れなど)による資金の移動は、売上や経費と直接の関係が無く決算書に反映されません。
また、一般の事業会社においては、投資や資金調達は、通常の販売や仕入取引のように頻繁に起こるわけでは無く、金額も大きくなるので、通常の取引とは別途、把握してキャッシュフローに加味することになります。

まとめ

キャッシュフローはイメージでは無く「会社のお金の出入り」と平易に考えましょう。
営業利益に減価償却をプラス、税金の支払いをマイナスに調整すれば、概ねその年のキャッシュが把握できます。
<おまけ>
ネットから家電を購入しましたが、届いた後に使いたい機能が無いことに気づきました。途方に暮れていましたが、問い合わせてみると未開封だったため返品可能とのこと。
大きなロスにならずに済みましたが、事前の確認が十分でなかったことを反省しました。

スポンサーリンク
自動サイズレスボンシブ
自動サイズレスボンシブ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする